中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:麻薬

1: 虎跳 ★ 2019/04/01(月) 09:27:21.11 _USER
ホーチミンで過去最大規模の麻薬密売ルート、元締めの中国人を緊急逮捕

公安省麻薬犯罪捜査警察局は3月28日、ホーチミン市で過去最大規模となる麻薬密売ルートの元締めのWu He Shan容疑者(男・57歳、中国籍)を緊急逮捕したことを明らかにした。

 張り込みを経てこの麻薬密売ルートの動きを把握した警察は、3月20日に摘発に踏み切り、同市ビンタン区ビンフンホア街区にあるビラ式住宅の立ち入り検査で麻薬300kgを押収した。

 このビラ式住宅は輸出向け縫製会社「Hashan」の本社。Shan容疑者はミャンマーから麻薬を調達してラオス経由でベトナムに密輸し、この会社をカムフラージュとして第三国に密輸していたとされる。

 同社はこのほどフィリピンに「プラスチック粒子」を輸出するとして税関機関で手続きを済ませ、「プラスチック粒子」の入ったコンテナを載せた貨物船が3月13日にホーチミン市2区カットライ港を出港した。

 この情報を把握した警察は、秘密裏にフィリピン当局に通報して捜査協力を要請。目的地のマニラで問題のコンテナを検査したところ、麻薬276kgを発見した。

 警察はこれまでに、麻薬密輸・密売に関与したとされる中国人、ラオス人、ベトナム人7人を麻薬密輸・密売容疑で逮捕し、麻薬1.1tを押収している。

ベトジョー
https://www.viet-jo.com/news/social/190329235352.html
no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/02/16(土) 16:00:47.45
【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は15日、中国が薬物密売人に死刑を適用していることを称賛し、米国でも死刑にできれば、薬物密売の抑止効果が上がるとの考えを示した。

 トランプ大統領はホワイトハウス(White House)で記者団に対し、「その気になれば賢くやれる。薬物問題を終わらせることができる。考えているよりもずっと速やかに終わらせられる」と述べた。

 トランプ氏は、過去にも薬物関連犯罪への死刑適用を支持する発言をしたことがあり、昨年3月、米国では薬物密売人を死刑にすることも可能との見解を示していた。

 米最高裁判所が死刑を適用する判断を下したのは殺人罪のみで、薬物の密売に死刑を義務付ける法改正は、量刑のバランスに関して最高裁の裁定を大きく逸脱する可能性があるため、当局者らは改正に向けた取り組みは行われないとの見通しを示している。

【翻訳編集】AFPBB News
http://news.livedoor.com/article/detail/16030399/
no title


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [SE] 2018/04/04(水) 22:47:02.18 ● BE:179938787-2BP(2000)
1

http://www.epochtimes.jp/2018/04/32268.html
中国では近年、麻薬成分である「ケシの殻」を使った火鍋やスープ、ラーメンを提供する飲食店が後を絶たない。料理の「病みつき」になれば、リピーターが増え、売り上げも増えることが店側の狙いだ。

中国メディアによると、3月上旬江蘇省無錫市で、ある夫婦が飲食店で食事を取ったあと、車で自宅に帰る途中、交通の取り締まりに当た
っていた警察官に止められ、尿検査を受けた。その結果、麻薬成分を示すモルヒネ陽性となった。夫婦とも違法薬物の吸引歴はない。

地元警察当局の調べでは、夫婦だけではなく、一緒に昼食をとったその娘と孫娘の尿検査でも、麻薬成分が測定された。4人は昼食に「マーラータン」という人気の激辛スープを食べたという。

その後、同飲食店とオーナーの家で家宅捜査が行われ、オーナーの自宅から、約415グラムの茶色のケシの殻が見つかった。

食品安全法に違法をしたとして逮捕されたオーナーは、スープの材料に粉末にしたケシの殻を使ったと供述したという。

地元当局は、激辛スープとケシの殻から、モルヒネ、パパベリン、コデイン、ノスカピン、テバインなどケシに由来する依存性薬物成分を検出した。

中国メディアによると、同飲食店は地元での営業期間が長く、数名の常連客からもモルヒネが検出された。

2016年1月、中国国家食品薬品管理総局は、北京、上海、広東省など全国35カ所の飲食店が「ケシの殻」を使っていたと発表した。

(翻訳編集・張哲)

続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/25(月) 04:19:54.38 _USER9

1

渡航先の中国で覚せい剤を隠し持っていたとして麻薬運搬罪に問われた愛知県稲沢市の元市議、桜木琢磨被告(74)の友人らが
24日、名古屋市に集まった。裁判は結審しながら判決延期の連続で、身柄拘束は1500日を超えた。
今後仲間を増やし、支援の輪を広げていくことを確認した。

 友人の会社経営佐々木賢治さん(68)=同県小牧市=が呼び掛け、10人ほどが机を囲んだ。

 桜木被告は2013年10月、広州市の空港でスーツケースから3キロ超の覚せい剤が見つかり、逮捕された。
一貫して無実を訴えているが、公判で「懲役15年から死刑」を求刑された。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017122400250&g=soc


続きを読む

↑このページのトップヘ