中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:死刑

1: ビッグクランチ(茸) [EU] 2020/06/14(日) 20:53:15.70 ● BE:479913954-2BP(2931)
スクリーンショット 2020-06-15 13.15.24

中国裁判所、豪国籍の男に死刑判決 両国関係さらに緊迫か

【AFP=時事】中国の裁判所が、麻薬取引の罪に問われていたオーストラリア国籍の被告に対し、死刑判決を言い渡していたことが分かった。問題を抱える両国関係が、この判決により緊迫の度をさらに増す可能性もある。

 広州市中級人民法院(Guangzhou Intermediate People's Court)のウェブサイト上に投稿された告知によると、豪メディアによってキャム・ガレスピー(Cam Gillespie)という名前の人物と特定された被告が10日、死刑判決を受けたという。同サイト上では、豪国籍との情報以外は公表されていない。

 中国の地元メディアによると、男は香港の北西に位置する広州白雲国際空港(Guangzhou Baiyun Airport)で2013年12月、預けた手荷物にメタンフェタミン7.5キロ超が入っていたとして逮捕された。

 豪外務省はこの判決に「深く悲しんでいる」とのコメントを発表。死刑制度に反対する同国の姿勢を強調した。

 中国はオーストラリアにとって最大の貿易相手国であり、留学や観光などの分野においても大きな収入源となっている。

 だが、豪政府は新型コロナウイルスの発生源に関する独立調査を要求。中国政府は強烈に反発し、豪州産の大麦に追加関税を課したほか、アジア系の人々に対するウイルス関連の差別があるとして、観光客や留学生に警告を発するなどの措置を取った。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef7e7562747a521f00a293b6cfa008cba5b2ad30

続きを読む

1: どどん ★ 2019/12/26(木) 09:48:37.93
 法務省は26日朝、死刑が確定していた1人の死刑を執行した。関係者への取材で分かった。森雅子法相は同日午前、法務省で臨時の記者会見を開く。

 関係者によると、執行されたのは平成15年の福岡市一家4人殺害事件で、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた中国人の元専門学校生、魏巍(ウェイウェイ)死刑囚。

 死刑執行は今年8月以来で、10月31日に就任した森法相のもとでは初めて。
 確定判決などによると、魏死刑囚は中国人の男2人と共謀。15年6月20日、強盗目的で福岡市東区の衣料品販売業、松本真二郎さん=当時(41)=
方に侵入し、松本さん夫妻と長男、長女の一家4人を殺害。遺体に重りを付けて博多港に沈めた。
 共犯の中国人2人は犯行直後に中国へ逃げ帰ったが、中国当局が身柄を拘束し、1人は死刑判決を受け、17年7月に刑が執行された。
もう1人は「自首し、事件解明に協力した」として無期懲役が確定している。
 死刑制度をめぐっては、内閣府が平成26年に発表した世論調査で容認派が約8割にのぼっている。

産経新聞
https://www.sankei.com/affairs/news/191226/afr1912260003-n1.html

続きを読む

1: やなぎ ★ 2019/01/15(火) 23:50:22.74
1

2019年1月15日 20時21分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190115/k10011778841000.html

中国で麻薬を密輸した罪に問われたカナダ人の被告が死刑を言い渡され、これをカナダのトルドー首相が批判したことに対して、中国外務省の報道官は「最低限の法治の精神すら欠けている」などと反発しました。

中国とカナダをめぐっては、先月、カナダ当局がアメリカからの要請で、中国の通信機器大手、ファーウェイの副会長を逮捕したあと、中国当局が休職中の外交官らカナダ人を相次いで拘束し、双方が釈放を求めて関係が冷え込んでいます。

こうした中、中国の裁判所は、14日、麻薬を密輸したとして1審で懲役15年を言い渡されたカナダ人の被告に対するやり直しの裁判で死刑を言い渡し、カナダのトルドー首相は、「恣意的(しいてき)な死刑の適用は極めて憂慮すべき事態だ」と強く批判しました。

これに対して、中国外務省の華春瑩報道官は15日の記者会見で「被告は222キロの覚醒剤を密輸した」などと罪を強調したうえで、「カナダ側の発言は、最低限の法治の精神すら欠けていて、強い不満を表明する」と述べて反発しました。

さらに、華報道官は、カナダ外務省が中国が恣意的にカナダ人を拘束するおそれがあるなどとして、渡航に注意するよう国民に呼びかけたことについても「恣意的に外国人を拘束しているのはカナダで、中国ではない」と批判し、改めてファーウェイの副会長を釈放するよう求めました。

続きを読む

1: 荒波φ ★ 2018/09/20(木) 17:01:44.66 _USER
2018年9月19日、遼寧省で「日本人が一番」と語った男性が殺された事件の控訴審が行われ、被告に執行猶予付きの死刑判決が言い渡されたことが中国版ツイッター・微博で伝えられ、注目を集めている。

昨年5月25日、遼寧省盤錦市で酒を飲んでいた当時54歳の男性が、「日本人が一番」「中国を日本に引き渡していれば、きっと今より裕福だったはず」と発言。一緒に飲んでいた当時37歳の男がこの発言に腹を立て、割った酒の瓶で男性の喉を刺し殺害した。

逃走した男はその後逮捕、起訴され、1審で執行猶予2年付きの死刑判決が言い渡された。判決を不服とした被告の男は控訴したが、先日、同省高等法院は1審の判断を支持する判決を言い渡し、刑が確定した。中国では日本とは異なり、2審制が採用されている。

この事件について中国のネットユーザーは「彼(被害者)の言ったことは間違っているが、正しくもある」「本当のことを言った代償だな」などといった感想が寄せられている。

「本当のことを言うからこういうことになる」という感想を残すユーザーの多さに、一部では「ああ、なんと『精神日本人』の多いことか」といった嘆きの声も出ている。

「精神日本人」は「自分は中国人ではあるが、精神的には日本人だと考える人」とされているが、より気軽に「親日」の代わりのような言葉として使われることもある。

また、「日本が中国の手に渡ったら」という話をめぐる議論も起こり、「本当に中国が日本に帰属したら、中国人は奴隷にさせられるだろう」という声や、「経済的には良くはならないだろう。でも教育環境はきっとよくなるはず」といった感想も見られた。


2018年9月20日(木) 16時40分
https://www.recordchina.co.jp/b646167-s0-c30-d0135.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/09/06(木) 16:42:20.01 _USER9
1

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011614101000.html


9年前、愛知県蟹江町で親子2人を殺害し、1人に大けがをさせたとして、1審と2審で死刑を言い渡された
中国人の元留学生に対して、最高裁判所は上告を退ける判決を言い渡し、死刑が確定することになりました。

中国国籍の元留学生、林振華被告(35)は平成21年、愛知県蟹江町の住宅で山田喜保子さん(当時57)と
次男の雅樹さん(当時26)を殺害し、三男にも大けがをさせたうえ、現金およそ20万円を奪ったなどとして、
強盗殺人などの罪に問われました。

被告側は「強盗目的ではなかった」などと主張しましたが、1審と2審は金に困っていた被告が強盗のため
犯行に及んだとして死刑を言い渡し、被告側が上告していました。

6日の判決で最高裁判所第1小法廷の木澤克之裁判長は「殺害を思いとどまる機会があったにもかかわらず、
そのつど、凶器を手にして犯行に及んでいて、強固な殺意に基づく執ようかつ無慈悲で残酷な犯行だ」と指摘し、
被告側の上告を退け、死刑が確定することになりました。

続きを読む

↑このページのトップヘ