中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:香港

1: ガーディス ★ 2019/08/25(日) 00:50:12.10
カナダのトロントで18日、香港の逃亡犯条例改正案に反対するデモで、武力を行使した警察を支持する集会が行われた。集会に、中国人留学生がずらりと並ぶ高級スポーツカー・フェラーリで登場し、話題を呼んだ。しかし、派手なパフォーマンスが裏目に出て、中国国内のネットユーザーは留学生の親が腐敗幹部ではないかと個人の特定に動き出した。

撮影された動画には、中国の国旗を掲げたフェラーリ9台が続々と駐車場を出ていく様子や、所有者とみられる若者らが集会現場で中国人留学生を率いて、香港人留学生や香港デモ支持者らに対して、「貧乏人」と叫びののしる様子が映し出された。

20日、中国国内インターネット上に、数台のフェラーリで集会に乗り込む様子を捉えた動画が投稿されると、瞬時に注目を集めた。「腐敗幹部らの家族ではないか」と批判が殺到したため、ネット検閲当局が急いで動画と関連投稿を削除した。

ツイッターに同動画が投稿されると、ユーザーからは「ドライバーの身元を調査せよ」「中国では今も腐敗を取り締まっているから、この人たちの親を調べよう」「車のナンバーを写真撮影すれば、すぐにどこの豪邸に住んでいるのかがわかる」などの声が上がった。

「トロントの中国人留学生が高級車で集会に参加」と題するこの動画が中国国内に伝わると、中国当局の世論誘導で香港デモに批判的な姿勢だった中国人ネットユーザーは論調を変え、「なぜ留学生がフェラーリを買えるのか?お金はどこから?明らかにアルバイトで得た収入ではない」とバッシングを始めた。

中には中国本土と香港の経済状況を比較し、中国国民の収入がはるかに少ないと指摘する声も上がった。

「2018年(中国国内)の1人当たりの国内総生産(GDP)が9732ドルだったのに対して、香港は4倍以上の4万6078ドルであった。親のカネでカナダでフェラーリを運転して、香港人を『貧乏人』と罵倒した君らは、中国国民にも同じ言葉でののしるのか。香港人が貧乏人であるなら、われわれ中国人は何になるのか?」

中国人ネットユーザーは怒りの矛先を中国共産党政権にも向けた。

「フェラーリの所有者が汚職に関わっていないかを徹底的に捜査するよう求める」

「汚職官僚の子どもだ」

「皮肉なのは、フェラーリに乗っている若者の親が、集会で国旗を掲げて『愛国』と訴える留学生の親を搾取していることだ」

「なぜ彼らがこんなに愛国するのかがわかった」

「このような『愛国者』らは本当に恥知らずだ」と次々と強い不満をあらわにした。

21日、カナダの中国系住民が利用するネット掲示板で、「先頭の紅いフェラーリに乗っているのは山東省の韓寓群・省長の孫だ。その後ろにいるのは、山東省の王仁元・副省長の孫、(同省)済南市の謝玉堂・党委員会書記の息子、臨沂市の連承敏・党委員会書記の息子だ」との情報が伝えられた。

この投稿は中国版ツイッター「微博」にも転載された。

ネットユーザーの1人は、「この既得権益者の子女らは高級車に乗りながら、愛国を訴えている。実際に、彼らは祖国を愛しているのではなく、父親らが権力と地位を失うことを心配している」と言い切った。また、中国当局が主導する「愛国運動」は国民をもてあそぶ茶番であるとの意見があり、それに関与しないように呼び掛けるネットユーザーもいた。

微博では現在、同投稿は当局によって削除されている。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16972657/
no title

続きを読む

1: みつを ★ 2019/08/07(水) 04:15:54.93 ID:VAGCJwpi9
https://www.afpbb.com/articles/-/3238733

中国政府、香港デモ参加者に警告「火遊びする人々は火によって滅びる」
2019年8月6日 19:23 
発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 香港 アジア・オセアニア ]

