中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:轟20

1: みんと ★ 2020/05/10(日) 15:32:34.91
中国が今年中に次世代の長距離ステルス戦略爆撃機「轟20」(H-20)を11月にも公開する可能性があり、日本などに直接的脅威になり得ると朝鮮日報が香港紙を引用して伝えた。H-20は20トンの兵器を積んで空中給油なしでも中国本土から米国領グアム島(片道約3100キロ)まで往復できるとされる。

H-20は尾翼のない全翼機。秘密のベールに包まれていた存在が明らかになったのは2016年9月で、当時人民解放軍空軍司令員だった馬曉天氏が「中国は次世代長距離爆撃機を開発している」と認めた。18年5月にはH-20開発を担当している西安飛機工業公司が公開したプロモーション動画の最後に「THE NEXT…」という言葉とともにカバーに覆われたH-20らしき機体が登場する。

諸元などは不明だが、米国防総省の中国の軍事力に関する年次報告書の18年度版では▽最低8500キロの航続距離▽最低10トンのペイロード▽通常兵器と核兵器の双方を運用可能―と推測している。多くの第5世代技術を採用し、中国が運用している「轟6」(H-6)系列の長距離戦略爆撃機とは異なり、レーダーに捕捉されないステルス機能を備えているとみられる。空中発射ミサイルを搭載する場合、攻撃範囲は一段と広くなる。

香港紙「サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)」は4日、消息筋の話として「コロナ禍が収まった場合、中国は今年11月に開かれる珠海エアショー(中国国際航空宇宙博覧会)でH-20を披露する可能性がある」と報道。中国がH-20を公開する場合、日本や朝鮮半島、オーストラリアなどに対する直接的脅威になり得ると分析した。

さらに同紙は「H-20が実戦配備された場合、中国は三大核戦力をすべて備えることになるという点で大きな意味がある」と指摘した。三大核戦力は地上配備の大陸間弾道ミサイル(ICBM)、弾道ミサイル潜水艦(SSB)に搭載される潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、そして戦略爆撃機を指す。

現在、ステルス戦略爆撃機を運用している国は米国だけ。米国は「空飛ぶ死に神」と呼ばれるB2戦略爆撃機を実戦投入しており、さらにB-21戦略爆撃機の計画も進めている。中国の主力であるH6系列の戦略爆撃機の場合、旧ソ連の爆撃機を基に開発され、米軍に比べると遅れていると評価されていた。

一部記事を引用しました。

Recordchina 2020年5月9日 22:40
https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20200509022/
no title

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [VN] 2018/04/11(水) 02:35:11.75 BE:416336462-PLT(12000)
中国の雑誌『航空知识(Aerospace Knowledge)』の表紙に未来の戦略爆撃機Xian H-20のイラストが登場した。これに軍事専門ブロガーの「ダンビエフ」氏が注目し、記事を発表している。
ブロガー「ダンビエフ」氏はイラストが公開された理由は中国空軍司令部がこの航空機案に最終的な決定を下した証拠との見方を示している。
中国政府は2016年9月、次世代型戦略爆撃機の開発を公式的に認めたものの、プロジェクトの詳細は一切明かされておらず、「将来、いつか」航空機を公開するという宣言に終わっていた。
専門家らの予測では、Xian H-20が軍備に加わるのは2020年代半ばで、ステルス技術を用いた「全翼機」というスキームとなる。米国防総省の予測では通常兵器、核兵器の両方を搭載できる。

https://jp.sputniknews.com/asia/201804104761367/
no title

no title

続きを読む

↑このページのトップヘ