中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:民度

1: サーバル ★ 2018/11/09(金) 11:09:05.25 _USER9
スクリーンショット 2018-11-12 21.25.23

QRコードを利用した犯罪は主に2つのパターンがある。スマホにウイルスを感染させることで、利用者のウォレットから金を盗むというものと、自前で作ったQRコードを上から張り付けて、自分の口座にお金を落とさせるものだ。

中国全土でシェアサイクルに火が付いた2017年には、中国には自前のQRコードを何百枚と印刷し、夜中に張り付けて回る“窃盗団”も出現した。QRコードからリンクをたどっていきついた先で、ユーザーの身分証番号、カード番号、携帯番号など重要情報を盗み取られる被害も続出している。セキュリティのゆるいQRコード決済からの「巻き上げ」など朝飯前だ。


しかも、ひとたびトラブルに直面すると、泣き寝入りするしかないのが中国社会だ。アリペイのウォレットから5万2000元(約80万円)を盗まれた青年の怒りは、“盗っ人本人”ではなく「損害賠償の拒絶」に向けられたものだった。

この青年は、アリペイに損害賠償を申請しようとしたら「あなたの損失は損害賠償の範囲には含まれない」とけんもほろろに一蹴された。青年は約款を熟読し、何度となくアリペイ側に掛け合い、その交渉に1か月を費やしたものの、結局取り戻せたのはたった2000元(約3万2000円)。

損失の補償額はケースバイケースだろうが、青年がネット上で公開する交渉の記録からは、保険を掛けさせておきながらいざとなれば申請を回避しようとする、企業側の対応の冷淡さが伝わってくる。

筆者のかつての上海での生活がそうだったように、中国社会では“万事諦め”が肝要である。トラブル解決にいざ問い合わせをしても、音声ガイダンスによってたらい回しにされてしまう。たとえ消費者が善意無過失でも、その合法的権益はなかなか保護されにくいのだ。

中国インターネットネットワーク情報センター(CNNIC)によると、中国におけるスマホユーザーは7億5300万人、スマホ決済の利用者は5億2700万人にも上るというが、本当はみんな“震える指”でスマホの決済ボタンを押しているのではなかろうか。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58098?page=2

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/02(金) 14:59:06.13 _USER9
人民日報
https://twitter.com/PDChina/status/1058203342139092992
People's Daily,China認証済みアカウント@PDChina
Videos capture the moment a bus in SW China's Chongqing lost control after a driver-passenger fight and plunged into the Yangtze River on Oct. 28, killing 15 people aboard the bus.

https://twitter.com/okasanman/status/1058229059832823814

関連ニュース
バスが乗用車と衝突し長江に転落、2人死亡 中国・重慶市(10月29日18時34分)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3509864.html

中国・重慶市で路線バスと乗用車が衝突 長江に転落
https://www.youtube.com/watch?v=C3WL9AF0ZJU


https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: みつを ★ 2018/10/28(日) 22:53:05.00 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3194981?act=all

道に高級品ばらまいた姿をネット投稿、中国で流行 パロディーも
2018年10月28日 20:57 
発信地:上海/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

【10月28日 AFP】中国の裕福なインターネットユーザーの間で、自分が所有する高級品を道路にばらまき、それらと共に路上に伏せるように横たわる自身の姿をネットに投稿することが流行している。一方で、こうした新たな富裕層をからかう画像も次々に登場し始めた。

 中国版ツイッター(Twitter)の微博(ウェイボー、Weibo)で流行しているのは、「炫富挑戦(Flaunt Your Wealth、富を見せびらかせ)」などと呼ばれるネットチャレンジ。これまでに見られた回数は23億回を超え、100万件以上のコメントがつけられた。車から降りる際に顔面を下にして道路に倒れこみ、現金やクレジットカード、宝石類、高級ブランドのバッグや靴、電子機器に囲まれた自分の姿を写した画像を投稿するこのチャレンジは、ロシアで始まったものだ。

 上海の経済誌「胡潤百富(Hurun Report)」によると、数十年で著しい経済成長を遂げた中国は世界で最多となる620人の億万長者を輩出している。その一方で、この流行を富裕層を笑いものにする絶好の機会と捉えて、パロディー画像を投稿する人たちもいる。

