中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:自衛隊

1: 名無しさん 2017/08/27(日) 08:21:24.97 _USER9
タイに空自レーダー輸出…防衛省、来月入札に参加 基幹装備、中国牽制なるか 
産經新聞:2017.8.27 06:00更新
http://www.sankei.com/politics/news/170827/plt1708270004-n1.html

 防衛省が航空自衛隊の地上防空レーダーのタイへの輸出に向け、来月下旬に予定される入札に参加することが26日、分かった。
平成26年4月の防衛装備移転三原則の閣議決定で防衛装備輸出に道を開いて以降、東南アジア向けの大型輸出計画は初めて。
東南アジアに自衛隊の基幹装備を輸出できれば中国に対する強い牽制(けんせい)となるが、タイが対中配慮から導入に二の足を踏むとの懸念もある。

 防衛省はこれまで英国向けの海上自衛隊哨戒機やオーストラリア向けの海自潜水艦の輸出で競合国に敗れるなど失敗が続き、大型装備の輸出に成功した事例はない。
タイへのレーダー輸出は当面想定される大型案件としてはラストチャンスと位置づけられる。

 タイに輸出を計画しているのは空自のレーダー「FPS-3」。
三菱電機が製造し、空自は3年から運用を始め、全国7カ所で外国航空機の領空侵犯や領空接近に備え警戒監視にあたっている。

 FPS-3はアンテナを回転させずにさまざまな方向にレーダー波を照射し、多方向からのレーダー波も受信できる高性能のアクティブ・フェーズド・アレイ方式を採用しているのが特徴だ。
航空機などの探知・追尾能力に優れている。

 タイ空軍のレーダーは老朽化し、タイ側から空自のレーダーを導入できないか打診があり、防衛省はFPS-3に改修を加えた上で輸出する方針を固めた。
タイは3基のレーダーを導入する計画とされ、3基とも別々の国から輸入する可能性があり、イタリアなど欧州勢も入札に参加する厳しい受注競争が予想される。

 中国が南シナ海で人工島造成や軍事拠点化を進める一方、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の囲い込みも図る中、防衛装備を通じた加盟国との安全保障協力の強化は対中牽制の意味合いも大きい。
南シナ海で警戒監視の強化を目指すフィリピンに今年3月、海自の練習機「TC90」を貸与したのもその一環だ。

 タイへのレーダー輸出が実現すれば、レーダーの運用・整備での自衛隊による教育訓練や人材育成で継続的に連携を強めることができ、中国空軍の動向に関する情報共有も期待できる。

 ただ、タイは今年に入り中国から通常動力型潜水艦1隻を購入する契約を結び、中国との関係も深めており、中国が空自レーダーを導入しないようタイに圧力をかける恐れもある。
9: 名無しさん 2017/08/27(日) 08:35:55.26 
中国包囲網のためにはやるしかないな。 

21: 名無しさん 2017/08/27(日) 08:43:42.99 
>>9 
東南アジアの国はほとんど中国に取り込まれてるから巻き返しは難しんじゃないかな。 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/17(木) 23:02:02.48 _USER9
自衛隊に広がる「異国の血脈」――中国人の「親・妻」を持つ隊員が増加(選択出版)
8/17(木) 9:30配信 選択出版

 中国人を筆頭に外国人の親を持つ日本国籍の自衛隊員、異国の血脈を受け継ぐ配偶者や内縁の妻と
暮らす自衛隊員の急増している――。俄かには信じがたいが事態はすでに深刻化しており、
自衛隊はスパイ行為の可能性に危機感を強め、親や配偶者の国籍を報告させているが、あくまでも
自主申告。二〇一三年に報じられたデータによれば、二十万人を超える自衛隊員のうち、総計で
八百人の隊員の配偶者が外国人で、このうち七割弱を中国人が占めた。しかしある防衛省OBは
「(この数字は)実態を反映していない」と語る。
 二〇〇七年一月、神奈川県横須賀市の海上自衛隊第一護衛隊群に所属する二等海曹がイージス艦
情報を含む「特別防衛秘密」を持ち出し、自宅のフロッピーディスクと大容量のハードディスクに
保存。その妻が中国人で不法滞在者だったことが発覚の端緒となり、神奈川県警と海自警務隊が
捜索を行うという事件があった。
 この事件後、防衛省・自衛隊はすべての隊員に定期的な身上調査で、これまで名前だけだった
配偶者の国籍も明記するよう変更した。そして特に中国人と結婚した隊員は「暗黙の了解」で
防衛機密と全く関係のない任務にしか就けないようになった。ただこれも自主申告であり「隊員が
情報関係の任務を希望する場合、虚偽の報告をする可能性は捨て切れていない」(自衛隊OB)。
また、内縁の妻が外国人のケースは調査から漏れる。
 防衛省・自衛隊にとって盲点になっているのは、インテリジェンスを担う情報本部の専門職員の
採用と、幹部隊員を養成する防衛大学校の入学生。ここに親が中国籍の人間が潜入しているといい、
日本の防衛機密は危機に瀕している。
選択出版(株)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00010000-sentaku-soci
302: 名無しさん 2017/08/18(金) 01:49:20.30 
>>1 
やば過ぎワロエナイ 


なんでシナ嫁貰うんだよ 
そんな奴は自衛隊辞めろ 

433: 名無しさん 2017/08/18(金) 05:16:08.00 
>>1 
これじゃあ防衛機密なんて無いも同然だろ 

452: 名無しさん 2017/08/18(金) 06:31:17.95 
>>1 
なんだっけ、ずいぶん前に毎日朝日あたりで自衛隊入隊時の素行調査で戸籍提出か何かで、調査自体大反対キャンペーン張ってたよな 

世論誘導されて調査自体自体無くなったんだが、結果これだよ 

654: 名無しさん 2017/08/18(金) 10:03:16.94 
>>1 
中国が意図的に進めているからな。 
自衛隊は戦わずして既に負けている。 
国家間の戦争はドンパチやるだけでは無いということ。 

711: 名無しさん 2017/08/18(金) 10:59:48.73 
>>1 自衛隊員が外国人と親族とかあり得ないわ。 
きちんとバラバラに配属してしっかり監視しろよ。 
あと、間違っても出世させんじゃねえぞ。 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/07/30(日) 14:35:55.24 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
no title

no title

no title

大悟 @HDaigo0510
オイ アホメディア
自衛隊員の使ってる銃
89式小銃じゃないやん
これ左腕のワッペン.....中国やないか
自衛隊はいつから人民解放軍になったんや

https://twitter.com/HDaigo0510/status/890895940910891009


続きを読む

1: 名無し 2017/02/15(水) 07:35:36.36 _USER9
領空侵犯のおそれがある国籍不明機に対する、自衛隊機の
スクランブル=緊急発進が、今年度は先月下旬までの10か月間で
1000回を超え、冷戦時代の年間の数を上回ってすでに過去最多に
なっていることが、防衛省関係者への取材でわかりました。
特に中国機への対応が多く、防衛省は警戒と監視を続けています。

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170215/k10010876931000.html 
2: 名無し 2017/02/15(水) 07:37:49.31 
今は戦前だからな 

52: 名無し 2017/02/15(水) 08:34:05.56 
>>2 
> 今は戦前だからな 

その認識は正しいと思う。 
100年後、2017年の歴史を振り返ったならば「戦前」と記録されてるだろうな。


続きを読む

↑このページのトップヘ