中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:環境問題

1: みつを ★ 2019/03/30(土) 00:19:46.51
スクリーンショット 2019-03-30 8.51.13

北京、黄砂で大気汚染
6段階で最悪レベル
2019/3/30 00:12
©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国北京市の一部地域が29日、内モンゴル自治区などから飛来した黄砂の影響で、6段階で最悪レベルの大気汚染に見舞われた。

 中国メディアによると、同日午後6時(日本時間同7時)、粒子状物質「PM10」の市平均の濃度が1立方メートル当たり380マイクログラムに達した。一部地域では一時、同680マイクログラムを観測したという。

 市環境当局は、30日には大気の状況が改善すると予測している。

 黄砂は春に多く見られる。
https://this.kiji.is/484379963843118177?c=39550187727945729 
 

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2019/03/07(木) 06:58:46.14 BE:123322212-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
中国、汚染源扱いに不快感=韓国のスモッグ「証拠は?」

 【北京時事】中国外務省の陸慷報道局長は6日の記者会見で、韓国の文在寅大統領が中国と共同で大気汚染対策を検討するよう
指示したことをめぐり「韓国のスモッグが中国から来たという十分な根拠はあるのか」と不快感を示した。
 韓国では中国の大気汚染物質が風に乗って運ばれているという見方が広がる。文氏は中韓の間の黄海で人工降雨を実施し、
汚染物質を海に落とす意向すら示した。
 陸氏は中韓の協力を「もちろんいいことだ」と肯定したが、「スモッグの原因は大変複雑で、科学的態度を要する」と指摘。
ソウルの微小粒子状物質PM2.5濃度が最近高まったという韓国側報道を引用しながら「北京ではそれほど高くなかった」と述べ、
関連性を打ち消そうと躍起だった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019030601177&g=int

続きを読む

1: みつを ★ 2019/02/18(月) 04:30:52.25
1

爆竹禁止措置の効果あり 春節期の北京市のPM2.5平均濃度、前年比で半分に
2019年2月17日 15:12 
発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

【2月17日 CNS】中国・北京市環境保護監測センターの発表によると、今年の春節(旧正月、Lunar New Year)期間は、同市の爆竹禁止制限措置などの影響もあり、空気の品質は比較的良好だったことがわかった。大みそか(2月4日)から10日までの北京市のPM2.5の平均濃度は1立方メートル当たり38マイクログラムを記録し、前年の78マイクログラムから40マイクログラム減少した。下降率は51.3%だった。

 環境保護監測センターによると、爆竹が集中して使われる大みそか夜から元日早朝にかけての濃度は、前年同時期に比べ45.7%減少。ピーク時の濃度は1立方メートル当たり177マイクロでグラム、同様に前年同期比で34.9%減少している。

 大みそかの時間帯別濃度では、1立方メートル当たり150マイクログラムの重度汚染状態の時間帯が4時間ほどあったが、汚染度が極めて高いとされる250マイクログラムは一度も越えなかったことから、昨年と比べても明らかな改善が見られたとしている。(c)CNS/JCM/AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3211288?act=all 
 

続きを読む

1: 安倍ちゃん ★ 2019/01/19(土) 08:01:44.90
中国政府は、昨年5月太陽光発電からの電力に関する固定価格買取制度(FIT)の対象設備量に突然上限を設定し、実質的なFITの打ち切りを行った(『中国太陽光バブルついに終焉へ、世界の太陽光発電市場は曲がり角に』)。
このため、太陽光発電設備の導入量は年初の予想量を下回ることとなったが、それでも累積導入量はむろんのこと、新規導入量でも依然世界一の地位を維持している。
中国の太陽光と風力発電設備量は世界の約3分の1を占める。

 設備生産面でも中国は世界の太陽光モジュールの6割の生産を担っているが、中国が世界一なのは、再エネの発電設備・発電量とモジュール生産だけではない。
再生可能エネルギーに関する特許件数でも、中国は米国、日本を抜き世界一になっている。

 中国はあらゆる面から再エネ大国になったが、中国が再エネの覇権を握ることにより世界のエネルギー安全保障にも影響が生じる。
例えば、大量の天然ガス、原油、石炭の欧州向け輸出を行い、欧州への強い影響力を維持しているロシアは、需要国での再エネの導入により輸出量が減り徐々に力を失う。
化石燃料輸出国に代わり台頭するのは、再エネ関連の特許を持ち、EV用電池生産なども行う中国だ。

 中国は電力需要増に直面し、大気汚染問題から競争力のある石炭火力の新設ではなく、再エネ導入の道を選択したが、電力需要が大きく伸びない先進国の事情は異なる。
温暖化対策として再エネ導入を進める日本は、FITなどの負担増による電力価格上昇に悩まされている。
事業用設備のFIT制度を打ち切ったドイツでも、20年間継続するFITの負担金は大きくその額は日本の3倍近くになっている。
大市場を持つ中国に覇権を握られるなかで先進国は再エネにどう取り組むべきか考えるべきことは多い。(※つづき有り)

(ソース)
中国の再エネ覇権が世界の地政学を変える
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00010005-wedge-cn
1/18(金) 12:31配信

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/11/14(水) 19:32:10.85 _USER9
1

北京、今冬最悪の大気汚染=米中摩擦も要因?
時事通信(2018/11/14-16:47)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111400917

 【北京時事】中国・北京市は14日、今冬最悪の大気汚染に見舞われた。微小粒子状物質PM2.5の濃度は一時、1立方メートル当たり300マイクログラム超と、中国の環境基準の約9倍に到達。幼稚園や小中学校で体育など屋外活動が禁止されたほか、多くの高速道路が視界不良のため閉鎖された。

 中国環境科学研究院の担当者は現地メディアに対し「風が弱く、湿度も高いなど悪条件が重なった」と解説。北京など北部で、各家庭などへの公的な暖房供給が15日からの正式開始を前に始まっていることも要因との見方を示した。

 北京周辺の大気は昨年冬、暖房燃料のガス化や石炭の使用禁止、工場の減産などにより急激に改善した。しかし、中国政府が今年9月に示した冬のPM2.5削減目標は前年実績を大幅に下回る3%減。汚染源の企業に対する減産数値目標も見送った。専門家からは「米中貿易摩擦に伴う景気減速に配慮したのではないか」との見方も出ている。(2018/11/14-16:47)

続きを読む

↑このページのトップヘ