中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:香港デモ

1: 名無しさん必死だな 2019/10/17(木) 14:45:40.60

41jw3rbAOJL-398x400
 10月4日、米プロバスケットボールNBAの人気チームの幹部が香港デモを支持するツイートをTwitterに投稿したところ、
中国が猛反発。国営中央テレビ(CCTV)が試合の放映を中止したり、現地スポンサー企業が広告出稿を取りやめるなど
各所に影響を及ぼし、NBAは謝罪に追い込まれたが、日本人の企業や著名人にとっても対岸の火事ではなさそうだ。

 香港紙「香港01」(10月9日付)によると、ここへきて、中国で絶大な人気を誇るバスケットボール漫画『スラムダンク』の
作者・井上雄彦氏に対し、怒りの矛先が向けられているとい

 今から約4カ月前、香港デモを支持する河野太郎外相(当時)のツイートなどに対して「いいね」を押していたことが、
なぜか10月8日になって中国版Twitter「微博」で話題となり、強い反発の声が上がっているのだ。

『スラムダンク』は中国でも大人気で、多くの信者が存在するが、それでも井上氏の行動は許せなかったようで、
微博上は「井上雄彦が“港独(香港の独立)”を支持している。中国のネット民は(『スラムダンク』の)ボイコットの
意思を示すべきだ!」「井上雄彦が港独を支持するなんてとても複雑。好きな漫画家だったのに。芸術活動に
携わる人間が、政治に口を挟むべきではない」などといった、井上氏に対する非難や失望の声であふれていた。
中には、「彼が港独を支持するなら、俺はもう海賊版しか買わない」といった暴論まで見られる。
後略

https://www.cyzo.com/2019/10/post_219274_entry.html

続きを読む

1: バーミーズ(東京都) [US] 2019/09/22(日) 13:44:39.47 BE:123322212-PLT(13121)
AS20190921001777_commL

 香港政府が、デモの際に参加者がマスクなどで顔を覆う行為を制限する「覆面禁止法」の制定を検討している。
過激化した一部のデモ隊を牽制(けんせい)する狙いがあり、中国側も立法化を後押ししている。
香港の民主派は、デモは国外に比べて平和的だと主張し、政府の動きに反発している。

混沌招いた、香港政府の初動ミス 民主派の照準は警察へ
 香港で続くデモでは、最前線で警察と対峙(たいじ)する参加者たちが、ゴーグルや防毒マスクなどで顔を覆っていることが多い。
警察が撃つ催涙弾への対策のほか、自身の顔を警察に撮影され、後に拘束されないようにするためだ。

 香港政府高官は今月中旬、立法化に向け検討を進めていると表明。中国共産党機関紙の人民日報海外版は18日、
「香港政府はためらうな」と早期制定を呼びかける評論を掲載した。香港メディアによると、欧州の国々や米国の州には、
覆面によるデモを禁止する法律があるという。

https://www.asahi.com/articles/ASM9P35CVM9PUHBI013.html

続きを読む

↑このページのトップヘ