中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:THAAD

1: 名無しさん 2017/12/18(月) 16:01:51.27 _USER
08

【ソウル聯合ニュース】

韓国軍合同参謀本部は18日、中国の軍用機5機が同日午前10時10分ごろ、韓国南部・済州島の南の岩礁、離於島の西南から韓国の防空識別圏(KADIZ)に進入したため、韓国空軍のF15K戦闘機などが緊急発進(スクランブル)したと明らかにした。

中国の軍用機はH6爆撃機が2機、J11戦闘機が2機、TU154偵察機が1機。

合同参謀本部は「中国の軍用機は日本の防空識別圏内を飛行した後、KADIZを経由して午後1時47分ごろに離於島西方のKADIZ周辺地域から中国方向に抜けた」と説明した。

今年1月9日には中国の軍用機10機がKADIZ内に入っており、進入は今年になって2回目。


2017/12/18 15:31
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/12/18/0900000000AJP20171218003400882.HTML


続きを読む

1: 名無しさん 2017/09/07(木) 15:21:44.43 _USER
韓国への配備が遅れていた米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)の残る発射台4基などが7日朝、南部・慶尚北道星州(キョンサンプクトソンジュ)の用地に搬入され、予定していた6基の暫定配備が完了した。数日内に稼働を始める見通し。北朝鮮の弾道ミサイルに対抗し、日米韓の防衛協力を強化する措置だが、中国は激しく反発している。

韓国に配備されたTHAADは、1基あたり迎撃ミサイル8発を備えた発射台計6基や高性能レーダーなどで構成。射程3千キロ以下の中・短距離弾道ミサイルを高度40~150キロの空中で迎撃する。米韓は北朝鮮の脅威に限定した迎撃兵器だとしている。

4月末に装備が韓国に到着したが、用地の整備や電力供給が間に合わず、発射台2基が先行して暫定配備された。5月に誕生した文在寅(ムンジェイン)政権は当初、残る4基の追加配備に慎重な姿勢を示したが、7月28日の北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)14」の発射を契機に、追加配備を認めた。

韓国国防省報道官は7日、「北…

以下ソース

ソース:朝日新聞 2017年9月7日13時35分
http://www.asahi.com/articles/ASK972PKHK97UHBI00C.html
韓国・平沢市の空軍基地近くで7日、米軍の高高度迎撃ミサイルシステムの一部が星州に向かって移動を始めた=ロイター
no title

慶尚北道星州で7日午前、警官隊と住民がもみ合う中、輸送されるTHAAD装備=東亜日報提供
no title

THAAD配備先の慶尚北道星州で7日未明、警官隊と衝突する住民ら=東亜日報提供
no title

no title

no title
23: 名無しさん 2017/09/07(木) 15:45:40.96 
>>1 

中国は、 

韓国配備の迎撃ミサイルシステムを 
「フン、あんなものw」と鼻の先で笑うのかと思ったら、 
もう、髪の毛を振り乱して大反対するってw 
完全に「迎撃ミサイルシステム」の有効性を証明してるよなw 

66: 名無しさん 2017/09/07(木) 19:32:32.53 
>>23 
ちがうよw 
中国は迎撃ミサイルなんてどうでもいいのさ 
問題はそれに付随されて使われるレーダーなんだよ 
中国国内の航空機がほぼ監視下に入る 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/30(水) 03:21:16.38 _USER
THAADめぐる軋轢で販売が半減
代金滞納で部品調達できず

現代自動車の中国工場が稼動を中断した。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる韓中間の軋轢により、販売が急減し、地元部品メーカーに代金の支給が遅れて、部品会社が納入を中断したからだ。

現代自動車は29日、中国合弁法人である北京現代の北京1、2、3工場と滄州の4工場の稼動を先週から中断したと発表した。最近完工された重慶5工場がまだ本格的に稼動していないことを考慮すると、現代自動車の中国内工場が全て止まったことになる。

工場の稼動中断は、プラスチック燃料タンクなどを供給する地元部品メーカーの北京英瑞傑が、北京現代からもらう予定の代金の支払いが遅れたことを理由に、納入を拒否したことから始まった。約2万個の部品に組み込まれる自動車は部品一つが欠けるだけでも、車両の製作に支障を来たす。

北京英瑞傑が北京現代から受け取っていない代金は今月25日基準で1億1100万人民元(約189億ウォン)と、地元メディアは伝えた。現代自動車の関係者は「THAAD事態以降、中国内の販売が激減し、合弁会社である北京現代の資金状況が難しくなって、代金の支払いが遅れたと聞いている」と話した。

北京現代は年間130万台の生産能力を備えている。現代・起亜自動車今年3月から本格化されたTHAAD報復の影響で昨年の上半期の中国販売量が昨年同期間に比べて半減した。最近の調査によると、現代・起亜自動車の苦戦で現地に進出した韓国部品メーカーも限界状況を迎えたという。最近、これら工場の稼働率は50%以下に低下し、売上げと収益性が大幅に悪化している。

ホン・デソン記者

http://japan.hani.co.kr/arti/economy/28324.html

no title

現代自動車の中国工場が中国のTHAAD報復の影響で部品会社の納品に支障が生じ、先週から稼動を中断した。写真は2013年11月現代自動車中国北京3工場の生産ラインに中国労働者が並んで作業している姿=北京/聯合ニュース
15: 名無しさん 2017/08/30(水) 04:25:24.32 
撤退も時間の問題ですかね 

20: 名無しさん 2017/08/30(水) 04:42:57.36 
恐ろしいな。ヒュンダイってどこで売れてんだ? 
韓国国内とヨーロッパでちょいって感じか? 