【8月6日 AFP】中国政府は6日、香港で繰り広げられているデモの参加者に対して、「中央政府の巨大な力」を過小評価すべきでないと警告した。

 国務院(内閣に相当)の香港・マカオ事務弁公室(Hong Kong and Macao Affairs Office)の楊光(Yang Guang)報道官は北京で開かれた記者会見で、「火遊びする人々は火によって滅びる」と述べた。

 楊報道官はまた「過激なデモは…香港の繁栄と安定に深刻な影響を与えてきており、香港を危険な淵に陥れようとしている」と指摘。

 中央政府は、抗議デモへの対応をめぐって批判を浴びている香港警察と、デモ参加者らが辞任を要求している林鄭月娥(キャリー・ラム、Carrie Lam)香港行政長官を引き続き「断固支持」すると表明した。

 楊報道官はさらに、情勢不安を引き起こした「犯罪者ら」に対する強い警告として、「決して現状の判断を誤ったり、われわれの自制を弱さだと誤認したりしてはならない。中央政府の断固とした決意、および巨大な力を過小評価してはならない」と強調した。

 これに先立ち、中国共産党は6日付の機関紙で、香港の林鄭長官に対する完全な支持を再度強調した。

「人民日報」は1面に同長官を擁護する論評を掲載し、「あらゆる悪行は平和的デモの一線を越えている」とし、「こうしたことを法によって支配された文明や社会は許容しない」と批判。「(党の)中央委員会は、林鄭長官に全幅の信頼を置いており、長官の仕事について全面的に賛同する」とした。

 同長官は5日の記者会見で、デモは中国の国家主権に対する挑戦であると見なすと述べ、香港は「非常に危険な状況」に近づいていると警告。「あえて言うならば、香港を破壊しようとしている」と批判している。(c)AFP
スクリーンショット 2019-08-11 8.13.59
 

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/07/13(土) 16:51:12.58
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190713-00000004-pseven-cn
 香港で発売の直前に中国政府に「禁書」に指定され、出版できなくなった習近平中国国家主席の女性関係に関する本が
米ロサンゼルスの出版社から発行、販売されることが分かった。

 この本は当初、香港で中国関係の禁書を扱う銅羅湾書店から出版、販売される予定だったが、2015年10~12月の間に、
同書店の社長や書店主ら幹部5人が中国当局によって極秘裏に中国大陸内に拉致されたことで販売が不可能となっていた。
しかし、出版社側は本の版権を米国の出版社に譲渡したことで、ロサンゼルスで出版されることになったという。

 米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」によると、この本のタイトルは「習近平と彼の愛人たち」で、
ロサンゼルスに拠点を置く「ウエスト・ポイント出版社」が出版する。
同社の社長で在米華人の鄭存柱氏が同書店の版権を買い取り、さきごろ同書の筆者と正式に出版契約を結んだという。

 同書は当初、中国語版で発行されるが、売れ行きを見て英語版も出版される予定だという。
いずれにしても、同書が発売されれば、大きな話題を呼ぶことは間違いないとみられている。

 なぜならば、香港では現在、逃亡犯引き渡し条例の改正案が市民らの激しい反対で事実上の廃案に追い込まれているが、本書が関係しているからだ。
200万人以上の市民が改正案の反対デモに参加するきっかけとなったのは、同書をめぐって、2015年に出版社の幹部らが中国当局によって
非合法的に身柄を拉致されて、中国大陸内で取り調べを受けていた事実が広く市民に知られているためだ。
仮に、改正案が可決されれば、中国が名指しする反中国的な人物が香港で逮捕され、その身柄が中国側に引き渡されるということも法的には可能となる。
そのため、市民の改正案に対する警戒感は極めて強く、同書への関心もまた大きいとみられる。

