中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:民族浄化

1: ニライカナイφ ★ 2019/03/27(水) 06:34:09.42
◆ 中国国歌斉唱に豚のみの食事、イスラム教徒が語るウイグル強制収容所

中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の再教育施設での1日は早朝の国歌斉唱と自己批判から始まり、そして多くの場合、豚のみの食事で終わる──施設で行われている洗脳について、かつて収容されていたイスラム教徒が詳細に証言した。
国連(UN)の専門家によると、中国国内で最大のイスラム少数民族であるウイグル人の大半が暮らす新疆ウイグル自治区では現在、厳重な警備が敷かれる中、イスラム教徒およそ100万人が再教育施設に収容されている。

中国政府はさまざまな疑惑に反論し、イスラム過激思想対策として施設を運営していると一貫して主張している。
少数民族カザフ人のオムル・ベカリ(Omir Bekali)さんはカラマイ(Karamay)の施設に数週間収容され、昨年トルコに逃れた。

ベカリさんは施設での生活について、教育などではなくトラウマだったと振り返る。
イスタンブールの自宅で取材に応じたベカリさんによると、収容所の目的はただ一つで、被収容者の信仰を剥ぎ取ることだったという。

「毎朝7時から30分間、被収容者たちは中国国家を歌わされた。40人か50人で壁に向かい、一緒に歌った」
カザフ人男性が身に着ける帽子をかぶったベカリさんは、「私は全くもって歌いたくなかった、しかし毎日繰り返され、今でも体に染みついている。1年がたつというのに、あの歌がまだ頭の中で鳴り響いている」と語った。

■豚を食べ、中国語を話せ

ベカリさんは新疆ウイグル自治区でウイグル人とカザフ人の両親の下に生まれ、中国出身の多くの少数民族同様、仕事を求めて2006年にカザフスタンに渡り、そこでカザフ国籍を取得した。
だが2017年に出張で新疆ウイグル自治区に戻った際、ベカリさんは逮捕され、「テロリズム」を支援した罪で7か月間収監された後、再教育施設に送られた。

ベカリさんによると、収容所ではイスラム教徒にとって聖なる日である金曜日に豚肉を食べることが義務付けられていた。
イスラム教では豚肉を口にすることは禁じられている。

また被収容者は当局から「生徒」と呼ばれ、中国語以外の言語を話すことを禁じられていたほか、礼拝やひげを伸ばすことも、当局が宗教的な過激化の兆候とみなしていたため許されなかったという。
ベカリさんは2か月ほどで施設を出られたが、カザフ当局の介入があったからだとベカリさんはみている。

中国にいる家族たちが危険にさらされるのを恐れ、多くの人が沈黙を貫いている一方、ベカリさんは収容所の状況を語ることができる数少ない生存者の一人として、海外で行われる国際会議などに出席して自らの経験を証言し続けている。
ベカリさんには今も中国にいる両親ときょうだいがいるが、連絡は一切ないという。

施設から釈放された後、ベカリさんは妻や子どもたちと共にカザフスタンを離れ、トルコに移住した。
中国とは「もっと距離を置く」つもりだと、ベカリさんは語った。

【写真】拘束の様子を再現するオムル・ベカリさん
no title


AFPBB News 2019/3/26(火) 20:01
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000040-jij_afp-int&p=1

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/03/16(土) 13:55:36.05 BE:448218991-PLT(13145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
ウイグル族収容「徐々に縮小」 中国次官、国連人権理で演説
 【ジュネーブ共同】中国の楽玉成外務次官は15日、国連人権理事会の会合で演説し、
新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族らの収容施設について「暴力テロ防止のための再教育が
目的だ。教育が終われば規模を徐々に縮小していく」と述べた上で、将来的な閉鎖もあり得ると説明した。

 国際社会の批判を交わす狙いとみられるが、自治区ではウイグル族抑圧への不満が強く、
中国当局が実際に施設の縮小に乗り出すか不透明だ。

 楽氏は施設について「収容キャンプではなく寄宿舎やキャンパスのようなものだ」と強調。「再教育」の
効果により「過去27カ月間、自治区で暴力テロが起きていない」と訴えた。
https://www.daily.co.jp/society/world/2019/03/16/0012151192.shtml

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/20(水) 14:16:30.84 9
【2月19日 AFP】
中国青海(Qinghai)省の当局は18日、地元寺院で非正規に行われていたチベット語の授業への生徒の出席を禁止したことについて、こうした授業は「違法」だとして禁止を擁護した。中国の信教や文化の自由をめぐっては抑圧が強まっている。

 チベット自治区(Tibet Autonomous Region)と接する青海省はチベット人の住民が多く、そのほとんどは仏教を信仰している。チベット語の授業は省西部の県で学校の冬休み中に僧侶らが行っていた。チベット語は学校の正式なカリキュラムから排除されていることから、それを子どもが学べる機会として親たちの間で人気を集めていた。

 だが県当局は昨年12月、即時中止を命じた。チベット人の生徒に対しては、昨年の夏にも、休み中に宗教活動に参加することが禁止されていた。

 青海省政府は18日、AFPの取材に対し、こうしたチベット語授業は「違法」であり、授業が行われていた寺院についても、生徒を教えるには「設備が不十分」で「安全上問題がある」と指摘。禁止に従わない寺院と僧侶は「法律に従って処罰される」とした。

