中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:EV

1: ラミブジン(静岡県) [US] 2021/03/14(日) 18:08:31.83 ● BE:789862737-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
ビジネスの衰退、変革の失敗、給料を下げるレイオフなど、GoFunの足を引っ張るものは何か?

画像
no title

no title

no title


"乗れる車を探すのは大変だ"

孫飛は、GoFun Travel Appを残念そうに見た後、記者に語った。 孫飛さんによると、2018年からGoFunのシェアカーを使い始め、週末の短時間の小旅行や、平日に用事で出かける際に、遠すぎない範囲で利用していたという。
 「当時、杭州では基本的にビジネス街の近くにGoFunのシェアカーレンタルポイントがあり、便利に利用できていましたが、2019年の初め頃から、電気が足りないと催促されたり、車の傷みがひどくて全く運転できなかったりと、運転できる車の数が徐々に少なくなっていきました。」
孫飛はこのことを「Connected Travel」に思い出した。

GoFunの現在の状況は?

「解雇の通知を受けたときは、ある意味予想通りでした。」

 今年の初め、離職を控えていた劉輝は上司から通知を受け、自分が解雇リストに載っていること、次の仕事は引き継ぎをしっかりすることだと言われた。
 「今回の解雇通知のために、心の準備をしてきました。結局、2019年後半からの解雇は、今年の初めにいくつかの会議に加えて、会社は解雇アクションの後に言及してきましたが、その時は誰が辞めるのか分かりませんでした。」 彼女はこう振り返った。
 そして、そのわずか1週間後、劉輝はGoFun社の従業員を大量に解雇する一員となった。
劉輝によると、多くの部門長が部門会議で「解雇がある」「比率は50%に達する」と発表し、全国のGoFun社員約1,200人に対し、全国で400人しか残らないと言われたという。

昨年10月、GoFunは数億ドルの資金調達を完了したと発表しましたが、推測によると現在のところ資金調達はまだ到着しておらず、おそらく中止されたと理解しています。 その理由は多岐にわたります。

最初に現れたのは、給与の遅配です。 昨年12月以降、毎月の給与支払いが遅れており、基本的に1~2週間は引きずっている。
多くの社員が、すでに会社の資本連鎖に問題があるはずだと感じていた。 劉輝はこう言った。

劉輝が会社の人事部と話をして初めて、会社のキャピタルチェーンがトラブルに見舞われているという正確なニュースを知ったのだ。
彼女の話によると、当時の人事部は彼女に「会社にはもうお金がないから、報酬の代わりになるものを与えてはいけない」と率直に言ったという。

Firstrade紙によると、GoFunの主な業務は2019年に入ってから全国の多くの都市から撤退し始め、そのような縮小は今年に入っても続いている。 アウトレットで話を聞いた知識豊富な関係者によると、現在稼働している都市は30~40市しかないはずで、正常に稼働しているのは十数市だという。

かつては紅一点だった「GoFun」が今、苦境に立たされている。

Sina Finance 2021/3/13
http://finance.sina.com.cn/tech/csj/2021-03-13/doc-ikkntiam0310528.shtml

続きを読む

1: ボラえもん ★ 2021/02/01(月) 10:39:24.28
(ブルームバーグ):
菅義偉政権が2035年までに全ての新車販売を電気自動車(EV)やハイブリッド車などの電動車に転換する方針を掲げたことを受けて、
価格の手ごろさを武器に日本独自の規格として普及してきた軽自動車が価格上昇の危機に瀕している。

  全国軽自動車協会連合会の堀井仁会長(ダイハツ東京販売会長)はブルームバーグのインタビューで、
「軽自動車の命は安価で使い勝手がいいこと」だとし、電動化に伴って価格が上昇すればその魅力が低下してしまう懸念があるとの考えを示した。

  その上で、軽は公共交通機関の限られる地方では「生活必需品、ある意味でライフライン」だとし、価格の安さなどの特徴を維持する必要性を訴えた。

  安価なことに加え、日本の狭い道路での利便性などを背景に軽自動車は国内で3000万台以上保有され、新車販売でも3割以上を占める。
しかし、米国でバイデン新大統領が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰を表明するなど世界的にも脱炭素に向けた動きは加速しており、軽自動車業界にも変化の波が押し寄せている。

  堀井会長は「当然、日本だけがお国の事情があるからというのは通用しない話だ」として、軽も含めて電動化の流れが強まるとの認識を示した。

  自動車調査会社カノラマの宮尾健アナリストも、脱ガソリン車目標の「影響を最大限受けることになるであろう軽自動車は早晩電動化の波に飲み込まれていく」と予測する。

  国内自動車メーカーで構成する日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は12月の会見で、
日本の道路の85%は軽自動車でなければ相互通行できないとし、「軽という車は日本の国民車」と発言。電動化に向かう中でも軽自動車の存在を忘れてはいけない、と釘を刺した。

  電動化の流れを受け、軽自動車メーカーも動き出している。
日本経済新聞によると、ダイハツ工業は21年中に親会社トヨタ自動車と開発したハイブリッドシステムを小型の多目的スポーツ車(SUV)「ロッキー」に搭載し発売する。その後軽自動車にも広げる方針だという。

