中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:武漢肺炎

1: ばーど ★ 2020/03/05(木) 17:49:41.57
中国の著名な肺移植専門家で、南京医科大学附属無錫市人民病院の副院長を務める陳静瑜(チェン・ジンユー)教授が率いる医療チームは2月29日、世界初の新型コロナウイルス感染による肺炎患者の両肺移植手術に成功した。北京青年報が伝えた。

患者は59歳の男性で、重篤な新型肺炎と診断され、その後、治療を受けて、2度のPCR検査では陰性を示したものの、両肺の機能は深刻かつ回復不能な損傷を受けていた。

手術は29日夜、無錫市第五人民病院の陰圧手術室で行われた。陳教授は、「メンタルと体力が試される手術だった。当チームは三―四層の隔離防護装置、3層の手袋を装着し、6時間かけて両肺移植手術に成功した。患者は午後11時35分に無事病室に戻った」と説明した。

手術後37時間が経過した3月2日、同患者は重症呼吸不全患者に対して治癒・回復するまでの間、呼吸と循環の機能を代替する体外式膜型人工肺・ECMOから離脱した。

陳教授によると、同患者から切除された肺は江蘇省疾病予防管理センターP3実験室に運ばれ、解剖、基礎研究が行われる。患者の体から直接取り出した肺であるため、遺体を解剖し取り出された肺よりも、その研究価値が高いという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

Record China / 2020年3月5日 17時20分
https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_786876/

続きを読む

1: 新種のホケモン ★ 2020/03/04(水) 20:43:17.25 _USER
スクリーンショット 2020-03-04 22.22.28

中国外交部の趙立堅報道官は4日の定例会見で、「個別メディアがいかなる根拠もなく新型コロナウイルスを『中国ウイルス』と勝手に呼ぶのは、中国に伝染病を作った国という汚名をかぶせようとするもので、全面的に別の底意があるもの」と主張した。

趙報道官は、「現在ウイルス発源地を探す作業が進行中だがまだ結論が出ていない。世界保健機関(WHO)も何回も新型肺炎は世界的現象であり発源地はまだ確実でないと明らかにしている」と話した。

彼はまた「中国の権威ある呼吸器疾病専門家である鐘南山中国工程院院士も『新型コロナウイルスは中国で最初に出現したが、必ずしも中国で発源したとみることはできない』と話した」と伝えた。

彼は「いまはウイルスをどのように抑制することができるかに関心を注ぐべきで、地域を汚名化する言葉は避けなければならない」と話した。WHOが新型コロナウイルスに「COVID-19」という名前を付けたのも病名が国や地域と関連付けてはならないためだと説明した。

ⓒ 中央日報日本語版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/263298?servcode=A00&sectcode=A00



続きを読む

1: チミル ★ 2020/03/04(水) 18:04:11.23
【北京共同】中国共産党・政府は4日までに、習近平指導部の新型コロナウイルスによる肺炎への対応の成果をアピールする本を緊急出版した。ただ「(事態が)収束していないのに礼賛するのか」と非難が殺到し、発売から数日で売り場から撤去された。

本の題名は「大国戦“疫”」。党と政府の宣伝部門が主導し2月下旬に出版された。国営中央テレビによると、新型肺炎に関する一連の報道を整理し、習国家主席の「大国の領袖としての戦略的な先見性と卓越した指導力」を示す内容だった。

新型肺炎対応を巡っては初動の遅れが指摘されており、本の出版は習氏の権威を守る狙いがあったとみられる。

2020/3/4 16:56 (JST)3/4 17:09 (JST)updated
https://this.kiji.is/607844756097418337

続きを読む

↑このページのトップヘ