中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:観光

1: 名無しさん 2018/02/02(金)06:54:04 ID:???

● 上海も雪でLCCが欠航 宿泊先や食事求め中国人が大騒動
 1月25日、今季最強の寒波が東京に襲来。東京都心では48年ぶりとなる氷点下4度を観測した厳しい冷え込みとなった。

 気象関連のニュースによれば、東京都府中市では観測史上最も低い氷点下8.4度を記録。平年よりも10℃ほど低い強い
寒気が関東上空に流れ込んだため、「まるで日本列島がすっぽり冷蔵庫の中に入ってしまったかのよう」と形容された
厳しい冷え込みとなった。

 実は同じころ、海の向こう側の中国・上海も寒波と雪に襲われた。そのため、東京成田国際空港では、
24日午後10時15分発の上海行きの格安航空会社(LCC)ジェットスター・ジャパン35便が欠航。
175人の中国人旅行客が成田空港で足止めという事態になってしまった。
しかし、これがやがて、集団的な騒動へとエスカレートしてしまう。

 確かに、悪天候による欠航が分かった段階で、速やかに中国語のできる職員を出して対応策などの事情説明を行わなかった
航空会社側の落ち度はある。
そこは今後改善すべき問題点だと思う。しかし、宿泊・飲食のサービス、さらに他の航空会社のエアチケットの
提供を求める中国人旅行客の行動には、より大きな問題があった。

● 抗日時代に作られた国歌を斉唱した 抗議行動に中国国内では厳しい批判
 この騒ぎの中で、ジェットスターの女性スタッフ1人が転倒し、けがをした。
通報でかけつけた警察官が、乱暴したと見られる中国人から事情を聴くため身柄を拘束しようとしたところ、
中国人旅行客が抗日戦争時代に創作された国歌を斉唱し、抗議行動に出た。
 インターネット上では、中国人旅行客が日本で差別的な扱いを受け、警察官から暴行を受けたという説明の動画がアップされ、
瞬く間に中国で広がった。情報発信者は、恐らく愛国心を前面に出して訴えれば、中国国内の支持を広く得られ、
希望通りの事態収拾案が航空会社から提示されると考えたのかもしれない。
 しかし、中国での世論は、情報発信者の期待する方向には向かわなかった。
ネット上では、むしろこれらの中国人旅行客に対し、非常に厳しい批判が浴びせられた。その一部を紹介しよう。

 まず、在日中国人の多くは、「LCCを選んだ以上、このような扱いになるのは全然おかしくない。
LCCの旅客運送約款はこのようになっているはずだ」「旅客運送約款を全く読まずに、ただ泣く子はお乳をたくさん吸えるという、
中国社会在来の意識にばかりへばりついてはだめだ」といった声を上げた。
 飛行機が万が一、事故に見舞われた場合の賠償金は、航空会社によって大差が出る事実を挙げながら、
航空業界の常識を諭す人もいれば、この騒ぎを「契約精神の欠如」「遵法意識が薄い」と一刀両断するジャーナリストや記者もいた。

 中には「175人もいるのに、なぜ日本語のできる人間はいないのか」との声も出ていた。(以下略)

Yahoo!ニュース/2/1(木) 6:00配信 ダイヤモンド・オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180201-00157917-diamond-cn

関連記事
【中国人/迷惑行為】 成田空港で欠航に苛立った中国人男性が暴れる 中国国歌を歌う集団も【動画】[H30/1/28]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517101701/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 80◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516414971/

続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/25(木)08:13:59 ID:???
00

中国の五つ星ホテルで驚きの実態。トイレ掃除に使ったブラシでその後、洗っていたのは、宿泊客が使うコップ。
ずさんな実態はこのホテルだけにとどまらなかった――
    ◇
■3つの“五つ星ホテル”でずさん実態…
明るいロビー。ゆったりとしたリビングに、広々としたベッドルーム。中国最大手の旅行サイトで“五つ星”に分類されている
中国・ハルビン市にあるシェラトンホテル。このホテルで、とんでもないことが行われていた。
中国の記者がシェラトンホテルに潜入取材した際の映像。清掃員が洗面台を洗ったブラシで、そのまま便器の掃除を始めた。さらに――

