中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:Twitter

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/08/15(日) 20:41:07.042
あいつら俺みたいな零細アカウントにも本気なんだな
すごいわ
3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/08/15(日) 20:42:21.035 
5chにも高確率で紛れ込んでるぞ 

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/08/15(日) 20:43:36.460 
どういう風に絡まれたの? 

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/08/15(日) 20:45:47.382 
Twitter? 

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/08/15(日) 20:47:09.059 
>>5 
そう 
こんな具合で 
no title

続きを読む

1: トンキニーズ(愛知県) [US] 2021/01/24(日) 06:17:37.82 ● BE:156193805-PLT(16500)
スクリーンショット 2021-01-24 9.45.43

■在アメリカ中国大使館のアカウントを凍結

中国ではツイッターへのアクセスが規制されており、一般の人は使えない。しかし、政府機構やスポークスマン、国営メディアなどは海外への宣伝活動のためツイッターでの発信を行っている。

こうした中、ツイッター社は、在アメリカ中国大使館による新疆ウイグル自治区をめぐる投稿が規定に違反するとして、大使館のアカウントを凍結した。問題となったツイートは「ウイグルの女性たちの心は解放され、彼女たちは赤ちゃんを産む機械ではなくなった」など中国政府によるウイグル政策を正当化する内容だった。

ツイッター社は、人間性を否定する投稿を禁じる規約に違反していると判断し、このツイートを表示しない措置をとった上で、大使館側にツイートの削除を求めた。しかし、大使館側が要請に応じていないため、アカウントの凍結が続いているという。

■中国政府は反発「二重基準を採用しないことを望む」

これについて中国外務省の報道官は「理解できない」と反発した上で、「ツイッター社が客観性と公平性の原則を守り、この問題に関して二重基準を採用しないことを望む」と述べた。

さらに「アメリカのSNSには、数多くの陰謀論や虚偽情報が存在し、アメリカは深刻な悪影響を受けている。中国も大きな被害者であり、新疆関連の問題について多くの醜い虚偽情報が向けられている。在アメリカ中国大使館には事実を明らかにする責任と義務が当然ある」と大使館の投稿の正当性を主張した。

国内ではツイッターの利用を規制している中国がツイッター社の規制方針に注文を付けた形だ。

■中国が主張する「ネット主権」

一方で、中国政府は、どのサイトが規制対象で、その個別の理由などについて公式に説明していない。問題なく見られていた外国のサイトがある日突然遮断されるということもしばしばである。習近平国家主席自らネット空間にも国家の主権が及ぶという意味の「ネット主権」を提唱しており、国家によるネット規制を正当化している。

ツイッター社をめぐっては2020年6月にも中国政府の関与が疑われる17万余りのアカウントを削除しおり、この時も中国政府は強く反発していた。しかし、国内では露骨な言論統制を行いつつ、海外では「発言権」を求めることこそが“二重基準”にあたるとの批判がある。

https://www.fnn.jp/articles/-/134883

続きを読む

1: 火星(埼玉県) [FR] 2020/06/13(土) 00:12:52.80 ● BE:201615239-2BP(2000)
1

中国外務省の華春瑩報道官は12日の定例会見で、中国は偽情報の最大の被害者だと主張、米ツイッター(TWTR.N)が偽情報対策に取り組むのなら中国を中傷するアカウントを閉鎖すべきだと述べた。

華報道官は、ソーシャルメディアなどの多くのプラットフォーム上で中国に関する虚偽の情報が多く出回っており、中国側の客観的視点に立った意見が求められていると述べた。

https://jp.reuters.com/article/china-twitter-disinformation-idJPKBN23J172

続きを読む

1: Toy Soldiers ★ 2020/06/13(土) 08:49:03.65
スクリーンショット 2020-06-13 12.00.54

 ソーシャルメディア大手のツイッター社は、言論操作を目的として組織的に使うことなどを禁じている社の方針に違反したとして、中国共産党に関連しているとする17万余りのアカウントを削除したと発表しました。

12日の発表によりますと、17万余りのアカウントのうち、2万3750のアカウントは、中国共産党に関連しているということで、
投稿には香港をめぐる中国政府の対応を称賛する内容が含まれていたほか、残る15万余りのアカウントは、こうした投稿を拡散させることを主な目的として使われていたことが確認されたということです。

このためツイッター社は、言論操作を目的として組織的に使うことなどを禁じている社の方針に違反したとして、これらのアカウントを削除しました。

中国では、アメリカのトランプ大統領などがツイッターで中国を非難する投稿を繰り返す中、外務省の報道官がみずからアカウントを作って反論するなど、ツイッターでの発信に力を入れています。

中国報道官「中国を中傷するアカウント閉鎖すべき」
17万余りのアカウントを削除したツイッター社の対応について、中国外務省の華春瑩報道官は12日の記者会見で「決定は何を根拠にしているのかわからない。ツイッター社が成果を上げたいのであれば、中国を中傷するために組織されているアカウントを閉鎖するべきだ」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200612/k10012468941000.html

続きを読む

1: スパイダージャーマン(神奈川県) [US] 2020/05/11(月) 17:17:44.99 ● BE:295723299-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
no title

no title


関連

尖閣沖 中国海警局の2隻 日本領海内にとどまる 海保が警告
2020年5月10日 17時30分

9日に沖縄県の尖閣諸島の沖合で日本の領海に侵入した中国海警局の船2隻は、10日午後3時現在も領海内にとどまっています。

中国海警局の船が領海内で確認されたのは3日連続で、第11管区海上保安本部が直ちに出るよう警告を続けています。

海上保安本部によりますと、尖閣諸島の魚釣島の沖合で、中国海警局の船2隻が、9日午後6時すぎから相次いで日本の領海に侵入しました。

2隻は10日午後3時現在、魚釣島の西南西およそ10キロの日本の領海内にとどまっているということです。

中国海警局の船が領海内で確認されたのは3日連続で、これは平成28年8月以来となります。

付近の海域には漁業者3人が乗った日本の漁船が操業していて、海上保安本部は漁船の安全を確保するため、周囲に巡視船を配備するとともに、中国海警局の船に対し直ちに領海から出るよう警告を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200510/k10012423921000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