中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:言論弾圧

1: 風吹けば名無し 2018/06/06(水) 22:45:02.65
1
「二度目の人生を異世界で」アニメ化中止のお知らせ

アニメ化発表以来、一連の事案を重く受け止め、
本アニメの放送及び製作の中止をお知らせ致します。

みなさま、及び本作品の制作に関わった方々には多大なるご迷惑、
ご心配をおかけしました事、心よりお詫び申し上げます。

「二度目の人生を異世界で」製作委員会
http://nidomeno-jinsei.com/


続きを読む

1: みつを ★ 2018/02/20(火) 04:05:52.05 _USER
43

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL2J4VLVL2JUHBI016.html

2018年2月19日13時18分
 1月31日夜、中国・上海の書店「季風書園(チーフォンシューユワン)」は、歌声に包まれていた。

 Do you hear the people sing?(人々の歌が聞こえるか?)
 Singing a song of angry men?(怒れる者の歌が聞こえるか?)

 ミュージカル「レ・ミゼラブル」で苦しい暮らしを強いられる民衆が歌う曲だ。店を埋めた約500人の客たちが、スマートフォンの画面に浮かぶ歌詞を見ながら声を合わせた。
 この数時間後、店は20年続いた営業を終えた。1997年の開店当時から「自由な思想の表現」を掲げた。民主主義や世界の政治体制に関する本が充実していた。中国社会の問題を議論するサロンも名物で、上海文化の「象徴」と呼ばれた。しかし、当局の圧力でサロンの中止が増え、店の賃貸契約更新は拒否された。新たに受け入れてくれる場所は、上海にはもうなかった。

 2012年に発足した習近平(シーチンピン)指導部の下、言論の引き締めが強まる中国。インターネット上では政府に批判的な発言は次々と削除され、改革派知識人たちは発信の場を失っている。
 そして、多様な考え方を認め合ってきた文化の発信地が、街から姿を消した。(上海=宮嶋加菜子)

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180218001313_comm.jpg

続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/22(水) 23:12:47.50 _USER9
1

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

11月22日 22時04分

中国を訪れている「日中経済協会」の宗岡正二会長が記者会見し、中国政府がインターネット通信の制限など情報統制を強化していることに対し、企業活動に影響を与えかねないとして強い懸念を示しました。

中国では、ことし6月、インターネット通信の制限を盛り込んだ「インターネット安全法」が施行され、政府が情報統制を強化する姿勢を鮮明にしています。

これについて、中国を訪れている日中経済協会の宗岡会長は、記者会見で、「今のままであれば、大変問題だろうと思っている。国際的なルールに照らして問題があれば、政治と経済の両面から問題提起することになる」と述べ、強い懸念を示しました。

また、経団連の榊原会長は「サイバーセキュリティやデータの利活用については、日米を中心とする陣営の考えと中国の対応には、大きな差がある」と述べ、中国の指導部に対し、データ通信の制限で企業活動が妨げられないよう働きかけを強めていくべきだという考えを示しました。


続きを読む

↑このページのトップヘ