潜入記者「使用済みのタオル交換しますか?」
清掃員「使ってないでしょ、換えなくていいわよ」
こうした行為が行われていたのは、このホテルだけではなかった。一泊約2万円から5万5000円のハルビン市にあるケンピンスキーホテル。

清掃員「コップはここで洗う。通常は消毒するけどここで洗えばいいよ(Q:うがい用のコップも消毒しない?)うん」
消毒しないというカップを洗っているのはなんと便器用のブラシ。そのまま便器の掃除へ。そして――
清掃員「(Q:ポットの水は?)便器に流して(Q:洗わなくていいの?)洗わなくていいわよ」

今度は、バスタオルを便器の水でぬらし、床掃除。ベッドルームでも。
清掃員「(Q:ベッドの足元に敷く布はいつ換えるの?)決まってない。汚れてなければ換えないわ」
ずさんな清掃の様子。ハルビン市にあるシャングリラホテルでも、コップを洗ったぞうきんでゴミ箱も拭き取り、
便器の水で洗っている。そして、便器を洗ったブラシでカップも洗浄。こうしたずさんな掃除をすることについて、
シャングリラホテルの清掃員が驚きの理由を話した。

清掃員「客がいるときにこうやって洗っちゃだめだよ。規則違反だから(Q:何の規則違反?)通常は浴槽とか便器のブラシは
違うものを使わないといけないけど、面倒くさいから。上司に見つからないように気をつけてやれば大丈夫よ」
こうした行為をする理由について、ケンピンスキーホテルの清掃員は「1日に12部屋清掃するけど、
それ以上できた場合は、一部屋につき12元(約206円)もらえる」と話す。ノルマ以上の仕事を達成し、
給料を上げるために、ずさんな清掃を行っていたのだろうか。

■市当局が行政処分 2つのホテルが謝罪声明 (以下略)

Yahoo!ニュース/日テレ1月24日
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180124-00000088-nnn-int

続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/12(火) 16:51:46.51 _USER9
日本貿易振興機構(ジェトロ)が12日発表した20~40代の中国人の消費に関する意識調査で、「今後行きたい国」として日本が2013年の調査開始以来初のトップとなった。目的は遊園地やテーマパークで遊ぶことが6割を超え、買い物や食事を上回った。桜の観賞も42.3%が希望し、訪日中国人の「コト消費」人気の高まりを裏付けた。
 
ジェトロは「日中関係の改善も進んでおり、インバウンド(訪日客)消費のさらなる増加が期待される」と指摘した。
 
調査は8月、北京、上海、広州など6都市に住む中高所得層の計1224人を対象に実施し、今回が7回目。行きたい国(複数回答)は日本が40.2%で9カ国中1位。前回トップだった米国(39.9%)は2位、イタリア(37.4%)は2位から3位に順位を落とした。
 
旅行の情報源としては、親族や友人からの口コミがウェブなどのインターネット情報を大きく引き離した。日本に対しては「礼儀正しい」「サービスが良い」といったイメージが定着する一方、日本製品の機能や使い方を「分かりにくい」と感じている人も多かった。

時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121200789


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/18(土) 17:21:37.35 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
1

 近年、中国では海外旅行がブームとなっていて、日本は人気の渡航先ランキングで常に上位となっている。
事実、日本を訪れる中国人の数は年々増加しており、日本政府観光局によれば、訪日中国人の数は14年は240万9158人だったが、
15年は前年比107.3%増の499万3689人となり、さらに16年は27.6%増の637万3564人となった。

 17年も9月までの統計で前年同期比11.0%の伸びを示しており、このままの勢いであれば、17年通年の訪日中国人客数は
過去最高を更新することは確実であろう。中国で日本旅行がブームとなっている一方で、日本では中国は決して人気の渡航先ではなく、
相手国への観光旅行という意味では、日本と中国に大きな温度差があると言える。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、非常に多くの中国人が日本を旅行で訪れているというのに、なぜ日本人は中国を訪れたがらない
のかと疑問を投げかけ、その理由は「中国が日本ほど清潔でないからか」と嘆いている。