 中国共産党は、イスラム教徒が住民の大半を占める新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)でイスラム教への締め付けを強めて以降、少数民族が多く住むほかの地方でも同様の禁止措置を取っている。(c)AFP

no title

http://www.afpbb.com/articles/-/3211789

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/12/16(日) 07:59:36.81 _USER9
“100万人収容” ウイグルで何が起きているのか
no title

NHK 2018年12月14日 15時51分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181214/k10011746441000.html

かつて中央アジアを横断する「シルクロード」だった中国の新疆ウイグル自治区。2000万人を超える人口のうち、イスラム教を信仰するウイグル族が半数近くを占めています。中国政府は長年、ウイグル族の分離・独立運動への警戒を強めてきました。この地で今、テロ対策を名目に、ウイグルの人たちが次々と中国当局の「収容所」に入れられているというのです。その数は「100万人に上る」という指摘もあります。取材を進めると想像を超えた実態が浮かび上がってきました。(国際部記者 篁 慶一)

●「家族に会いたい」 悲痛な訴え

中国西部に位置する新疆ウイグル自治区。中国全体のおよそ6分の1を占める広大な大地は、かつて中国とヨーロッパを結ぶ東西交易路「シルクロード」として栄えました。

2010年撮影
no title


毎年3月21日は、この地で半数近くを占める少数民族、ウイグル族の「お正月」。イスラム教を信仰するウイグル族の人たちが大勢で食事をしながら歌や踊りを披露する「ノルズ祭」という伝統行事が各地で行われます。

ところが、日本に住むウイグル族はことし、この伝統行事を中止しました。

日本には2000人から3000人のウイグル族が住んでいると言われていますが、その多くが故郷の家族と連絡が取れなくなっているというのです。

「こんな状況では楽しむ気持ちになれない」

それが中止の理由でした。ウイグルでいったい何が起きているのか。私はことしの春以降、日本に住む30人以上のウイグル族の人たちから話を聞いてきました。

no title


その結果、彼らはこの2年ほどの間に、突然家族との連絡が途絶えたり、家族から「連絡しないで」とお願いされたりしていたことがわかりました。中には「家族や親族の中に『収容所』に入れられた人がいる」と打ち明けた人も多くいました。

国際的な人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は、新疆ウイグル自治区で今、テロ対策を名目に、不当に拘束されて当局の「収容所」に入れられるウイグル族が急増し、「信頼できる推計で収容された人は100万人に上る」と指摘しています。

no title


また、海外に住む家族や知人と連絡を取るだけでも拘束されるというのです。

取材を通じて、「家族に会いたい、声を聞きたい」と涙ながらに訴える人に何人も出会いました。

その1人、グリスタン・エズズさん(34)は、おととし、故郷で弟のアスカル・ベクリさん(21)が中国当局に連行され、一切連絡が取れなくなったといいます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181214/K10011746441_1812141413_1812141443_01_06.jpg

「私が日本に暮らし、弟と連絡を取っていたので拘束されたのかもしれません。弟は無事なのか本当に心配です」

グリスタンさんは、弟が「収容所」に入れられていると考え、不安な日々を過ごしています。

弟のアスカル・ベクリさん
no title


●「収容所」の実態は



続きを読む

1: nemo(アメリカ合衆国) [RO] 2018/11/28(水) 23:56:12.45 ● BE:725951203-PLT(26252)
----------
著名な中国人写真家 連絡取れず “当局が拘束”と家族訴え

中国が抱える社会問題を取材し、数多くの国際的な賞を受賞してきた著名な中
国人写真家が、先月、新疆ウイグル自治区を訪れたあと連絡が取れなくなって
いると家族が明らかにし、中国当局に拘束されたとして解放するよう訴えてい
ます。

連絡が取れなくなっているのは中国人写真家の盧広さん(57)です。

盧さんはこれまで、環境汚染や貧困など中国が抱える社会問題の実情を写真に
収めて発表し、数多くの国際的な賞を受賞してきました。

アメリカに住む盧さんの妻が、今月26日ツイッターで明らかにしたところによ
りますと、盧さんは先月、写真のイベントに参加するため新疆ウイグル自治区
を訪れたあと、今月3日から連絡が取れなくなっているということです。

その後、盧さんは、イベントの関係者1人とともに現地の警察に連れ去られた
と、この関係者の家族から連絡を受けたということで、家族は中国当局に拘束
されたとして解放するよう訴えています。

中国の新疆ウイグル自治区では、イスラム教を信仰する大勢のウイグル族の人
たちが、テロ対策を名目に当局の収容所に入れられ、不当に拘束されていると
して国際社会から懸念の声が相次いでいますが、当局の規制が厳しく、自由に
取材することが難しいのが現状です。

フリーの写真家として活動していた盧さんはことし4月、NHKの取材に対し、
「中国の多くの記者は規制を受け、やりたい仕事ができないが、私のような自
由な立場は、当局の監督を受けずに撮りたいものを撮ることができる利点があ
る」と話していました。
----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181128/k10011726691000.html
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