「熱心な働きもの」のスタッフと称するユーザーの投稿画像は、オフィスビルの前の路上でほうきやモップなどの清掃用品が散らばった中に男性が倒れているというものだ。

 その他、6匹の愛猫に囲まれて床に横たわる男性の画像も。投稿者の男性(33)は「誰にでも一番価値があると思っているものや一番大切にしているものがある。僕の場合は、それが猫なんだ。だから僕の猫たちを見せびらかすことにした」と、AFPに語った。

 この流行に各地の公的機関も飛びつき、プロパガンダ的な画像を投稿し始めた。上海の消防当局は、消防車から道路に倒れ込み、消防器材に囲まれて横たわる消防士の画像を投稿している。(c)AFP/Dan Martin and Kelly Wang

https://static.standard.co.uk/s3fs-public/thumbnails/image/2018/10/24/15/wealthchallenge2410.jpg
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/10/08(月) 07:39:19.39 BE:323057825-PLT(12000) 
 中国人観光客のマナーの悪さがよく話題になるが、人気アニメ・漫画の聖地巡りスポットになっている江ノ島電鉄・鎌倉高校前駅(神奈川県鎌倉市)では、ちょっとした“異変”が起きている。

 駅前の踏切はアニメ「スラムダンク」のオープニングシーンに登場する。
中国や台湾の若者の間ではバスケ人気が高く、同作のファンも多い。
中華系観光客が「聖地巡礼」と称し、この踏切にわんさか詰め掛けるようになったのは、4~5年前から。
と同時に、踏切内や校内に侵入するなどマナーの悪さも、中国メディアがたびたび報じるようになった。

 ただ現地で交通整理にあたる関係者が見る限り、最近はマナーも比較的いいという。
踏切への立ち入りやゴミのポイ捨てもナシ。
踏切が閉まり江ノ電が通ると、みんな一斉に写真を撮るが、開いている間は道路の両端でおとなしく待機する。

「人だかりがすごいので、通る車のほうが徐行して気を使ってます。だから事故もないです」と整理員。

 自国でのお恥ずかし報道が功を奏しているようだが、最近は不思議な光景も見られるようになった。
セーラー服姿の中華系女子が踏切周辺をうろつきだしたのだ。
藤沢駅で小田急線から江ノ電に乗り換えてやって来た女子は、真っ赤なシャネルのバッグを腰にぶら下げ、彼氏とおぼしき若者と腕を組んで歩いていた。

 彼女たちのセーラー服は、「スラムダンク」のヒロインが着ている制服とデザインが全く違う。
また、鎌倉高校前踏切やその周辺が聖地になっていて、女子中高生が主人公のアニメ、アニメ映画、漫画、恋愛アドベンチャーゲームはなんと10作ほどあるが、
そのいずれの作品に出てくる制服とも、似ても似つかない。

 聖地巡りブームに火をつけた「スラムダンク」ではない女子向け作品のファンが、登場人物になりきってコスプレしてきたのだろうが、
イマイチなりきれていないのが、中国人の大ざっぱさを象徴している。

マナーの悪さ改善しゴミも減る スラムダンクの聖地に変化
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15412428/
no title

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/10/08(月) 14:50:34.19 BE:448218991-PLT(13145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
【上海=吉永亜希子】中国人が外国でトラブルに見舞われた際に、現地の中国大使館が自国民保護などの
名目で介入し、相手側に謝罪などを求めるケースが相次いでいる。

 AFP通信によると、英バーミンガムで9月末、与党・保守党が開いた香港の自治などに関する
イベントで、中国中央テレビの女性記者が講演者に「反中国的だ」などと叫び、退室を求めた運営側の
男性の顔を平手打ちした。記者は暴行の疑いで警察当局に一時拘束された。これに対し、
在英中国大使館は「いかなる組織であっても、香港問題に干渉することには反対する」と猛反発。
運営側に記者への謝罪を求めた。

 スウェーデンでも9月、チェックイン時間を巡ってホテル側と口論になった中国人観光客が、現場に
駆け付けた警察から「乱暴な扱いを受けた」として、中国外務省がスウェーデン政府に調査を求めた。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20181008-OYT1T50005.html

続きを読む

↑このページのトップヘ