中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:金正恩

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/05/09(土) 15:43:46.03 BE:914375389-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
5/9(土) 15:40配信
時事通信
 
 【北京時事】中国の習近平国家主席は9日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から届いた「口頭親書」に返信を送り、新型コロナウイルスに関して「防疫協力を強化し、(北)朝鮮側の必要に応じて力の及ぶ限りの支援を提供したい」と表明した。

 新華社電が伝えた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000040-jij-cn

続きを読む

1: わくわく太郎(ジパング) [RO] 2020/04/25(土) 09:10:18.71 ● BE:538181134-PLT(16931)
中国共産党の対外連絡部幹部が率いる代表団は4月23日、北京を離れ、北朝鮮に向かったことがわかった。
今回の北朝鮮の派遣は、金正恩の健康状態を諮問(しもん)するために医療チームを派遣し、また現地に滞在させることになる。

諮問という建前であるが、健康状態に問題があればその場で治療などを行う可能性もある。

https://gogotsu.com/archives/56846
no title

続きを読む

1: 次郎丸 ★ 2019/03/05(火) 01:14:26.38
正恩氏殺害予告、中国が処分 グループチャットも監視?
米朝首脳会談
北京=平井良和
2019年3月5日0時30分
https://www.asahi.com/articles/ASM3464GLM34UHBI03V.html

 中国を特別列車で縦断してベトナムを訪問した金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の殺害予告とみられる文章などをSNSで友人とやりとりしたとして、中国の警察当局が少なくとも4人を拘留や罰金の処分にしていたことがわかった。地方政府のホームページに一度は処分が公表されたが、まもなく削除された。

 公表された情報によると、中国とベトナムの国境にある広西チワン族自治区・憑祥(ピンシアン)市の警察当局は2月26日、SNSアプリ「微信」の友人らとのやりとり(グループチャット)で「某国の指導者を殺害したい!志が同じ仲間を求む!」と書いた男性を呼び出して取り調べ、公共の秩序を乱したことを認めたとして10日間の行政拘留処分とした。

 このほか、25~26日にかけて、微信で友人らに爆破予告の内容を送った男性が2日間の行政拘留、「某国の指導者に魚雷を投げたら殴られるかな?」と書いた男性ら2人が罰金処分とされた。金正恩氏を乗せた特別列車が26日午前に同市を通過しており、いずれも正恩氏についてのやりとりだったとみられる。

 警察当局は「インターネット上のパトロールをしていて発見した」としており、グループチャット内でのやりとりも「公共の場」として監視していたとみられる。4人の処分は市のホームページに一括して公表されたが、しばらくして削除された。(北京=平井良和)

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2018/07/04(水) 12:16:49.41 _USER
no title


「デブ」を検索禁止に(共同通信社)

 中国のネット上で6月下旬から、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の蔑称である「金三胖(直訳すると、「金家の3代目のデブ」)が検索禁止用語になったことが明らかになった。

「金三胖」という言葉は昨年11月にいったん、検索禁止用語になったが、今年3月には検索ができるようになっていた。しかし、6月下旬以降、再び禁止用語になったようだ。この背景には、金氏が南北首脳会談や米朝首脳会談前後に3回も訪中し、そのつど国賓級の待遇を受け習近平国家主席と首脳会談を行っていることがある。

 検索禁止用語になった6月下旬は19、20日の3回目の訪中直後であり、「中国最高指導部の金氏への評価が回復されたからだ」と中国問題に詳しいジャーナリストの相馬勝氏は指摘している。

 中国の検索エンジンである「百度」に「金三胖」と入れても、「すみません。“金三胖”を百度で検索した結果、探すことができませんでした」との表示が出るだけだ。これは別の検索サイト「新浪」で試しても同じ。

 これまでも、「金三胖」は2度も検索禁止用語になったこともあったが、ほとぼりが冷めたためか、再び検索が可能になっていた。

 前回は昨年11月で、北朝鮮側が中国当局に激しいクレームをつけたためと中国メディアは推測していた。これについて、中国外務省の耿爽スポークスマンは記者会見で「関連報道と事実は異なる」としながらも、「強調したいのは一国の国家指導者に侮辱的でばかにする言葉を使うことを賛成しないということだ」と説明していた。

 ところが、今年3月には「金三胖」は検索ができるようになっていた。

 それ以前の場合、2015年10月に劉雲山・中国共産党中央政治局常務委員が訪朝した前後、検索が不可能になっていたが、2016年3月に国連安全保障理事会で対北朝鮮制裁が決定された後には検索可能になっていた。

 中国では「金三胖」という言葉は極めて政治的な意味合いが強い言葉として取り扱われていることが分かる。

 今回の場合、6月19、20日の金氏の第3回目の訪中がきっかけで、これについて、ネット上では1000以上のコメントが書き込まれたものの、「金三胖が使われている書き込みはすべて消されている。さらに、「また何を貰おうと思って中国に来たのか」「手ぶらで帰るつもりはなさそう」などとの金氏をからかうような書き込みは消され、残っているのは「訪問を歓迎する」「3回訪中したのは、中国の国際的な影響力を見せてくれた」との友好的な内容の2つだけだという。

 これについて、ネット上では「また、北朝鮮当局が中国指導部に文句を言ったからではないか」との推測が書き込まれている。

https://www.news-postseven.com/archives/20180704_711379.html

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/06/19(火) 11:26:22.91 _USER9
スクリーンショット 2018-06-19 13.39.22

中国の国営メディアは北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が19日と20日の2日間中国を訪問すると伝えました。

NHKの取材班は、日本時間の19日午前11時ごろ、北京の空港に、北朝鮮の専用機が到着したのを確認しました。

この機体は旧ソビエト製のジェット旅客機、イリューシン62型でキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の専用機と同じ機体で、キム委員長が乗っていたものとみられます。

北京の空港などでは現在、警察による厳重な警備体制がしかれています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/k10011485061000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

続きを読む

↑このページのトップヘ