 また、同書では中国の最高指導者の習近平主席の女性関係が赤裸々に綴られているとされるだけに、話題性にこと欠かない。
同書で取り上げられている女性は習氏が文革時代に下放された陝西省の農村で知り合った地元出身の高校生や、初婚の相手だった外交官の娘、
さらに再婚した現在の妻で元歌手の彭麗媛氏、習氏が福建省幹部時代の浮気相手とされるテレビ局のアナウンサーや彭麗媛氏の知り合いの歌手、
あるいは習氏が最高幹部に上り詰めた後に知り合った有名な大物女優らで、10人は下らないとされる。

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/07/13(土) 01:20:38.99
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000041-jij_afp-int
 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐり大規模デモに揺れる香港で、香港人に交じってデモに参加する
本土出身者たちがいる。共産党の一党独裁体制下にある中国本土では、とても考えられない行動だ。

 国際金融センターの香港では、参加者100万人超の大規模デモが繰り返され、デモ隊と警察の衝突も相次いでいる。
香港で生まれ育った市民らは、香港特有の自由と文化が中国政府に踏みにじられようとしているとみて、怒りを爆発させたのだ。

 一方、香港には1997年の中国返還後に本土から移住してきた中国人も、約100万人が暮らしている。彼らは今回の事態に複雑な思いを抱いている。
デモに強く反対する人もいるものの、多くはデモ隊に共感している。
ただ、中国当局の報復を恐れたり、香港人のデモ参加者の間に本土出身者を歓迎しない雰囲気を感じ取ったりして、意見を表明していない。

 それでも、ごく少数ながらデモに参加する本土出身者もいる。
4年前に中国北部の都市から移住してきたブライオニー・リン(Briony Lin)さん(27)も、その一人。
「社会運動を経験するのは、これが初めて」とAFPの取材に語った。

「香港は中国で唯一、言論の自由を行使できる場所。私自身の権利のため、そして抗議デモとはどんなものかをこの目で確かめるため、
(デモに)参加したかった」
本土に住んでいたころは政治に興味はなかったが、香港の書店関係者らが行方不明になり中国当局に拘束されたと判明したことや、
文化大革命(Cultural Revolution)から50年を迎えた際に新たに得た知識などがきっかけで、関心を持つようになったという。

■中国本土の方言でシュプレヒコール
 「逃亡犯条例」改正反対デモには、本土出身者でつくるデモ隊が堂々と参加している。
横断幕やシュプレヒコールにも、香港で使われる広東語ではなく、それぞれ出身地の方言を用いている。
このデモ隊の結成に関わった大学講師のミニー・リー(Minnie Li)さんによれば、過去の民主派デモにも常に本土出身者たちが参加していたが、
たいてい群衆の中に隠れて目立たないようにしていた。
リーさんは2008年に上海から移住してきたが、香港の永住権を取得してやっと、デモに参加する勇気を奮い起こすことができたという。

「目に見えることに、力があると思う。意見を胸に秘めて誰にも告げなければ、力に変えることはできない。だから、デモに参加することで、
私たちの力を示したい」

 敵意をぶつけてくる香港人デモ参加者もいるが、
「人の感情や行動、そして価値観は、生まれた場所や民族によって決まるわけではない」とリーさん。
「正しい行動だと思えばこそ、何かをなすことができる」と語った。

続きを読む

1: ユートン(庭) [CA] 2019/06/22(土) 08:01:46.93 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
周庭 Agnes Chow Ting
@chowtingagnes
来年の夏に現在の立法会議員の任期が切れます。その時までに、可決されなければ自動的に草案が失効になります。

でも、まだ廃案にはなっていません。
一年もの間に何が起こるかわからないです。

誤解してしまうような報道はやめていただきたいです。

香港政府、廃案受け入れを表明
https://this.kiji.is/514791986123228257?c=39550187727945729
午前1:06 · 2019年6月22日 · Twitter for Android

https://twitter.com/chowtingagnes/status/1142101420184707072?s=21

スクショ
no title



続きを読む

↑このページのトップヘ