 記事は、日本は観光業が発達していて、近年は多くの中国人が日本を旅行で訪れるようになっていると指摘。日本と中国の間には
歴史問題が存在し、今なお多くの中国人が日本に対して複雑な感情を抱いているとしながらも、こうした感情も中国人の訪日旅行ブームには
さほど大きな影響を及ぼしていないと論じた。

 続けて、初めて日本を訪れた中国人は目の前に広がる光景の「清潔さ」に驚き、「日本人はまったくゴミが出ない暮らしをしているのか」
と思うほどだと紹介する一方、これだけ多くの中国人が日本を旅行で訪れているというのに、「日本人の間で中国旅行が人気となっている
という話はまったく聞いたことがない」と指摘。しかも、一部の日本人は中国に対し、「大気汚染が深刻で、道路もゴミだらけ」というイメージ
を持っており、こうした点を嫌って中国旅行を避けている可能性があると嘆いた。

全文
http://news.searchina.net/id/1648044?page=1


続きを読む

1: 名無しさん 2017/10/19(木) 07:34:16.91 _USER
日本人と中国人の外見的な差異はほとんどないため、特に欧米人にとって外見から双方を見分けるのは容易ではない。中国メディアの捜狐はこのほど、日本人と中国人を見分けることは可能だというフランス人の見解を伝え、「この見分け方を聞いて、中国人は赤面せざるを得ない」と論じている。

フランスは世界有数の観光立国であり、パリには日本人も中国人も数多く訪れている。記事は、フランス人のなかには、言葉を聞かなくても日本人と中国人を見分けることができる人がいるとし、ヒントは「服装」や「立ち振る舞い」らしいと紹介した。

たとえば、日本人の服装は小ぎれいで、髪型もしっかりとセットしているのに対し、中国人の服装は、バランスなどはあまり考えられておらず、着の身着のままといった人が多いと指摘。また、中国人は髪型にはあまりこだわりがないように見え、歩き方もだらだらとしていて、こうした点から日本人と中国人を見分けているらしいと伝えた。

さらに、日本人は声が小さく、謙虚で礼儀正しい態度であるのに対し、どこでも座り込み、礼儀やマナーを気にせずに大きな声で話をしているのが中国人で、こうした振る舞い方の違いも日本人と中国人を簡単に見分けることができる材料らしいと記述した。

記事は、フランス人の「日本人と中国人の見分け方」は、中国人にとって「恥ずかしい内容」であることを強調し、個人の行為であっても、国外であれば国のイメージを左右するものになると指摘。

中国経済の発展とともに中国人の購買能力が向上し、各国で爆買いしているというのに「未だに歓迎される観光客」になることができないのは、マナーの悪さなどのイメージが大きく関係しているはずだと主張している。(編集担当:村山健二)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171018/Searchina_20171018005.html

296: 名無しさん 2017/10/19(木) 10:28:10.86 
日本でも 見分け方は一緒です。 


303: 名無しさん 2017/10/19(木) 10:37:17.45 
「躾」に尽きるやね 


「教育」の賜物 


泡銭を持ったとしても、所詮は支那土人 


343: 名無しさん 2017/10/19(木) 11:38:49.90
アキバのヨドバシでPCパーツを漁って居るときに横に中国人集団がいて、 
お前ら、こんなフロアの隅っこで人も大して居ないのに 
なんでそんなに大声で話して居るんだ?とは思った事があるね。 
他民族とくらべて難聴なのかな。 


407: 名無しさん 2017/10/19(木) 14:43:31.42
中国人は変な色の服着てるからわかる 

日本人ならスポーツの時以外はあまり着ない蛍光色で街を闊歩している 


496: 名無しさん 2017/10/20(金) 00:30:35.88
中国人はたぶん直らないと思う。いつもだらしないし。 

続きを読む

↑このページのトップヘ