中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:BBC

1: ごきゅ?(SB-iPhone) [US] 2021/04/10(土) 10:21:56.43 ● BE:144189134-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
英BBC
中国臓器移植産業の闇を報道

中国での臓器移植件数は年間10万件と推計している。
しかし、ドナー数と一致せず、
待機時間が数日~数週間という短さから、
巨大な「生きた臓器バンク」が存在しているのではないか、
と国際社会から疑いの目を向けられている。

BBCは、7月にスペイン・マドリードで開かれた
年次国際臓器移植会議(TTS)に出席した
中国「臓器移植界の権威」とされる
衛生部副部長・黄潔夫氏を取材した。

黄氏「中国ではすでに1万5千のドナーがいる」
記者「毎年の手術件数は十万件ともいわれているが…」
黄氏「その質問はナンセンスだ。答えたくない」
記者「自分が中国の病院に電話したら、すぐに肝臓移植ができると言われた。どうしてこれが可能なのか?」
黄氏「その質問は聞きたくはない、答えたくない。誰かの政治的意図がある質問には答えない」

臓器移植件数と、実際の手術数、ドナー数が合致していないのは明らかで、
ドナー以外の臓器の出所元は、
拘束されたウイグル人、チベット人、
思想犯として囚われた法輪功学習者、地下協会信者などが考えられると述べた。

画像
no title

2
no title

3
no title


https://stop-oh.org/archives/2958

続きを読む

1: かわる ★ 2021/02/06(土) 09:51:31.43
 外交部の汪文斌報道官は5日の定例記者会見で、「BBC(英国放送協会)は長年にわたって、イデオロギーの分野で悪意をもって中国共産党と中国政府を攻撃し、中傷してきた。中国は関連報道の悪影響を排除するための実務的な措置を講じるようBBCに促すとともに、中国に関するフェイクニュースについて謝罪するよう求めた」と述べました。

 外交部は先日、BBCに対して、新型コロナウイルスに関するフェイクニュースを報道したことを公開謝罪するよう求めましたが、BBCはこれを拒否し、「今後も“公平性の原則”を守っていく」などと称する声明を発表しています。

 汪報道官は「BBCは長きにわたって、イデオロギーの分野で中国共産党と中国政府を悪意をもって攻撃し、中傷してきた。そして、事実を無視した虚偽のニュースを繰り返し放送し、メディアとしての客観性とバランスに欠き、公平な報道を行う立場から著しく逸脱している。中国はこの行為に断固として反対している。BBCに対し、報道が生み出す悪影響を排除するための切実な措置を講じることと、中国に関するフェイクニュースについて中国に謝罪することを強く求める。また、中国はさらなる措置を取る権利を留保する」と語りました。(ミン・イヒョウ 謙)
http://japanese.cri.cn/20210205/91fdf939-2e3d-b04e-6403-2a238bf748ee.html

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/01/27(水) 21:51:51.37

no title


英国BBC放送所属の記者が、新型コロナウイルス感染症に関する報道のために、中国湖北省の武漢を訪れ、武漢市民の怒りを買った。

武漢は、昨年12月 新型コロナの初の患者が報告された地域として、現在まで新型コロナの発源地とされている。

今日(27日)複数の中国メディアによると、BBC所属の この記者は“再び武漢に行く”というタイトルの報道をするために、取材で武漢を訪れた。

記者が武漢の市民たちに「コロナウイルスはどこから来たのか」という質問をしたことに対して市民たちは怒り「コロナウイルスは中国ではない、他の国で発生した」と答えた。

この知らせが中国のSNSを通じて拡散したことで、武漢の市民たちはもちろん 中国全域のネットユーザーたちが、この質問をしたBBC所属記者を批判しだした。彼らは「武漢の市民たちが怒るのは当然だ」、「違うことは違うと言った武漢の市民たちは素晴らしい」などの反応をみせた。

中国外務省まで この報道の非難に乗り出した。中国外務省の報道官は前日の定例会見で、BBCの武漢に関する報道について言及し「これは『武漢が新型コロナの発源地だ』という誤った先入観をもっていたために起こった問題だ」と批判した。

つづけて「今後は、明らかとなった正確な事実だけを引用し報道することを願う」と強調した。

WOWKorea 2021年01月27日 15時22分
https://s.wowkorea.jp/news/read/285906/

続きを読む

1: フラのベランダー ★ 2018/10/16(火) 02:38:05.12 _USER9
https://www.youtube.com/watch?v=IsOGUsp7Fn0



BBCは8日、『誰を信じるべきか?中国の臓器移植』(Who to Believe? China’s Organ Transplants)と題する番組を放送しました。中国で死刑囚の臓器摘出に関与した元医師もスタジオ出演し、番組の中で証言を行いました。
BBC記者はまた、中国衛生部の黄潔夫元副部長に、臓器移植の実態について質問しました。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(家) [US] 2018/10/14(日) 15:41:24.85 BE:844628612-PLT(14990)



英BBC、中国臓器移植産業の闇を報道
https://www.epochtimes.jp/2018/10/36992.html


t_ceqegkxirpfjrmyzazk4


英BBCは10月8日、『誰を信じるべきか?中国の臓器移植』(Who to Believe? China’s Organ Transplants)
と題する番組で、中国臓器移植産業の闇に迫った。

カナダのデービッド・マタス弁護士らは近年の調査で、中国での臓器移植件数は年間10万件と推計している。
しかし、ドナー数と一致せず、待機時間が数日~数週間という短さから、巨大な「生きた臓器バンク」が存在しているのではないか、
と国際社会から疑いの目を向けられている。

BBCは、7月にスペイン・マドリードで開かれた年次国際臓器移植会議(TTS)に出席した中国「臓器移植界の権威」とされる衛生部副部長・黄潔夫氏を取材した。

黄氏「中国ではすでに1万5千のドナーがいる」
記者「毎年の手術件数は十万件ともいわれているが…」
黄氏「その質問はナンセンスだ。答えたくない」
記者「自分が中国の病院に電話したら、すぐに肝臓移植ができると言われた。どうしてこれが可能なのか?」
黄氏「その質問は聞きたくはない、答えたくない。誰かの政治的意図がある質問には答えない」

中略

ヒル記者は、最近、新疆ウイグル自治区の収容施設では100万人ものウイグル人が収監されており、
法輪功学習者のように、共産党政権による集中管理できる施設で、強制的な臓器移植用の「ドナー」を作っているではないかと報じた。

同じくスタジオに出演した、中国臓器移植問題について詳しい在英ジャーナリスト、イーサン・ガットマン氏は、
中国が発表した臓器移植件数と、実際の手術数、ドナー数が合致していないのは明らかで、ドナー以外の臓器の出所元は、拘束されたウイグル人、チベット人、
思想犯として囚われた法輪功学習者、地下協会信者などが考えられると述べた。

ガットマン氏は、BBCのヒル記者のラジオ放送番組で「中国が臓器を収奪するのはお金のため?」との問いに、
「共産党政権の敵対勢力を消去する目的がある」と答えた。

中略

米国の中国問題に関する連邦議会・行政府委員会(CECC)は、10日に発表された中国人権報告書の中で、あらためて無実の人に対する臓器収奪問題に懸念を示した。

続きを読む

↑このページのトップヘ