中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:裁判

1: みつを ★ 2019/04/27(土) 23:00:25.27
比大統領が中国主席に南シナ海仲裁判断提起
2019/4/27 18:04
©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】フィリピンのドゥテルテ大統領が25日に開かれた中国の習近平国家主席との会談で、南シナ海を巡る2016年の仲裁裁判所の判断を議題に取り上げたことが分かった。ドゥテルテ氏が中国に仲裁判断を提起するのは極めて異例。https://this.kiji.is/494796727251993697 

続きを読む

1: nemo(アメリカ合衆国) [US] 2018/12/26(水) 22:03:53.17 ● BE:725951203-PLT(26252)
3年以上拘束の人権派弁護士 初公判か 中国

中国で3年余り前に人権派弁護士ら300人以上が一斉に拘束されるなどしたう
ち、唯一1200日以上裁判が開かれていなかった弁護士の初公判が、26日、天
津で行われたものとみられます。人権状況を懸念する声が出る中でも中国当局
は、家族や支援者の行動を制限し、政府批判につながる動きを抑え込む姿勢を
続けています。

人権派弁護士の王全璋氏は、2015年7月以降、中国全土で人権派弁護士ら300
人以上が警察に拘束されたり取り調べを受けたりした際に拘束され、国家の転
覆を図った罪に問われています。

王氏は、同じ時期に一斉に拘束された弁護士の中で唯一、1200日以上裁判が開
かれず、人権状況を懸念する声が出ていましたが、家族への通知などから、26
日午前、天津の裁判所で初公判が行われたものとみられます。

裁判所の周辺は、朝から厳しい警戒態勢が敷かれ、王氏の支持を訴える人もい
ましたが、すぐに当局者に連行されました。

王氏をめぐっては、家族が依頼する弁護士の接見が認められず、健康状態も確
認できない状況が続く中、妻や支援者が抗議を繰り返し、ドイツのメルケル首
相らに直接状況を訴えるなど国際的な関心も集めてきました。

ただ、中国当局は王氏の妻や支援者の傍聴を許可せず、一時自宅から出られな
くするなど行動を厳しく制限し、政府批判につながる動きを抑え込む姿勢を続
けています。【以下略。レスで残りを掲載】
----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181226/k10011760521000.html
no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/10/18(木) 21:14:28.58 _USER9
警視庁丸の内署は18日、東京都千代田区の東京高裁で、男性書記官に六法全書を投げ付けたとして、公務執行妨害容疑で中国籍の無職の女(55)=東京都渋谷区=を現行犯逮捕した。書記官にけがはなかった。女は「本を閉じただけ」などと容疑を否認している。

 丸の内署によると、女は民事裁判の当事者で、書類に署名するよう求められていたという。詳しい状況を調べている。

 逮捕容疑は18日午後3時45分ごろ、書記官室で六法全書や書類を投げ付けた疑い。

2018/10/18 20:16
共同通信
https://this.kiji.is/425613861230117985

続きを読む

1: 荒波φ ★ 2018/09/20(木) 17:01:44.66 _USER
2018年9月19日、遼寧省で「日本人が一番」と語った男性が殺された事件の控訴審が行われ、被告に執行猶予付きの死刑判決が言い渡されたことが中国版ツイッター・微博で伝えられ、注目を集めている。

昨年5月25日、遼寧省盤錦市で酒を飲んでいた当時54歳の男性が、「日本人が一番」「中国を日本に引き渡していれば、きっと今より裕福だったはず」と発言。一緒に飲んでいた当時37歳の男がこの発言に腹を立て、割った酒の瓶で男性の喉を刺し殺害した。

逃走した男はその後逮捕、起訴され、1審で執行猶予2年付きの死刑判決が言い渡された。判決を不服とした被告の男は控訴したが、先日、同省高等法院は1審の判断を支持する判決を言い渡し、刑が確定した。中国では日本とは異なり、2審制が採用されている。

この事件について中国のネットユーザーは「彼(被害者)の言ったことは間違っているが、正しくもある」「本当のことを言った代償だな」などといった感想が寄せられている。

「本当のことを言うからこういうことになる」という感想を残すユーザーの多さに、一部では「ああ、なんと『精神日本人』の多いことか」といった嘆きの声も出ている。

「精神日本人」は「自分は中国人ではあるが、精神的には日本人だと考える人」とされているが、より気軽に「親日」の代わりのような言葉として使われることもある。

また、「日本が中国の手に渡ったら」という話をめぐる議論も起こり、「本当に中国が日本に帰属したら、中国人は奴隷にさせられるだろう」という声や、「経済的には良くはならないだろう。でも教育環境はきっとよくなるはず」といった感想も見られた。


2018年9月20日(木) 16時40分
https://www.recordchina.co.jp/b646167-s0-c30-d0135.html

続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/28(火) 18:02:28.17 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
台湾の与党・民進党の元職員の男性が中国を訪れた際に拘束され、インターネット上で中国政府の批判を繰り返したなどとして、
国家を転覆しようとした罪に問われた裁判で、中国の裁判所は28日、男性に懲役5年の有罪判決を言い渡しました。

台湾の与党・民進党の元職員で、人権問題に取り組んでいた李明哲氏はことし3月、中国を訪れた際に拘束され、2012年以降、インターネット上で中国政府を繰り返し批判したなどとして、国家を転覆しようとした罪に問われていました。

中国、湖南省の裁判所は28日、李氏に対し、懲役5年の有罪判決を言い渡しました。李氏はことし9月の初公判の際に罪を認めていて、判決に対して控訴しないとしています。

一方、台湾当局は今回の裁判をめぐって、家族の面会を拒否されるなど正当な法的手続きが踏まれていないと繰り返し批判していて、
今回の判決について総統府は「判決内容は到底受け入れられず、遺憾だ。男性を速やかに台湾に帰すよう求める」とする声明を発表しました。

中国と台湾をめぐっては、民進党の蔡英文政権が中国側が求める「中国大陸と台湾はともに1つの中国に属する」という考え方を受け入れず、関係が冷え込んでいて、
中国としては裁判を通じて台湾の人たちがインターネット上で中国政府を批判する動きをけん制する狙いもあるものと見られます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171128/k10011238261000.html
no title
9: 名無しさん 2017/11/28(火) 18:07:18.55 
>>1 
中国に行ったら急に逮捕されて人質にされる可能性がある 

55: 名無しさん 2017/11/29(水) 04:48:28.69 
>>1 在中邦人 128000人余もお陀仏やでー 
   なんとでも言いがかりを付けられるわ 

こんな独裁国家に肩入れする目先のゼニに目が眩んだやつはやつは、1937通州事件やでー 
満州国から引揚げ再びの1946通化事件!今度は皆殺しの全滅だろー 

上海なら分かるが・・・・一体いつから台湾が( `ハ´)属国になったんだよー 

国防動員法とともに、脅威な法律だなー 
そんな国から留学生・実習生をの抗日パルチザン・八路軍を、日本に招き寄せているAHO政治家官僚! 


続きを読む

↑このページのトップヘ