中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:GDP

79: ばーど ★ 2020/04/17(金) 11:13:39.36 
1


中国1~3月GDPー6.8% 統計の公表以降で初のマイナス  

中国のことし1月から先月までのGDP=国内総生産は去年の同じ時期に比べてマイナス6.8%となりました。中国の四半期ごとのGDPの伸び率がマイナスになるのは、統計が公表されている1992年以降、初めてです。新型コロナウイルスの感染拡大でことし1月下旬以降、多くの企業が長期間にわたって休業するなど経済活動への深刻な影響がデータで裏付けられた形です。 

2020年4月17日 11時02分 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200417/k10012392341000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

続きを読む

1: Ψ 2020/01/17(金) 12:01:07.58
スクリーンショット 2020-01-17 13.53.01

中国政府は、2019年の1年間のGDP(国内総生産)の伸び率が6.1%だったと
発表した。

中国の国家統計局は、2019年のGDP伸び率が6.1%だったと発表した。

前の年の6.6%より0.5ポイント低く、天安門事件による経済制裁の影響
があった、1990年以来の低い水準となった。

国内の需要が冷え込み、自動車の生産が大きく落ち込んだほか、インフラ
などの投資も低迷した。

長引くアメリカとの貿易戦争の影響で、中国経済のいっそうの減速が
明らかになった形。

https://www.fnn.jp/posts/00430503CX/202001171143_CX_CX

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/07/16(火) 13:51:07.22
菅義偉官房長官は16日の閣議後の記者会見で、中国の4~6月の国内総生産(GDP)の伸び率が四半期ベースで遡れる1992年以降で最低となったことについて「先行きをしっかり注視し対応していきたい」と述べた。「中国経済の動向は世界経済全体に大きな影響を与える」と語った。

2019年7月16日 12:22 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO47368440W9A710C1EAF000?s=2

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/04/17(水) 14:58:44.84
3月の工業生産が予想を大きく上回る-当局は景気対策強化
今後必要なのは自律成長を促す民間セクターの持ち直し-舒暢氏

中国経済の1-3月(第1四半期)成長率は予想外の底堅さとなった。一連の景気刺激策による効果が表れ、対米貿易摩擦で揺らいだセンチメントの安定化に寄与した。

17日発表された1-3月の国内総生産(GDP)は前年同期比6.4%増。エコノミスト予想を上回り、昨年10-12月(第4四半期)と同じ成長率だった。

3月の工業生産は前年同月比8.5%増。市場予想は同5.9%増加だった。小売売上高は前年同月比8.7%増。市場予想は同8.4%増加。1-3月の固定資産投資は前年同期比6.3%増え、予想と一致した。

景気減速で投資家の不安や世界経済の成長を巡る疑念が広がったが、中国当局による支援策で成長鈍化に歯止めがかかった。予想を上回る経済指標を受け、追加刺激策の必要性、あるいは中国人民銀行(中央銀行)と財政省が緩和策の縮小に着手すべきかを巡る議論も活発になっている。

2019年4月17日 13:53 JST Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-17/PQ320Y6K50XS01
no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/04/14(日) 20:13:30.14
【北京=西見由章】日中両政府は14日、貿易や投資などの経済課題を議論する閣僚級の「ハイレベル経済対話」を中国・北京で開いた。日本側議長を務める河野太郎外相は冒頭、「中国はGDP(国内総生産)が世界第2位となり、途上国の域を越えて世界経済を牽引(けんいん)する存在だ。日中両国には多国間の課題や協力について、より大きな貢献を行っていく責務がある」と述べた。

 自国を「発展途上国」と規定する中国に対して、知的財産権の保護など経済大国にふさわしい公正な貿易・投資環境の整備を行うよう求めた形だ。

 中国側議長の王毅国務委員兼外相は「日中経済協力の広さと深さが絶えず拡大している」と評価。トランプ米政権の通商圧力を念頭に、「多国間貿易体制を支持し、開放型の世界経済を構築しようとする決心」を日本とともに示したいと語った。

 経済対話で日本は、中国政府が福島第1原発の事故後に発動した福島や宮城、東京など10都県の食品と飼料を対象とする輸入停止措置の早期解除を要請。中国側は巨大経済圏構想「一帯一路」の枠組みの下での第三国市場協力の推進を日本側に求める。また6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に向けて、議長国の日本との間で世界貿易機関(WTO)改革などの議題について意見調整を進めたい考えだ。

 ハイレベル経済対話は8年ぶりに東京で開かれた昨年4月以来、2年連続で5回目の開催となる。日本側は河野氏のほか世耕弘成経済産業相、吉川貴盛農林水産相、石井啓一国土交通相、原田義昭環境相、片山さつき規制改革担当相の6閣僚が参加。中国側は王氏のほか鍾山商務相らが出席した。

2019.4.14 19:25
産経新聞
https://www.sankei.com/politics/news/190414/plt1904140066-n1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