中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:武漢肺炎

1: リバビリン(兵庫県) [DE] 2020/03/23(月) 09:17:56.37 BE:455830913-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
 【ジュネーブ共同】各国政府の発表などを基にした共同通信の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が22日、世界全体で30万人を超えた。
18日に20万人を、20日に25万人を超えたばかりで、拡大のペースが急加速している。15日に感染者が15万人を上回ってから約1週間で倍増した。先行きの不透明感は増している。

 中国の次に「第2の震源地」となったイタリアでは21日、死者数が前日比で793人増え4825人になった。
感染者とともに1日の増加数が連日のように過去最多を更新している。アフリカでは感染者が1週間で5倍以上になり、計千人を超えた。ブラジルも千人を上回った。

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020032201001288.html

続きを読む

1: アバカビル(宮城県) [US] 2020/03/22(日) 10:21:55.44 ● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
25,000 people gather for Covid-19 prayer session in Bangladesh sparking outcry
25,000人の人々がCovid-19の祈祷会に集合、抗議の声が上がる

no title


DHAKA (AFP): A massive Covid-19 prayer session with tens of thousands of devotees sparked an outcry
in Bangladesh Wednesday (March 18) as the South Asian nation reported its first death from the global pandemic.

Covid-19の世界的大流行によって初めて死者が出たバングラデシュで、数万人の信者を集めた大規模な
祈りの集いが開催された。

Local police chief Tota Miah said some 10,000 Muslims gathered in an open field in Raipur town in southern
Bangladesh to pray "healing verses" from the Koran to rid the country of the deadly virus.

地元警察のトタ・マイア署長によると、南バングラデシュのライプール町の広場には約1万人のイスラム教徒が
集まり、コーランからこの恐ろしいウイルスを取り除くための「癒しの詩」を祈った。

"They held the Khatme Shifa prayers after dawn to free the country from the coronavirus," Miah told AFP.

「夜明けにハトメ・シファの祈りをささげ、コロナウイルスから国を解放した。」とマイアはAFPに語った。

Organisers claimed the number of worshippers was 25,000.
He said organisers did not get permission from authorities to hold the session.

主催者側は、参拝者は25,000人だったと主張した。会議を開催する許可は得ていないという。

Photos of the gathering were widely shared on social media, with commenters slamming the massive rally.

集会の写真はソーシャルメディアで広くシェアされ、この大規模集会を非難するコメントで溢れた。

(略)

Despite the appeal from authorities to avoid crowded public areas, many took the opportunity to head to tourism sites.

当局が混雑した公共の場を避けるよう訴えたにもかかわらず、多くの人々がこの機会を利用して観光地に向かった。


全文はソースで
https://www.thestar.com.my/news/world/2020/03/19/25000-people-gather-for-covid-19-prayer-session-in-bangladesh-sparking-outcry

続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/03/21(土) 19:08:48.93
[上海/北京 21日 ロイター] - 中国当局は新型コロナウイルスの感染者数について、海外から持ち込まれたケースが20日に過去最大になったと発表した。欧米の大学で学ぶ留学生などが帰国しているためで、感染拡大の第2波を懸念する見方が出ている。

国家衛生健康委員会によると、20日に中国で新たに確認された感染者は41人。すべて海外からの「逆輸入」で、こうしたケースはこれまでに269人いるという。

帰国者は北京や上海から入国することが多く、その多くが留学生。欧米諸国の大学が新型コロナ流行の影響で閉鎖されたため、帰国しているという。中国に拠点がある外国企業が徐々に操業を再開し、そこで働く従業員も戻りつつある。

当局の感染抑止対策は、こうした「逆輸入」を防ぐことに軸足を移しており、広東省の衛生委員会は21日、海外から同省に渡航してきた旅行者は到着と同時に住宅か、あるいは1カ所に集約した施設に14日間隔離されると発表した。費用は旅行者の負担になるという。

3/21(土) 16:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00000054-reut-cn
no title

続きを読む

1: ラルテグラビルカリウム(茸) [ニダ] 2020/03/21(土) 13:02:50.65 ● BE:271912485-2BP(2000)
スクリーンショット 2020-03-21 20.37.43

感染ゼロ要求「地方当局者が委縮」 中国シンクタンクが異例の指摘

 北京大の姚洋国家発展研究院院長は20日までに、中国で新型コロナウイルス感染症への対応に関し、中央集権の強権統治の下、圧力を感じた地方の当局者が「新規感染を1例も出してはならない」と萎縮していると批判する論文を発表した。同研究院は権威あるシンクタンクで、体制内の専門家からこうした指摘が出るのは異例。

https://mainichi.jp/articles/20200320/k00/00m/030/168000c

続きを読む

1: 花火祭り ★ 2020/03/20(金) 17:29:35.94
ホワイトハウス:
これは「カンフーのインフルエンザ」だ
 中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスはグローバリゼーションの波に乗って世界中を席巻し、カオス状態に陥れている。

