中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:歴史

1: Ψ 2020/07/15(水) 16:11:09.07
中国は悠久の歴史を持ち、世界4大文明の1つに数えられる黄河文明の発祥の地であるが、
中華人民共和国は1949年10月1日に成立した国であり、

2019年に建国70周年を迎えたばかりだ。

 中国メディアの今日頭条は12日、日本の教科書では中国について
「70年の歴史しかない」という記述があると主張し、
その主張には納得がいかないと論じる記事を掲載した。

 記事はまず、「中国には黄河文明にまでさかのぼれば5000年以上の歴史がある」と紹介。

しかし、日本の歴史の教科書では「中国は70年ほどの歴史しかなく、
逆に日本には2000年もの歴史がある」という記述があるらしいと伝えた。
記事では「日本の歴史の教科書」と主張しているが、どの教科書に、
どのような記述があるかについては具体的に言及していないため真偽は不明だ。

 続けて、日本で「中国は70年ほどの歴史しかない」と主張しているのは、
中華人民共和国とその前の中華民国、さらに前の清王朝はすべて「別の国」と考えていて、
中華人民共和国については1949年の建国から数えるのが正しいと考えているためだと指摘。

だが、この考え方は中国人からすれば納得できるものではなく、
中華民族の歴史は5000年を超えていることから
「中国は70年ほどの歴史しかない」という主張は到底受け入れられるものではないと論じた。

 歴史の教科書に記述があったとしても、それは中国が悠久の歴史を持つことを否定するものではない。
いずれにせよ、中国人が自国の歴史に対して強い誇りを抱いていることは良く伝わってきた。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1691070?page=1

25: Ψ 2020/07/15(水) 16:38:26.68
中国って何?
中華人民共和国の略?
中華民国の略?
外国に対する中国(内国)?
だからぁ、昔っからのあそこらへんは支那(china)と呼んで来たじゃん

続きを読む

1: Ψ 2020/05/16(土) 13:05:29.55
香港の大学入学試験で
「20世紀初めの日本の中国植民地支配について
損害より利益が大きかったかを評価しなさい」という問題が出題され、
中国が激しく反発した。

15日(現地時間)のAFP通信によると、14日に行われた香港大学入学試験(DSE)の歴史の試験で、
1900-45年の日本の植民地統治が中国に損害より利益を多く与えたということに
同意するかを問う問題が出された。
当日およそ5200人の受験生がこの試験を受けたという。

植民地支配を正当化するようなこの問題が出題されたことについて、中国は不満を露骨に表した。

この日、中国外務省は香港駐在事務所のフェイスブックに
「香港教育省は屋根のない鳥小屋になってはいけない」と批判した。
中国国営グローバルタイムズも「この問題は学生が反逆者になるよう導く」と非難した。
中国の批判が強まると、楊潤雄(ケヴィン・ユン)教育省副長官は
「問題は中国国民の感情と尊厳を深刻に毀損した」とし
「採点をしない」と明らかにした。
また、この問題が出題された背景について報告するよう出題機関に指示したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00000006-cnippou-kr

続きを読む

1: (やわらか銀行) [US] 2020/04/24(金) 01:15:46.34 0● BE:593349633-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/2hikky.gif
 
キリヒト@kirihito

姉が受けた中国史の講義で「私が皆さんに千円ずつあげるとします。
9人まで貰って、10人目の人が断りました。この人は徳が高いでしょうか?古代中国だと、
この人は前の9人をdisり後ろの人を受け取りにくくしたので、徳は高いとは言えません。
徳の高い人は素知らぬ顔で受け取って、後で返したりします」

https://twitter.com/kirihito/status/1252807566393925633
 
というのを最近の給付金見てて思い出した、と言っていた。
他人のメンツを潰さないのが徳だったりはだかの王様の子供が美徳とされたりと、
なるほどいろんな見方ができるのだなあ、と思った。
 
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1
1: 既にその名前は使われています 2020/03/29(日) 21:18:31.46
ウイルスのデパート

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2019/05/05(日) 23:09:04.93 BE:194767121-PLT(12001)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
日本と中韓が抱える軋轢の多くは戦時中の出来事が原因であり、中国には歴史問題を理由に日本に対して否定的な感情を抱いている人が少なからず存在する。日本は戦時中、
東南アジアも占領したが、中国人からすると東南アジアの人びとが日本に対して「中国人のような感情を抱いていない」ことが不思議なのだという。

 中国メディアの今日頭条は4月30日、日本は第2次世界大戦中に東南アジアを侵略したと主張する一方、東南アジアの人びとは「なぜ日本を
排斥するなどの行為をしないのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、旧日本軍は第二次世界大戦中、タイやマレーシア、フィリピンに侵攻し、1942年3月にはインドネシアに侵攻し、オランダをインドネシアから
追い出すことに成功したと指摘。その後もシンガポール、ミャンマーなど東南アジア諸国は相次いで日本人の手に落ちたと主張し、
日本は大東亜共栄圏を名目に東南アジアにおいて日本化の植民統治を行なったと主張した。

 一方、日本が東南アジアに侵攻したのは事実だとしながらも、インドネシアやフィリピンなどの人びとは第二次世界大戦の侵攻を理由に
日本を恨んではいないと指摘し、これは「日本の侵攻が独立につながったためである」と指摘。第二次世界大戦前の東南アジア諸国は
タイを除けば、欧州の国によって植民地とされ、主権を持たなかったと指摘し、現地の人びとは当時、奴隷のように虐げられていたのだと指摘した。

 続けて、日本が東南アジアに侵攻し、欧米の国を追い払ったことで東南アジアの国々は戦後に相次いで主権を取り戻すことができたと強調、
これが東南アジアの人びとが日本に対して「中国人のような感情を抱いていない」理由だと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1678457?page=1

続きを読む

↑このページのトップヘ