中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:蔡英文

1: コリネバクテリウム(茸) [ニダ] 2021/08/02(月) 10:58:19.84 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国ペア破って「金」獲得、蔡総統は「我慢できず東京に電話かけた」…熱狂続く台湾
2021/08/02 06:38

 【台北=杉山祐之、瀋陽=川瀬大介】東京五輪のバドミントン男子ダブルスで7月31日、台湾ペアが中国ペアを破り、台湾にバドミントンで初の五輪金メダルをもたらした。 蔡英文ツァイインウェン 総統は自身のフェイスブックに「我慢できずに東京に電話をかけた」と記し、歴史的勝利を自ら祝福したことを明かした。

 台湾では、卓球男子シングルス準決勝で台湾選手が中国選手をあと一歩のところまで追い詰め、人々が熱狂した。台湾が東京五輪で獲得したメダル数は過去の五輪で最高の成績となっており、台湾メディアは快挙を大々的に報じている。

 一方、中国版ツイッター・ 微博ウェイボー では、敗れた中国ペアをふがいないと批判する投稿や、「台湾は中国なのだから、中国の勝利だ」と主張するものなどがあった。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20210801-OYT1T50210/

続きを読む

1: 蚤の市 ★ 2020/05/20(水) 12:32:57.47
 【台北時事】台湾の蔡英文総統は20日、2期目入りした。蔡氏は就任式で宣誓した後、内外に向けて演説し、関係悪化が続く中国について、「北京当局が『一国二制度』によって台湾を矮小(わいしょう)化することを受け入れない」と強調。中国が掲げる一国二制度による中台統一方針を改めて拒絶した。一方で、2016年5月の1期目就任後から途絶えている中国との公式な対話再開には意欲を示した。

時事通信 2020年05月20日12時12分
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020052000167&g=cov

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2020/03/30(月) 14:50:36.08
https://twitter.com/iingwen/status/1244494296943742976?s=21

志村けんさん、国境を超えて台湾人にたくさんの笑いと元気を届けくれてありがとうございました。きっと天国でもたくさんの人を笑わせてくれることでしょう。
ご冥福を心から祈ります。

スクリーンショット 2020-03-30 21.19.07


続きを読む

1: ガーディス ★ 2020/01/18(土) 03:17:41.02
【北京共同】中国国務院(政府)台湾事務弁公室の馬暁光報道官は16日、台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文総統が英BBC放送インタビューで「われわれは既に独立国家だ」などと答えたことに猛反発した。「台湾はこれまでずっと国家ではない。中国の神聖で分割できない一部分だ」と強調した。

 さらに「この厳然たる事実への挑戦をたくらむなら頭を割られて血が流れ、地位も名誉も失うだけだ」とけん制。「完全な国家主権と領土を守る決心は巨岩のように堅固だ」と指摘し、領土分裂の動きは決して許さないと訴えた。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17674167/

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2020/01/15(水) 22:20:57.41
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020011501196&g=int
蔡総統「台湾は独立国家」 中国は不快感表明

【台北時事】11日の台湾総統選で史上最多得票で再選された台湾の蔡英文総統は英BBC放送のインタビューに応じ、台湾の地位について「独立国家だと宣言する必要性はない。既に独立国家であり、われわれは自らを中華民国、台湾と呼んでいる」と述べた。インタビューは英国時間の14日に公表された。

これに対し、中国外務省の耿爽副報道局長は15日の記者会見で、「中華人民共和国が中国を代表する唯一の合法政府であり、台湾は中国の分割できない一部分だ。『一つの中国』原則は国際社会の普遍的な共通認識だ」と不快感を表明した。

蔡氏はBBCのインタビューで「台湾独立」に対する見方を問われ、与党・民進党の立場を改めて強調。中台統一のためなら武力行使も辞さない方針を示す中国に対し、「われわれは多大な努力をし、能力を高めてきた。台湾を侵略すれば、非常に大きな代償を払うことになるだろう」とけん制した。

2020年01月15日20時36分 時事

続きを読む

↑このページのトップヘ