中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:移民

1: 名無しさん 2018/02/14(水) 10:45:48.53 _USER9
 埼玉県川口市北部の安行地域で中国の外来種のセミ「プラティロミア・ピエリ」が生息し、
繁殖していることが埼玉大学の林正美名誉教授(昆虫分類学など専門)らの調査で確認された。
同市の市民から「安行で聞き慣れないセミの鳴き声の大合唱を聞いた」などの情報があったことから、
調査チームを結成し2016年と17年に分布や生息状況、生態調査を実施し、プラティロミア・ピエリと確認した。
同名誉教授によると、日本で生息が確認されたのは初めて。

 生息環境が違うため、在来種のセミ類への影響はないとみられるが、
同名誉教授は「生態や生息の有無を全国で調査する必要がある」と話している。どのようなルートで日本に侵入し、
定着・繁殖したかなどが、今後の調査課題だという。

 このセミは、中国大陸東部の浙江省からベトナムに至る地域に広く分布する。学名がプラティロミア・ピエリという大型種で、
アブラゼミより一回り大きい。羽が透明で、羽化した直後の体は美しい淡緑色。成虫は暗緑褐色になる。
中国での研究によると、卵のまま約1年を過ごし、幼虫は土中で5年かけて成長したのち成虫になるとされている。

 ツクツクボウシの近縁の仲間であり、セミ類としては異色のタケに依存することから、
同名誉教授らは「タケオオツクツク」と名付けることを提案している。

 調査チームは同名誉教授のほか、NPO埼玉県絶滅危惧動物種調査団の碓井徹代表(64)、
埼玉昆虫談話会会員の植村雄一さん(51)ら13人。

 16年は8月から9月、17年は5月から9月末まで調査を実施。その結果、川口市北部の安行地域や
隣接するさいたま市南部などの狭い範囲の10カ所で鳴き声や目視で生息を確認した。

 タケの細い枯れ枝に産卵する様子も観察された。同名誉教授は「寄主植物がタケ類であることが明らかになった」とする。
成虫はタケ類のほかに、シラカシなどから汁を吸う姿も見られ、広葉樹からも吸汁することが分かった。

 モウソウチクなどの竹林などの高所の葉陰で、日没前後30~40分の時間帯に限って鳴くため、
姿がなかなか見えない。羽化の途中をスズメバチに襲われる場面も観察され、天敵がいることも分かった。

 同名誉教授らは今年も調査を続ける方針。「分布範囲の把握と今後の動向を注意深く見ていく必要がある。
埼玉での発見や調査結果の公表を契機に、全国で生息の有無を調査してほしい」と話している。

 同名誉教授らの調査に、川口市の奥ノ木信夫市長は取材に対し「驚きだ。地球温暖化の影響もあるのではないか。
川口は宅地開発で緑が減り、セミなど昆虫が減っている中で繁殖していることは、よほど繁殖力が強いのだろう。
(同名誉教授らの)専門家による調査の行方を見守りたい。有害と分かれば対策を取ることになる」と語った。


2/14(水) 2:50配信 埼玉新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00010000-saitama-l11
画像
プラティロミア・ピエリ(タケオオツクツクの雄)
no title


続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/18(木) 21:36:19.88 _USER
http://news.searchina.net/id/1651820?page=1

 カナダや米国に中国系移民が数多く存在するように、中国にはより良い暮らしを求めて海外に出る人がいる。中国メディアの今日頭条はこのほど、生活の質や医療水準に対する人びとの要求水準が高まっている中国では、移民を望む人も少なからず存在し、日本で暮らしたいと願う人は多いと伝えている。

 記事は、中国では完備された社会制度や健全な法律体制、さらには、子どもたちの輝かしい未来を求めて移民したいと考える中国人は少なからず存在することを紹介する一方、米国やカナダ、オーストラリアなどは移民に必要となるコストが莫大だと指摘。

 だが、日本は簡単に移民こそできないが、中国人に「移民したい」と思わせる魅力があるのも事実であると主張し、その魅力について紹介した。まず1つ目は、「環境の良さ」であり、大気汚染が深刻な中国と違って日本は都市部でも新鮮な空気を吸うことができると指摘し、環境の良さが健康的な暮らしにつながると論じた。

 さらに、日本の「教育」も魅力の1つであるとし、子どもを甘やかすことが普通の中国に対し、日本は子どもの自主性や独立心を大事にした教育を行っていると紹介。さらには、日本の医療水準の高さも魅力であるとし、中国人の生活水準は経済発展によって高まり続けているものの、日本とはまだ大きな差があるのが現実だと指摘。日本と中国には歴史問題などのわだかまりがあるものの、より良い暮らしができる国で暮らしたいと思うのはごく当たり前のことだと論じている。


