中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:英国

1: ハイイロネコ(埼玉県) [NL] 2022/01/14(金) 23:50:17.09 ● BE:886559449-PLT(22000)
sssp://img.5ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
「英国は007を見過ぎ」 中国、MI5警告に


中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は14日の記者会見で、中国共産党の組織と連携して活動する女性が、
献金を通じて英国政治に干渉しているとの警告を英情報局保安部(MI5)が発したことに対し、「英国の官僚が根拠に基づかない言論を発表しないよう望む」とクギを刺した。

汪氏は、英国の人気スパイ映画「007」シリーズを挙げて「英国の一部は007の映画を見過ぎだ。
不必要な連想が多い」と発言。「中国は他国の内政に対し、不干渉の原則を一貫してとっている」と主張した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7f6426ef0482870ea22d6d8d215344dc48aef421

続きを読む

1: ニート彗星(茸) [GB] 2021/12/03(金) 18:19:49.86 BE:271912485-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
英MI6長官「中国、世界で大規模なスパイ活動」

【ロンドン=中島裕介】世界有数の情報機関として知られる英秘密情報部(MI6)のムーア長官は11月30日に演説し、中国の秘密情報機関について「非常に高い能力を持ち、英国をはじめ世界の同盟国や友好国に大規模なスパイ活動を続けている」と語った。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR30DB70Q1A131C2000000/



中国政府、「でたらめ」と批判

【大連=渡辺伸】中国外務省の汪文斌副報道局長は1日の記者会見で、同国の情報収集活動に関して警鐘を鳴らした英秘密情報部(MI6)のムーア長官の演説について「中国が大規模なスパイ行為を行ったという説は全くのでたらめだ」と批判した。

「英国側関係者の態度は、事実を歪曲(...

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78065530R01C21A2FF1000/


続きを読む

1: 少考さん ★ 2021/09/16(木) 06:27:29.26
※時事通信

米英豪、太平洋で安保連携強化 対中国念頭、原潜技術供与へ
https://www.jiji.com/sp/article?k=2021091600175&g=int

2021年09月16日06時19分

【ワシントン時事】バイデン米政権は15日、インド太平洋地域の平和と安定維持のため、英国とオーストラリアとの3カ国安全保障連携を強化する方針を表明した。米国が原子力潜水艦関連技術を供与。米政権高官は「21世紀の課題」への対応と語るが、急速に軍事力を拡大する中国を念頭に置いているのは明白で、欧州を巻き込んだ米中の大国間競争が加速するとみられる。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

続きを読む

1: マスク剥ぎ(北海道) [DE] 2021/05/31(月) 23:27:58.97 BE:294225276-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_asapi01.gif
「ウイルスは中国研究所で人工的に変造された」

新型コロナウイルスの武漢研究所流出説が再燃する中、英国の研究者らがウイルスが中国の同研究所で人工的に変造されたことを法医学的に突き止めたと、近刊の学術誌で論文を発表する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b36470ee15dcbe2899f76571ee3d820aa9bb39c

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/13(木) 18:01:49.56
https://www.recordchina.co.jp/b876342-s25-c30-d0193.html
2021年5月11日、環球時報は、英国で中国人女性が白人女性に襲撃される事件が発生したと報じた。

記事は、英メディアの報道として、イングランドの都市シェフィールドで先日、19歳の中国人女子学生が白人女性に襲撃されたと紹介。中国人女性が商店から出てきた際、女性から人種差別的な言葉で侮辱された上で顔をたたかれ、髪の毛をつかまれて地面に引きずり倒されたとしている。

また、倒された後も女から頭を蹴られ、さらにはガラス瓶で頭を殴られたとし、その後シェフィールド大学の職員が身を挺して制止に入ったと経過を説明。女性は負傷して病院に運ばれ、止めに入った職員もガラスの破片でケガを負ったと伝えた。そして、この事件について警察が捜査を進めており、ヘイトクライムと認定したことを紹介した。

英国で発生したアジア系住民に対する新たなヘイトクライム事件について、中国のネットユーザーは「こういうニュースには、心から憤りを覚える」「われわれ中国人を民族主義者という人がいるが、それじゃこういう他人に暴力を振るう輩は一体何なんだと言いたい」「やり返して、中国カンフーの魅力を思い知らせてやれ」「暴力を振るった女がその後どうなったかの情報がないぞ」「まさか精神疾患でおとがめなしにならないよな」「身を挺して女性を守ってくれる人がいた!この人が大事に至らないことを願うよ」「こんな扱いをされるなら、もう海外留学なんてしなくていいよ」といった憤りを示すコメントを多く残している。

また、「海外では、襲撃されたらどうするかということを考えなければ。自衛能力の欠如は、とても危険だよ」「やっぱり、武術は身に付けておかないと駄目だな」「ナイフとか、トウガラシスプレーとか護身グッズを携行すべき」など、アジア人に対するヘイトクライムが頻発している現状で海外生活を送る以上は、自己防衛力をできる限り高める必要があるとの認識を示すユーザーも多数見られた。(翻訳・編集/川尻)

続きを読む

↑このページのトップヘ