1: ごまカンパチ ★ 2018/10/01(月) 07:54:26.84 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000020-jij-n_ame
 米国のブランスタッド駐中国大使は30日付の米紙デモイン・レジスター(電子版)に寄稿し、米中間の貿易紛争をめぐり、
「言論と報道の自由という米国の伝統を利用して、中国政府がプロパガンダを広めている」と非難した。

 中国英字紙チャイナ・デーリーは先に、アイオワ州を拠点とするレジスター紙に4面にわたって意見広告を出し、
「対立は利益を損なう」として、米政府による対中制裁関税発動を批判。
寄稿はこれに反論したもので、ブランスタッド氏は
「北京の新聞スタンドでは、問題の多い中国の経済政策に関する異論が制限され、国民が持っているかもしれない多様な意見を目にすることもない」
と中国側の姿勢に疑問を呈した。

 その上で、中国政府が近年、「市場の改革を減速化あるいは逆行させている」と主張。
「中国の不公正な貿易慣行に対し、米国はさらに強力な対応が必要だという結論に達した」として、制裁関税を正当化した。

続きを読む