中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:訪中

1: みつを ★ 2018/10/26(金) 02:45:52.00 _USER9
2

中国、日本との軍事協力の拡大の用意あり=国防省
政治
2018年10月25日 23:59

中国国防省の呉謙報道官は25日、安倍晋三首相の訪中にコメントし、中国が軍事面での日本との協力を拡大する用意があると表明した。
スプートニク日本

呉報道官によると、双方は「軍事分野での協力を合同で拡大」することで、「存在する対立を解決し、二国間関係や地域の平和と安定の発展に貢献する」用意がある。

安倍首相は25日、北京に到着した。日本の首相が公式訪問の形で訪中するのは7年ぶり。
https://jp.sputniknews.com/politics/201810255503149/ 
 

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/10/26(金) 20:43:23.92 _USER9
スクリーンショット 2018-10-26 23.28.55

 【北京時事】安倍晋三首相は26日午後、北京の釣魚台迎賓館で中国の習近平国家主席と会談した。

 これに先立ち日中両政府は、習主席の来年の訪日実現に向けて調整することで一致した。首相は日中関係の安定化を目指し、首脳の相互往来の定着につなげたい考えだ。会談では、北朝鮮の非核化や自由貿易体制の推進など幅広い分野で意見を交わすとみられる。

 首相は冒頭、「日中の新たな時代を習主席とともに切り開いていきたい」と表明。習主席は「日中関係が正しい軌道に戻り、前向きな勢いを見せている」と語った。

 首相と習主席の会談は今年9月のロシア・ウラジオストク以来で8回目。

10/26(金) 20:17
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000132-jij-pol

続きを読む

1: みそラーメン ★ 2018/09/16(日) 21:24:28.06 _USER9
中国政府が、独自に設けている東シナ海での禁漁期間が16日終わり、東部の浙江省の港から、漁船が一斉に出港しました。
対象となる海域には、沖縄県の尖閣諸島周辺も含まれますが、関係者によりますと、政治的に敏感な海域では操業しないよう指示が出ているということで、日中関係が改善に向かう中、中国政府からとみられる指示が徹底されるのか注目されます。

中国政府が、浙江省寧波の多くの漁船を対象に5月から設けていた東シナ海での禁漁期間が16日で終わり、現地の港では記念式典が開かれました。
現地時間の正午(日本時間午後1時)になって漁が解禁になると、数千隻の漁船が一斉に出港していきました。

対象となる海域には沖縄県の尖閣諸島の周辺も含まれていますが、関係者によりますと、中国当局から、政治的に敏感な海域では操業しないよう指示が出ているということです。
地元の複数の漁業関係者もNHKの取材に対し、尖閣諸島周辺について「漁をしてはいけない区域になっていて、ことしは厳しい」などと話しています。

中国の漁船をめぐっては、おととしは多くの漁船が尖閣諸島の周辺を航行し、一部が日本の領海に侵入して緊張が高まりました。
指示は、中国政府の方針に基づくものと見られますが、安倍総理大臣が来月、中国を訪問する方向で調整が進むなど、日中関係が改善に向かう中、指示が徹底されるのか注目されます。

no title

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180916/k10011632721000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_028

続きを読む

1: Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/07/25(水) 06:17:08.16 _USER9
スクリーンショット 2018-07-25 20.39.38

◆習国家主席の訪日要請 衆院議長、中国首相に
2018/7/24 23:36 共同通信

 【北京共同】大島理森衆院議長は24日、中国の李克強首相と北京で会談し、安倍晋三首相の訪中実現と、その後の習近平国家主席の訪日を要請した。李氏は歴史を踏まえて日中関係を健全に発展させることが「両国首脳往来の好ましい条件となる」と述べた。

 大島氏は会談後の記者会見で「ハイレベルの交流を実現することは両国関係、議会間の友好親善に大きく寄与する」と強調した。

 中国の中央人民放送によると、李氏は激化する米国との貿易摩擦を念頭に、市場開放を続け、中国に対する日本企業の協力拡大を歓迎すると強調。第三国市場で日本との協力を積極的に進める考えも示した。

https://this.kiji.is/394498462853317729

続きを読む

↑このページのトップヘ