中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:高速鉄道

1: Ψ 2019/09/23(月) 08:37:35.68
1

東京オリンピック開会直前の1964年10月1日に開業した東海道新幹線は、世界初の高速鉄道となった。
一方の中国は、2007年になってようやく中国初の高速鉄道が開業し、日本より40年以上遅れたスタートとなったが、
今や総延長距離でも営業時速でも日本を上回るようになり、急速な発展を遂げた。

 そのため、中国高速鉄道は「中国の誇りであり、外交の名刺である」とよく言われるが、中国メディアの百家号は、

「高速鉄道の起源は日本なのに、なぜ中国で発展を遂げたのか」と題する記事を掲載した。
高速鉄道分野で日本はすでに遅れた国になったと主張している。

 中国高速鉄道が日本を上回ったと主張する理由として、記事は「わが国の技術力が高かったからだ」と主張、
高速鉄道の基本的な技術を日本をはじめとする国から導入した後、
中国はそこで立ち止まることなくさらに研究を続けて改良を加えたのだと論じた。

 また、需要の大きさの違いもあると記事は指摘。国土が大きく人口も多い中国では、
高速鉄道を発展させるうえでの十分な市場があったが、日本は国土面積が小さくて人口も少なく、
しかも複雑な地形で建設コストも高いため、中国に後れを取るようになったと主張した。

 記事は「日本発の高速鉄道で日本を追い越した」と中国の高速鉄道を誇らしげに伝えているが、
それも中国では国家戦略に位置付けられているからできたことだろう。
中国高速鉄道は2018年9月の時点で負債総額が約86兆円もあると言われ、採算の取れない路線が大半を占めるなかで、
いまなお路線の拡張を続けている。採算の点でいえば、中国は日本から学ぶことがあるのではないだろうか。(編集担当:村山健二

http://news.searchina.net/id/1682785

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [JP] 2019/05/25(土) 15:17:01.09 ● BE:151915507-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/001.gif
China unveils 600km/h maglev train prototype

A new floating bullet train capable of hitting speeds of 600 kilometers per hour (about 372 miles/hour) is one step closer to reality in China.

On Thursday, the body prototype for the country's latest high-speed magnetic-levitation (maglev) train project rolled off the assembly line in the eastern Chinese city of Qingdao.

Developed by the state-owned China Railway Rolling Stock Corporation (CRRC) -- the world's largest supplier of rail transit equipment -- the sleek-looking train is scheduled to go into commercial production in 2021 following extensive tests.

no title


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [CR] 2018/07/29(日) 22:32:08.23 BE:228348493-PLT(16000)
香港新駅「西九龍駅」を公開、中国本土への玄関口
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33476070X20C18A7EAF000/

【香港=木原雄士】香港の地下鉄を運営する香港鉄路(MTR)は、
9月に開業する高速鉄道のターミナル駅「西九龍駅」を報道陣に公開した。
高速鉄道は香港と広州を約48分で結ぶ予定で、西九龍駅は香港から本土へ向かう玄関口になる。
列車の状況を知らせるリアルタイム掲示板などを多く設置し、乗客の利便性に配慮したとアピールした。

西九龍駅には中国本土の当局者が常駐し、出入境や税関の手続きをする。
香港市民の間では香港に高度な自治を保障する「一国二制度」が損なわれるとの懸念もあったが、
香港政府が押し切った。すでに手荷物検査の機械などが置かれ、準備は最終段階に入っている。
駅には米国製とみられる監視カメラも多く設置されていた。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/07/02(月) 11:28:19.40 BE:323057825-PLT(12000)
2018年6月29日、中国が「超高速鉄道」を開発へと中国メディアが伝えている。
高温超伝導リニアと真空チューブを組み合わせたシステムで、最高速度は音速を上回る時速1500キロ。試験ラインの建設が進められており、早ければ21年4月にも試験速度1500キロの実現を目指す、としている。

真空チューブ式列車は、電気自動車(EV)の米テスラ・モーターズを創業したイーロン・マスク氏が提唱した。
理論的には、外気から遮断して真空状態にしたチューブの内部では摩擦力や空気抵抗がゼロとなり、わずかなエネルギーで列車などの物体が高速で移動できるようになる。宇宙空間のイメージだ。

中国網によると、19日に開かれた2018年世界交通運輸大会「高速鉄道技術発展フォーラム」で、西南交通大学首席教授の張衛華氏は科技日報の記者に「中国版超高速鉄道は『高温超伝導リニア+真空チューブ』技術を採用する。
すでに時速1500キロのフィジビリティスタディーに着手している」と話した。

西南交通大学が担当する「マルチモード接続レール交通動的模型試験プラットフォーム」は、各種低気圧環境を想定できる全長1500メートルの真空チューブ内で、異なる磁気浮上モードやスケールの列車の運行試験を実施できる。
高温超伝導リニアモードを含め、試験速度は超音速に達し、計算上は時速1500キロになるという。

張氏は「抵抗、パンタグラフ、騒音などの制限により、車輪レール交通技術の時速の限界は時速600キロとなっている」と指摘。
「高速リニアレール交通が今後、レール交通技術の発展の主な方向になる」「磁気浮上+真空チューブがつくり出す低抵抗運行環境が、未来の高速鉄道の速度を効果的に上げることが実験室内で実証済み」などと強調している。

音速上回る時速1500キロの「超高速鉄道」開発へ、高温超伝導リニアと真空チューブ組み合わせ?中国メディア
https://news.biglobe.ne.jp/international/0701/rec_180701_7624110942.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/04/21(土) 10:45:40.15 ● BE:512899213-PLT(27000)
1

(前略)
 この高速鉄道建設プロジェクトは、着工からすでに2年が経過したものの、今年初めに工事が大幅に遅れていることが明らかになった。
これについて記事は、「責任はすべてインドネシアの側にある」と主張。土地収用の問題とジョコ政権が本来の計画路線を見直し延伸するとしたためだとし、
「これが工事の遅れている主な原因で、中国は契約通りに履行している」と中国側の責任を全否定し、むしろ、中国が迷惑していると言わんばかりの口調で結んだ。
 日本との受注争いの結果、中国はインドネシア政府の財政支出や債務保証を必要としないという破格の条件を提示してまで受注を勝ち取ったものの
現在はこのような状態だ。中国は高速鉄道輸出に力を入れており、イメージを守るためにもあくまでインドネシアに非があるとしたいところだろう。
もしかしたらインドネシアは、今になって日本にしておけばよかったと後悔しているかもしれない。

http://news.searchina.net/id/1657824?page=1

続きを読む

↑このページのトップヘ