 米国のドナルド・トランプ大統領は、「新型ウイルスを中国に持ち込んだのは米軍だ」という新任早々の中国外務省次席スポークスマンの発言に頭にきた。

 3月16日、記者団とのやりとりで新型コロナウイルスとは言わずに「中国ウイルス」(Chinese Virus)と呼んだ。

 感染の責任を米国に転嫁したこの中国外務省の小童役人の発言に露骨な憤りを示したのだ。

 米中関係は良好にいっているというのがトランプ大統領の口癖。今回も当初は習近平国家主席の対応を評価して見せていた。

 ところが豹変したのだ。

「発生源は中国だ。(中国ウイルスという呼び方は)実態を反映した非常に的確な名称だ」

「中国政府は米軍がウイルスを中国に持ち込んだというフェイク情報を発信している。実に不愉快だ」

 その直後、ホワイトハウスの高官の一人はホワイトハウス詰めの中国系の米国人女性記者(CBSテレビ記者)に「この新型ウイルスは『カンフルー』だ」(Kung flu)と言った。

 米国内では中国人と言えばすぐ連想するのがカンフー。それにフルー(感冒)をつけて新型ウイルスの元凶は中国人だ、と面と向かって言ったのだ。

(一般的に言って、米国内では中国系米国人も中国人も見分けがつかないことで中国への怒りは中国系米人にも向けられる。日系人も韓国系米人もその点では一緒だ)

 記者団がこの発言を人種差別・蔑視ではないかと問題にすると、トランプ大統領の「懐刀」であるケリーアン・コンウェイ上級顧問は一言こう言ってのけた。

「私はアジア系の男性と結婚してるわ(つまり自分はアジア系に対して偏見などないという意味だろう)」

「(カンフル―という表現は)もちろんよくないと思うわ。でも(ホワイトハウスの)誰がそんなことを言った、言わないで押し問答する気はない。論議したいなら、手を洗って、数フィート離れて話し合おうじゃないですか」

 トランプ政権だけではない。今や米国人一般の嫌中感情は最高潮に達している。

 筆者の知人で、アジア情勢にも詳しい元高校教師D氏(65)までがこう言っている。

「奴らのせいで世界中がめちゃくちゃになった。それなのに習近平は詫びの一つ言わない。それが中国人だ」

米一大イベント・大統領選は台無しに
 折から進行中の民主党大統領候補者指名のための予備選。3月17日に行われたフロリダ、イリノイ、アリゾナ3州の予備選でもジョー・バイデン前副大統領は左派バーニー・サンダース上院議員を圧倒し、代議員獲得数でその差を広げた。

 同日行われる予定だったオハイオ州は新型ウイルス感染拡大を理由に予備選を6月2日まで延期した。

 2か月と2週間後に新型ウイルス感染が完全に収まっているという保証はどこにもない。すでに1年も前から決定している予備選日を伸ばしたケースは史上初。

 感染拡大の深刻さはそこまで来ているのだ。

 非常事態宣言後に行われた予備選で顕著になったことの一つは、投票日を待たずに行う期日前投票や郵便・オンラインによる投票傾向だ。アリゾナ州の場合には早期投票が多数を占めている。

 もう一つは投票日前日までに行われてきた候補者による決起集会や陣営による戸別訪問が完全に姿を消したことだ。

 バイデン陣営のケイト・べディングフィールド選挙本部次長はこう述べている。

「大統領選挙は米民主主義の根幹だし、中止になったことはない。南北戦争、流行性感冒が全米を襲った1918年、第2次大戦の最中にも行われた。何があろうとやらねばならない」

「問題はどうやるかだ」

あと3か月続く民主党予備選
 トランプ大統領は新型ウイルス感染が収まるのは7月あるいは8月と予想している。その間、民主党予備選はずっと続けられる。

 3月27日にはノースダコタ、29日には準州プエルトリコ、4月4日にはアラスカ、ハワイ、ルイジアナ、ワイオミング各州。

 同7日にはウィスコンシン州、同28日にはコネチカット、デラウェア、メリーランド、ニューヨーク、ペンシルベニア各州。

続きはソースで
https://news.livedoor.com/article/detail/17993149/

続きを読む

↑このページのトップヘ