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/20(水) 15:50:37.33
日本で暮らす中国人の数は年々増加傾向にある。在留外国人統計によれば、
2017年6月末における在日中国人の数は71万1486人となり、
前年に比べて3万人以上も増加した。ビジネスや留学など、日本に滞在する目的は様々だが、
こうした中国人のなかには「日本に移民したい」と願う人も少なくないようだ。

中国メディアの捜狐は16日、
日本に移民したいと願う中国人は少なくないと伝えつつ、その理由の1つとして
「中国より充実した社会保障制度」を挙げている。

記事は、中国では自国の社会保障制度を充実させるうえでは
「同じアジアの日本」を参考とすべきという意見もあるほどだと指摘し、
どのような社会保障制度が中国人から見て「羨望」の対象なのかを紹介している。
まず、記事が挙げたのは「出産」や「子育て」に対する支援であり、
日本では出産育児一時金として42万円が支払われると伝えたほか、
児童手当など手厚い支援を受けられると伝えた。

さらに外国人であっても国民健康保険に加入することで
医療費は一部を負担するだけで済むと指摘し、
日本の社会保障制度は外国人だからといって「差別」されることはないと指摘。
同時に教育を受ける権利なども保障されているとしたほか、
社会インフラが整備されているため、障がいがある人も暮らしやすいと指摘。

中国に比べて圧倒的に充実した日本の社会保障制度は中国人に「移民したい」と思わせるほどであり、
中国は国内総生産でこそ日本を超えたが、
「社会福祉」という観点から言えば「日本に圧倒的に負けている」と伝えている。(編集担当:村山健二)

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171220/Searchina_20171220005.html


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/05(火) 13:43:50.75 _USER9
市川市内を流れる江戸川放水路河川敷で、カキの殻が大量に捨てられ、問題になっている。

地元住民らによると、数年前からカキを採りに来る中国人が増えて以降、河川敷が大量のカキ殻で埋め尽くされるようになった。

河川敷は地元住民が水辺に親しむ場にもなっており、子どもが転んでカキ殻でけがをする事例も相次いでいることから、
安全確保のため国や市、地元の環境保全団体などがカキ殻を回収する対策に乗り出した。

河口から約1キロの同市妙典の河川敷で4日、国と市、地元自治会などからなる「江戸川放水路水面等利用者協議会」のメンバーら約70人が
午前9時半から約2時間、カキ殻の回収作業にあたった。

地元住民の要望を受けた初の試み。コンクリートブロックの上に積み重なった殻をスコップなどでかき出し、撤去したカキ殻は約30トン。
周辺の河川敷は約1キロにわたってカキ殻が捨てられており、推定100トンに上る。

河川敷のパトロール活動などに取り組んでいる「妙典河川敷の環境を守る会」の藤原孝夫会長(76)によると、
海水が入り交じる放水路はカキが生息し、数年前から大潮に合わせてカキを採りに来る人が増えた。

多くは5~10人の中国人グループで、多いときは100人以上になることも。
殻だけを河川敷に捨てて帰ってしまうことが多々あるという。

「注意しても日本語が分からないふりをして聞かない。取り締まるための明確なルールがないため、見掛けたら注意することしかできない」と憤る藤原会長。
河川敷で遊んでいた子どもが転んでカキの殻でけがをし、救急車を呼んだケースが今年に入って3件あり、対策が急務だった。

 回収作業をしたこの日も作業終了直後に早速、キャリーバッグを持ってカキを採りに来た中国人の姿が。

父親と2人で埼玉県から電車で来たという中国・福建省出身の女性は「友達からカキが採れると聞いて来た。自宅で料理して食べる。
揚げ物にすると美味しい」と話した。女性は回収作業の参加者から殻を河川敷に捨てないように注意され「殻は持って帰る」と約束した。

 河川を管理する国交省江戸川河川事務所によると、カキ殻は清掃の対象外のため、これまで放置されてきたのが実情。
放水路は江戸川の水害を防ぐためにもともと陸地だったところを切り開いて川にした経緯があり、漁業権が設定されていないため、
カキを採る行為自体は規制できない。カキの殻を捨てる行為は不法投棄にあたるが、取り締まりが難しいという。

同事務所の森川卓占用調整課長は「地元と連携して回収作業に取り組むことが、カキ殻を捨てる人に対するプレッシャーを強めることにつながる」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00010009-chibatopi-l12

回収作業でできたカキ殻の山=4日午前11時ごろ、市川市の江戸川放水路河川敷
no title


江戸川放水路で河川敷のコンクリートブロックに付着したカキを採る中国人(画像は一部加工)=4日午前11時半ごろ、市川市妙典
no title


続きを読む

↑このページのトップヘ