急速にしぼんでってるから先は長くないかもね。 

28: 名無しさん 2017/08/30(水) 05:10:06.23 
中国は韓国を食うことで経済成長を図るつもりか 

68: 名無しさん 2017/08/30(水) 08:40:16.38 
>>28 
中国は元々周辺国の経済を食って永らえるつもりだよ 
ドイツがユーロ圏でやってる事をやりたいんだろう 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/23(水) 19:39:59.68 ● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
米軍の高度ミサイル防衛システムTHAAD(サード・サド)の配置により中国の反韓感情が高まっており、
中国で活動するK-POPアイドルや韓流ドラマに支障が出ている。

そればかりか中国で営業するロッテマートが一時期営業停止になるほど。5月に営業を再開をしたロッテマートだが、
そんなロッテマートに中国の制裁が行われた。
中国は23日、ロッテマート北京市内の2店舗に対して点検を行い発言機23台と変圧器4台を過度な使用だとして、
使用禁止命令を下した。

これにより、ロッテマートの発電機と変圧器の回収作業が行われ、これらの物品は、解体された後にオークションにかけられる。
オークションでの売上は国の物になるという。

競売の予想売上は400万元(約6500万円)になるとみられて、ロッテマートの営業停止に続き設備の損失まで出ている。

北京市の関係者は「この検査は市全域の企業を対象に実施された」と述べた。

一部ではロッテマートの発電機没収を韓国のサード配置に対する報復措置ではと提起している。

http://gogotsu.com/archives/32514
no title


118: 名無しさん 2017/08/23(水) 20:32:51.82 
>>1 
無茶苦茶やな、中国に進出してはいけない 

81: 名無しさん 2017/08/23(水) 20:10:47.10 
>>1 
怖いなぁ。 
ロッテは民間企業だろ。 
中国共産党は民間企業に此処迄やるのかよ。 
日本企業もとっとと中国を引き上げた方が良いわ。 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/06/09(金) 00:08:12.52 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
中国への経済依存を優先した韓国は、中国の軍門に下る結果を招いた。環境評価などを口実にTHAADの追加配備を中断。
文政権は対話重視で北朝鮮には足元を見られ、米国との関係も危ない。行きつく果ては?

経済で韓国を「釣る」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は選挙期間中からTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)の韓国配備に関して慎重論を展開してきたが、
大統領に当選すると、早速中国の習近平国家主席と電話会談。
「中韓の関係改善を図りたい」と語る文大統領に対して、習主席は「それなら実際の行動で示すように」と語ったという。中国メディアが伝えた。

そこで5月19日には文大統領は自らの親書を携えさせ大統領特使としてイ・ヘチャン(李海●。●は王へんに賛の夫がそれぞれ先)を北京に派遣して習主席と会談させた。

李特使は中韓関係を重んじる証拠として、「韓国は中国の憂慮を理解する」と語り、「THAADの韓国配備に関して協議する用意がある」と述べた。

それでよいのだ。そう来なければ「実際の行動で示した」とは言えない。習主席はそう思ったのだろう。

頭を下げてきた韓国に対して、中国は早速これまでの経済制裁を緩和し、チャイナ・マネーという釣り糸で韓国を手繰り寄せ始めた。

韓国メディア「アジア経済」の報道によれば、韓国の免税店、化粧品売り場、観光業など、THAAD問題で冷え切っていたが、
李特使の中国への朝貢外交以降、突然改善され始めたという。

中国との交流の「最前方基地」である仁川(インチョン)市の変化は、その指標のようなものだ。
それまで途絶えていた近隣の中国の十数都市からの旅行客が約2.3万人増加し、それまでより9.3%上昇。
5月19日一日だけの観光船舶の乗客も、山東省威海や青島、あるいは遼寧省丹東からだけで1267人あり、仁川港は活気を取り戻し始めたとのこと。
韓国のタレントたちの中国における興業も突然許されるようになり、韓国国民の心まで中国に手繰り寄せることができた。


韓国を飲み込んだ中国--THAAD追加配備中断
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/thaad-18.php
3: 名無しさん 2017/06/09(金) 00:09:54.27 
金が命より大事か 

116: 名無しさん 2017/06/09(金) 07:17:49.58 
>>3 
命がかかってるのは米軍 
直接金が関係するのは南朝鮮 


続きを読む

↑このページのトップヘ