中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:詐欺

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/08/25(土) 14:48:08.87 ● BE:448218991-PLT(14145)
スクリーンショット 2018-08-25 17.54.26

中国を拠点に、日本の高齢者にうその電話をかけ、現金をだまし取る特殊詐欺グループがある。
トップは中国人で、グループの指示役だった大阪府内の40代男性が毎日新聞の取材に応じ、
その組織や手口を明らかにした。他にも複数のグループが中国で活動しているとも証言。
日本の警察の捜査は海外では難しく、国境を越えて違法な詐欺活動が広がっている現状が
浮かび上がった。中国の特殊詐欺グループの実態の詳細が明らかになったのは初めて。
【藤田剛、道下寛子】
https://mainichi.jp/articles/20180825/k00/00m/040/183000c

続きを読む

1: プティフランスパン ★ 2018/07/17(火) 23:17:05.64 _USER9
西日本豪雨「Yahoo!募金」の偽サイトにご注意 中国で取得か
フィッシング詐欺の可能性が高い。
2018/07/17 16:04
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/yahoo-donation?utm_term=.foyYojq1lV#.wpRP5XmYGw

西日本豪雨災害の緊急支援をつのる「Yahoo!ネット募金」の偽サイトができており、Yahoo! Japanが注意を呼びかけている。

no title


■ 偽サイトの様子
偽サイトが左。そっくりに作られているが、公式の「Tポイントで寄付」が書き換えられていることがわかる。
no title

BuzzFeed

見た目は本物とほとんど同じだが、ドメインなどの細部が異なる。フィッシング詐欺のおそれもあるだろう。見分け方は以下の通りだ。

〇正しいサイト
・アドレスが「docs-donation.yahoo.co.jp」
・「Tポイントで寄付」ボタンがある

×偽サイト
・アドレスが「yahoo-donation.com」
・「Web Moneyで寄付」ボタンがある
偽サイトにアクセスすると、ブラウザによっては警告画面も表示される。

登録されていたWhois情報を検索してみると、ドメイン登録者の住所は中国・遼寧省丹東市にあった。7月14日に取得されているようだ。

登録されている電話番号を調べてみると、携帯キャリアや配送会社などをかたるドメインを、いくつも保持していることがわかる。

no title

domainwat.ch

BuzzFeed Newsは該当番号に電話をかけてみた。
電話はつながったが、「エリーゼのために」の発信音が数十秒流れたあと、切れてしまった。その後も複数回連絡をしたが、応答はなかった。
正しい募金サイトはこちら。Yahoo!基金のほか、複数の支援団体を選んで寄付をすることができる。

続きを読む

スクリーンショット 2018-07-15 19.10.12
1: 名無しさん 2018/07/14(土) 16:00:03.29
台湾人 @Taiwanjin
最近、中国の個人や中小企業向けに、日本のAmazonに進出する為のセミナーがあちこちで開かれていて、そのメソッドがえげつない…という話が興味深かった。

という内容のツイートをしたけれど、長くなったので、画像にまとめました。

no title

no title

no title

続きを読む

1: 水星虫 ★ 2018/05/09(水) 23:28:53.55 _USER9
スクリーンショット 2018-05-10 12.32.51

国保誤加入で3700万余給付

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/20180509/4000000724.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

広島市が病気の治療などを目的に在留資格を取得している外国人に
本来、認められない国民健康保険への加入を誤って認め、あわせて7人に
3700万円余りを給付していたことがわかりました。
5人はすでに出国していて、市では、駐日大使館に住所を問い合わせ、返還を求めたいとしています。

日本に住む外国人のうち、病気の治療などを目的に在留資格を取得した人は、
国民健康保険に加入できないことが法律で定められています。
ところが、広島市はがんや脳梗塞などの治療や、患者の世話をするために在留資格を取得した
ウクライナとロシア、それに中国の男女7人について、平成24年7月から27年4月にかけて、
国民健康保険への加入を誤って認めていたということです。

保険の給付額はあわせて3785万円余りに上り、市は返還の請求を始めましたが、
7人のうち5人はすでに出国していて、住所も分からないということで、
駐日大使館に問い合わせて返還を求めたいとしています。

市では、6年前に同じ在留資格の外国人に条件付きで住民票を交付できるよう
法律が改正されたのを受けて、複数の職員が国民健康保険への加入も可能になったと
勘違いしていたのが原因だとしています。

広島市は「深くおわび申し上げます。このような事務処理を
再び行うことのないよう徹底していきます」とコメントしています。

05/09 21:11

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/01(火) 17:44:58.79 _USER9
特殊詐欺、日本人学生は〝使い捨て要員〟か 中国版LINEで「受け子」役に指示…背後に犯罪組織
2018.5.1 16:21

 特殊詐欺に関わったとして今年1月に中国人とともに兵庫県警に逮捕された日本人の男子大学生(20)が、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の中国版とも呼ばれるアプリを通じ、犯行の指示を受けていたことが、捜査関係者への取材で分かった。
大学生は被害者からキャッシュカードを受け取る「受け子」役で、指示を出していたのは中国国内の犯罪組織とみられる。県警はアプリを悪用した中国組織の暗躍に警戒を強めている。

 捜査関係者によると、逮捕された大学生が利用していたアプリは「微信(ウィーチャット)」。LINEと同様、スマートフォンの画面上などでメッセージをやり取りできる。
大学生は「出会い系アプリの書き込みでアルバイトを見つけて応募した。指示は微信から日本語でメッセージが来た」と供述したという。

 県警は1月末、百貨店員を装いカードをだまし取る特殊詐欺の電話が相次いでいた兵庫県宝塚市内で、中国人と一緒にいた大学生を任意同行。高齢女性からカード2枚をだまし取り、現金100万円を引き出していた疑いが強まったとして、詐欺容疑などで逮捕した。

 一方、大学生とともに逮捕された中国人の男(29)は、昨年7月以降だけで6回も来日しており、現金を引き出す「出し子」役だったとされる。県警は中国の犯罪組織が事件を主導した可能性が高く、逮捕された中国人の男が送金役も兼ねていたとみて捜査している。

 大学生は微信からの指示について送信元は把握していなかったというが、捜査関係者は「被害者と直接接触しなければならない受け子は逮捕のリスクが高く、日本語を話す必要がある。組織側が会話もできる“使い捨て”要員として日本人を雇ったのではないか」との見方を示している。

◾ SNSで国境超え犯罪、専門家「多国間協力が不可欠」 

 中国の無料通信アプリ「微信」は、中国系組織の関与が疑われる事件で連絡手段としてたびたび使われてきた。SNS(会員制交流サイト)の発達で、国境の壁を越えた組織的犯行が実行しやすくなっており、専門家は「多国間の捜査協力が必要だ」と指摘している。
http://www.sankei.com/smp/west/news/180501/wst1805010048-s1.html 
 

続きを読む

↑このページのトップヘ