中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:軍事

1: みつを ★ 2019/01/15(火) 16:28:15.92
1


月面で綿花の発芽に成功 探査機の実験で 中国メディア
2019年1月15日 16時08分

月の裏側で探査を行っている中国の月面探査機「嫦娥4号」で植物の生育実験が行われ、中国メディアは、月で初めて綿花の種を発芽させるのに成功した、と伝えました。

中国の無人の月面探査機「嫦娥4号」は今月3日世界で初めて月の裏側に着陸し、搭載していた探査車の「玉兎2号」を月面に降ろして地質の構造や資源の有無などを調査しています。

また探査機の中では地球から持ち込んだ植物の種の生育実験が行われ、国営の中国中央テレビは15日、月で初めて綿花の種を発芽させるのに成功したと伝えました。

月は昼と夜の寒暖の差が激しく植物が育つのが難しいため、実験は温度を一定に保つ特殊な容器の中で行われ、中国中央テレビの画像には綿花の種から緑色の芽が出ているのが写っています。

またこの容器の中にはカイコの卵やじゃがいもの種も入っていて、ふ化したカイコが排出した二酸化炭素で植物が光合成を行う「小さな生態系」を作る実験も行われているということです。

月の探査をめぐっては、おととしアメリカのトランプ大統領が月を周回する軌道上に宇宙開発の拠点となる施設を新たに作るよう指示するなど、再び重要性が高まっていて、中国とアメリカの開発競争が激しくなっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190115/k10011778451000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005  

続きを読む

1: ◆ciadbU3kq9FF 2019/01/02(水)20:03:04
1

中国人民解放軍国防大学の羅援副学長が、「東シナ海や南シナ海の
領有権をめぐる対立は、アメリカの空母2隻を沈没させることで解決
できる」と語りました。

イルナー通信によりますと、同副学長は、「アメリカの空母には護衛艦が
ついているが、中国の巡航ミサイルや新型ミサイルの防衛能力は、
これらの空母への攻撃に必要なレベルを超えている」と述べました。

(略)

http://parstoday.com/ja/news/world-i50693

続きを読む

1: AHRA ★ 2019/01/12(土) 10:49:33.52
スクリーンショット 2019-01-12 11.09.44

 日仏両政府が外務・防衛閣僚協議(2プラス2)で海洋安全保障分野での連携強化を確認した背景には、南シナ海や東シナ海での軍事活動を先鋭化させる中国への警戒感がある。日本は欧州の主要国として唯一、インド太平洋地域に軍事プレゼンスを持つフランスとの関係を深めることで、中国の動きを牽(けん)制(せい)したい考えだ。

 日仏2プラス2は平成26年1月から始まり、今回で5回目。日本は開始当時から中国の一方的な海洋進出を問題提起してきたが、中国との経済関係を重視する仏側の反応は薄かった。だが、南シナ海の軍事拠点化や巨額援助を背景とする域内国の軍港化など、中国の横暴が加速するのに伴い、仏側の対応も変わった。

 フランスはもともと、インド太平洋にニューカレドニア、仏領ポリネシアなど海外領土を保有し、約8千人の兵力を展開している。世界第2位のEEZ(排他的経済水域)を有する海洋国家でもある。防衛省幹部は「法の支配を無視した中国の権益拡大はフランスにとっても看過できない問題だ。今では中国への認識は完全に一致している」と明かす。

 実際、フランスは南シナ海に艦船を派遣する「航行の自由作戦」の実施を表明するなど、中国の覇権拡大を阻止するための具体的な行動をとり始めている。

 日仏の防衛協力も進んでいる。29年4月に仏海軍練習艦隊「ジャンヌ・ダルク」が長崎・佐世保に寄港し、昨年2月には海上自衛隊と仏海軍による初の共同訓練「VINEX」が太平洋上で行われた。その後、自衛隊と仏軍が物資・役務を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)も署名されている。

 政府は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、米豪印や太平洋の国々との関係強化を進めてきた。この輪に英仏も加えたい考えだ。防衛省幹部は「中国に対しては民主主義や国際法の尊重など基本的価値を共有する各国で臨む必要がある。欧州で影響力の強いフランスは強力な“援軍”となる」と語っている。

2019.1.12 00:45
https://www.sankei.com/politics/news/190112/plt1901120004-n1.html

続きを読む

1: みつを ★ 2019/01/11(金) 21:51:13.30
1

中国が弾道ミサイル配備、米軍の「航行の自由」作戦に対抗
2019.01.11 Fri posted at 09:52 JST


香港(CNN) 米海軍が南シナ海で実施している「航行の自由」作戦に対抗して、中国が「中型および大型の船舶を標的にできる」弾道ミサイルを配備した。中国国営メディアが伝えた。

中国中央テレビは8日、弾道ミサイル「東風(DF)26」が同国北西部に配備されたと伝えた。米誘導ミサイル駆逐艦「マッキャンベル 」はその前日、複数の国が領有権を争う南シナ海のパラセル(西沙)諸島近くを航行していた。

DF26ミサイルは核弾頭または通常弾頭を搭載でき、射程は3400マイル(5471キロ)。アンダーセン空軍基地などの米軍施設がある米領グアムを標的にできることから、「グアムキラー」とも呼ばれていた。

中国は米軍の航行の自由作戦に対し、領海侵犯に当たると主張して強く反発している。

中国の英字紙グローバル・タイムズはDF26の配備について、匿名の専門家の話として「中国に領土の防衛能力があることを思い出させる素晴らしい措置」と評価した。

DF26は2015年に北京で開かれた軍事パレードで披露され、昨年4月には人民解放軍のロケット軍に実戦配備された。
米海軍は7日、今年に入って初めての「航行の自由」作戦を実施。専門家によると、昨年はおよそ8週間ごとに同作戦が行われていたという。

これに対して中国の習近平国家主席は4日の中央軍事委員会で、軍の即応態勢の強化を指示したと伝えられている。
https://www.cnn.co.jp/world/35131152.html 
 

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [KR] 2019/01/03(木) 19:19:28.89 BE:844481327-PLT(12345)
1

法の支配や航行の自由を保障する「自由で開かれたインド太平洋」構想の維持・強化に向けて重要な役割を求められているインド海軍は、
海洋進出を強める中国に対抗するため、空母を3隻態勢にするなど、大幅な海軍力の強化を進める計画を明らかにしました。

インド海軍のランバ参謀長は先月、海軍の戦力強化計画を発表し、艦艇の数は現在の138隻に加えて、新たに潜水艦を含む32隻をインド国内で建造中で、
さらに62隻の建造が政府に承認される予定であることを明らかにしました。

そのうえで軍の展開能力を高める空母を現在の1隻態勢から3隻態勢に増強する計画を急ぎ、2隻目の空母は来年にも就航させる見通しも明らかにしました。

インド海軍は、インド洋でも海洋進出を強める中国を念頭に、日本の海上自衛隊や沿岸国の海軍と連携を強め、去年1年間で20回の演習を実施しています。

インド海軍のランバ参謀長は会見で「世界の関心はインド洋に向けられ、われわれは安全保障の要として期待されている」と述べて、
役割を十分に果たせるよう戦力強化を急ぐ考えを強調しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190103/k10011766321000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