■使い勝手

  宮城県仙台市で野菜農家を営む平松希望さん(28)は軽トラックと軽自動車の2台を所有する。野菜の収穫から納品までほぼ1日中、乗っているという。

  「価格が安い、税金も安い、使い勝手がいい」と乗用車と比較した軽の優位性を説明。
「価格が上がると軽自動車の意味がなくなる」と述べた。田舎はぬかるみや雪道もあって軽トラには馬力が求められ、EVについてはそうした部分に不安があるとした。

  全軽自協によると、20年の国内軽自動車販売の電動車比率は約32%。
しかし、その全てが発進時や加速時にエンジンをモーターが補助するマイルドハイブリッドと呼ばれる簡易式ハイブリッド技術を使用している。

  トヨタの「プリウス」などに搭載され、大型バッテリーや高電圧モーターを必要とするフルハイブリッドに比べると価格を抑えることができる半面、二酸化炭素(CO2)排出の削減効果は劣る。  

  東海東京調査センターの杉浦誠司アナリストによると、軽自動車をEV化した場合は100万円?200万円、フルハイブリッドシステムを搭載した場合は50万円前後の値上げになる。

  一方、カノラマの宮尾氏はバッテリーメーカーとのアライアンス次第で価格は抑えることが可能と指摘。
中国の上汽通用五菱汽車が50万円弱の小型EVを発売し、現地でベストセラーとなっていることを例に挙げ、
バッテリー調達に長けた中国系格安EVが「日本の軽自動車市場を席巻し、日系軽自動車メーカーは壊滅する」という「最悪シナリオ」もあり得るとの見方を示した。

  全軽自協の堀井氏は、政府支援などによって安価な車載用電池が開発されることで、
軽自動車が「単に高くなるから売れない、存在価値がなくなるとはならないと思うし、やはり環境にしっかり必死で合わせていくのだろうと期待している」と述べた。 
https://news.goo.ne.jp/article/bloomberg/business/bloomberg-QNB9CJDWX2PU01.html

続きを読む

1: お断り ★ 2021/01/26(火) 13:41:42.45
先週土曜日に開催された電気自動車フォーラムで、中国科学アカデミーの学者であるウヤン・ミンガオ氏は、「誰かがあなたに言うように、このEVは1,000キロ走ることができ、数分でフル充電され、しかも安全です。 そしてコストは非常に安いです。・・と言いますが、それは彼らはうそつきであるに違いありません。」
 8分で電気自動車の1000キロメートルの80%になると、充電に必要な電力は約900キロワットになります。一般的な充電パイルの380 VDC電圧を使用する場合は電流は2400Aに達する必要があります。
  現在、中国の急速充電パイルは30キロワットしかサポートできません。さらに900キロワットをサポートする充電パイルを構築しても、コミュニティ全体を停電させて充電することになります。

Sina Finance 2021/1/25 中科院院士怒怼广汽石墨烯电池 黑科技怎么就成了韭菜收割机?
https://finance.sina.com.cn/chanjing/cyxw/2021-01-25/doc-ikftssap0569530.shtml

続きを読む

1: お断り ★ 2021/01/12(火) 00:07:47.88
新エネルギー車の冬のバッテリー寿命は大幅に短縮されます
寒波が襲うと、新エネルギー車は所有者にどのような経験をもたらしますか?

超低温の影響で、新エネルギー車のバッテリー寿命は大幅に短くなっています。多くの新エネルギー車の実際のバッテリー寿命はNEDC(欧州航続距離試験基準)の約50%から30%であり、新エネルギー車の所有者は「暖房を付けるのが怖い、暖房をオンにできない」、「仕事帰りにまだ動くのかわからない」、「いつも不安の中にいます」と答えた。

オーナーからの苦情が多かったのは、走行可能距離の縮小

冬が始まって以来、北京は長年の極寒に見舞われ、新エネルギー車の所有者は多くの屈辱を経験してきた。深刻な走行可能距離の割引のために、一部は一晩駐車したらバッテリー残量は0になり、救助を待つしかありません。
車の所有者はあえて暖房をオンにせず、家族は震えながら車の中にいます。
多くの新エネルギー車の購入者は、バッテリー寿命が大幅に割り引かれ、「このままEVを乗り続ける」ことは難しいと述べました。

深刻な停電のため、新エネルギー車の所有者は頻繁に充電する必要があります。1月8日、海淀区、海潤ビルテスラスーパー充電ステーションでは、証券日報の記者は、テスラが延々と続く渋滞の流れで充電する様子で50個の充電パイルのすべてが使用されていることを確認しました。
高氏によると、テスラのモデル3の最後版は、後で交換するリン酸鉄リチウム電池よりも耐寒性に優れた三元リチウム電池を使用していますがが、それでも電力損失が深刻になるとは予想していませんでした。
王氏(仮名)は、少し前に車をEV車を購入したが、夜間駐車している間に、50キロ以上の走行可能距離が減少しています。

自家用車所有者に比べて、新エネルギー車のタクシーの運転手はさらに「壊れて」います。 一部のタクシー運転手は、証券日報の記者によると、300キロの走行可能距離は、実際には約150キロ、数回客を乗せたら、次に充電できる場所を見つけるために走ります。本当にあまりにも暖房を付けることができないだけでなく、長距離の乗客を取りたくありません。

Sina Finance 2021/1/11
https://finance.sina.com.cn/chanjing/cyxw/2021-01-11/doc-iiznezxt1765939.shtml  
続きを読む

1: ミランダ(岐阜県) [DE] 2020/12/18(金) 15:49:39.95 ● BE:789862737-2BP(2000)

続きを読む

↑このページのトップヘ