中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:TPP

1: 蚤の市 ★ 2021/01/31(日) 18:02:45.62
日本を含む11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)が枠組みの拡大へ動き出した。初の新規加入を英国が2月1日に申請する。議長国を務める日本は自由度の高い通商ルールを受け入れるという加盟条件を堅持して英国と交渉する。参加意欲を示す中国をにらんだ対応である。


TPPはオーストラリア、ベトナム、メキシコなどで構成し、2018年12月に発効した通商ルールの枠組みだ。その特徴は関税や電子商取引、投資に関する自由度の高さにある。最終的な関税撤廃率は95~100%に達する。

デジタル分野ではソフトウエアの設計図「ソースコード」の開示要求を禁止した。中国が署名した東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)には盛り込まれていない規定だ。

英国が参加すれば世界の国内総生産(GDP)に占めるTPP参加国の比率は13%から16%に高まる。欧州でTPPの通商ルールが適用される初めての事例(以下有料版で、残り732文字)

日本経済新聞 2021年1月31日 12:00
https://r.nikkei.com/article/DGXZQODE3033S0Q1A130C2000000?s=5

続きを読む

1: 愛の戦士 ★ 2021/01/03(日) 21:19:13.15
1

NHK

菅総理大臣は、ニッポン放送のラジオ番組で、中国のTPP=環太平洋パートナーシップ協定への参加について「TPPのルールは非常にハイレベルで、今の体制では難しいと思う」と述べ、現状では困難だという認識を示しました。

この中で菅総理大臣は、習近平国家主席が積極的に検討すると表明した、中国のTPP=環太平洋パートナーシップ協定への参加について「TPPのルールは非常にハイレベルで、国営企業で運営しているところは厳しいことに当然なっているので、今の体制では難しいと思う」と述べ、現状では困難だという認識を示しました。

また菅総理大臣は、安定的な皇位継承の在り方をめぐり「現状においては、まず男系継承は最優先にしていくべきだろう」と述べました。

さらに、憲法改正については「しっかりと挑戦していきたい」と述べました。

一方、北朝鮮による拉致問題については「安倍前総理大臣が『条件を付けずにキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と直接会う用意がある』という話をされている。それを踏襲して、何としてもじか談判したい」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210103/k10012794881000.html

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/12/10(月) 10:18:56.51 _USER9
台湾や中国メディアは7日から8日にかけて、河野太郎外相が7日、日本などが成立を進めている「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定」(CPTPP、TPP11)への台湾加入について、台湾が事故を起こした福島第一原発周辺の福島県など5県からの農産品輸入の禁止を続ける方針を示していることを理由に「無理」と発言したと次々に報道した。

台湾では11月24日の統一地方選挙と同時に、さまざまな住民投票が実施された。福島と周囲の計5県の産である食品に対する輸入規制の継続の是非については、約779万人が「輸入規制の継続に賛成」、約223万人が「反対」と投票した。つまり台湾の民意は「輸入禁止の継続」を選択した。

記事によると、河野外相は「科学的根拠なしに食品の輸入を禁止するのはWTO(世界貿易機関)のルールに違反しており、WTOに提訴することもある」「台湾はCPTPPへの加盟を希望しているが、このようなWTOルールへの違反があれば、まことに残念ながら無理だ」と述べたという。

台湾メディアのETtodayによると、台湾では河野外相の発言に反発する声が高まった。民進党の重鎮であり、台北駐日経済文化代表処の駐日代表を務める謝長廷氏は、日本を刺激するような発言はすべきでないと表明。すると「日本円で給料をもらっているのだろう」「日本の国務大臣」と謝代表を批判する声が改めて発生したという。謝代表はこれまでもしばしば、日本産食品について健康被害がないと科学的に証明されれば輸入を認めるべきだと発言してきた。

台湾では蔡英文総統もCPTPP加盟の意向をしばしば示してきた。頼清徳行政院長(首相)も、CPTPP加盟の成功率を高めるための立法措置が必要と何度も発言してきた。

台湾政府報道官は河野外相の発言について「日本側の反応は理解できる。台湾にとっては厳しい試練だ」と述べた。台湾政府として日本側と積極的に意思疎通を行い、理解と支持を求める考えという。

中国メディアの環球網は同件を、「台湾は福島などの土地の食品を輸入せず、日本人は報復を決定」との見出しで報じた。

https://www.recordchina.co.jp/b669267-s0-c10-d0142.html

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/12(月) 13:26:41.50 _USER9
【台北=伊原健作】台湾は環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を目指す方針を固め、TPPを主導する日本政府に伝える。11月中旬にパプアニューギニアで開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の機会に安倍晋三首相へ意向を示す。台湾で経済政策の司令塔の役割を担う国家発展委員会の陳美伶・主任委員(閣僚)が日本経済新聞のインタビューで明らかにした。

2018年11月10日 2:00
日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGKKZO37570710Z01C18A1FF8000?s=3

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2018/11/01(木) 19:37:35.97 _USER
スクリーンショット 2018-11-02 7.10.53

 アメリカを除く11カ国によるTPP(環太平洋経済連携協定)が来月30日に発効することについて、中国は「開放的なものなら中国は前向きだ」と評価しました。

 中国外務省の報道官は、TPPについて「中国は(TPPの)メンバーではないが、開放的なものであれば中国は一貫して前向きな態度を取る」と述べました。中国は当初、TPPは経済的にも政治的にも「中国包囲網」を築くものだとして強く警戒していました。しかし、アメリカとの経済摩擦が激しさを増すなか、トランプ政権への牽制(けんせい)になるという思惑もあり、自由貿易を掲げるTPPに対して前向きな姿勢を見せるようになりました。TPPは日本、オーストラリア、カナダなど11カ国が参加して来月30日に発効します。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000139841.html

続きを読む

↑このページのトップヘ