中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:日米安全保障条約

1: 俺の名は ★ 2018/11/22(木) 18:36:45.25 _USER9
no title

シュライバー米国防次官補(東アジア太平洋担当)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省でアジア太平洋の安全保障を担当するシュライバー次官補は21日、産経新聞の単独会見に応じた。シュライバー氏は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で活動を活発化させている中国海警局の公船や中国軍系民兵が乗り組んだ漁船に関し、「中国の領有権を主張して日本を圧迫する目的で活動しているのであれば、中国海軍の艦船と区別しない」と述べ、厳然と対処していく姿勢を強調した。

 シュライバー氏は、「尖閣諸島は日本の施政権下にあり、日米安全保障条約(第5条に基づく米国の対日防衛義務)の適用対象であり、米国は同盟国として日本を支えていく」と言明した上で、「中国船の船体の色(が海軍の灰色か海警局の白色か)よりも、これらの船の任務や目的が何かに関して最大の懸念を抱いている」と指摘した。

 また、中国船が「自由で開かれたインド太平洋」の原則や日本の施政権を脅かす行動をとった場合は「適切に対処する」と警告した。米国として一連の立場を「中国に直接伝えた」とも明らかにした。

 同氏は、東シナ海をめぐる中国の行動は「日本にとり最重要に近い懸案だ」と指摘し、日本による尖閣防衛に向けた取り組み強化を支援していく姿勢を強調。日本が年末に策定する2019年度から5カ年の中期防衛力整備計画(中期防)の内容を「注視している」とも語った。

 さらに「日本はアジア太平洋地域で最も重要な同盟国だ」と指摘。沖縄の米軍基地は「米国がアジア全域で懸案を抱える中、米軍の前進配備と現地での訓練・演習を可能にしている点で決定的に重要だ」と訴えた。

 北朝鮮問題に関しては、「交渉は外交官に任せる」として国務省主導の非核化協議を支援する立場を打ち出す一方、「北朝鮮との間では幾つかの信頼醸成措置が取られたものの、北朝鮮は通常兵力を全く削減していない」と指摘し、「北朝鮮は引き続き重大な脅威だ」と訴え、米韓同盟に基づく米軍駐留の必要性を強調。在韓米軍の削減をめぐる議論は「現時点で一切行われていない」とした。

 非核化協議を進展させる狙いから中止されている米韓の大規模合同演習を来年春以降に再開するかについては「北朝鮮の交渉態度が誠実かどうか次第だ」と指摘。これに関し国防総省は21日、今後の演習に関し、規模を縮小して実施するなどの選択肢を検討しているとする声明を発表した。



 ランドール・シュライバー米国防次官補 西部オレゴン州出身。海軍情報士官として湾岸戦争(1991年)などに参加後、ハーバード大で修士号(公共政策)取得。ブッシュ(子)政権下の2003~05年に国務次官補代理(東アジア・太平洋問題担当)を務めるなどした後、コンサルタント会社「アーミテージ・インターナショナル」をリチャード・アーミテージ元国務副長官らと共同設立した。アジア地域を専門とする政策研究機関「プロジェクト2049研究所」の代表も務めた。18年1月から現職。 

産経新聞 2018.11.22 13:21
https://www.sankei.com/smp/world/news/181122/wor1811220025-s1.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/31(水) 11:20:38.52 _USER9
2018.1.31 現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54252

「もちろん、決めるのはあなた達だが」

1月の初旬、中国の潜水艦が潜航したまま尖閣諸島の大正島の接続海域を航行した。これまでにないレベルの挑発行為である。日本は政府も国民も尖閣危機を騒ぐ割には、事態の深刻化を全く止めることが出来ていないし、その気配すら見えない。全くの無策、お手上げ状態なのである。何故なのか?  戦後日米外交史の専門家で、アメリカ海兵隊の基地問題担当者として沖縄で活動した経験も持つ著者が、日米両国に責任がある尖閣問題の起源を読み解く。

東ヨーロッパで考えた尖閣への教訓
つい最近、東ヨーロッパに行ってきた。スイスでシンポジウムに参加した後、まだ行ったことがなかったブルガリア、ルーマニア、モルドバを回った。

そして最後に訪れたモルドバで印象的なことがあった。この国はロシアとの間の領土問題を抱えている。ロシアが、国土の一部を実際に占拠している状況だ。

地元の大学で尖閣問題に関する講演を行ったが、そこで、50代の研究者にあった。大学の学科長だった。彼は英語が得意ではなく、長くソ連圏の教育を受けていたような人なのだろう。アメリカ人である私を警戒しているようだった。

しかし、講演の後、その態度は全く変わった。まず「ありがとう」のあと、「大変ためになった。示唆を受けた。感謝します。参考にします」といってきたのである。講演中、一所懸命メモを取っていた姿が印象に残っている。彼は彼なりに、自分の国、超大国に隣接する小さな国の国益を考えているのだと思った。

そこで改めて認識したことは、いったん、領土を隣の大国に占領されてしまうと、もう取り戻すことが出来ないということだった。この形は、北方領土の事例とよく似ている。

東欧に行く直前、中国の潜水艦が、尖閣諸島の接続水域を潜水したまま航行した。これまでにない挑発行為であり、尖閣問題が日本にとっていま最も緊張度の高い領土問題であることが改めて示された。ところが、日本政府をはじめ、政治家、国民のほとんどは無関心である。

この尖閣諸島もまた、中国に奪われてしまったら、還ってこない。そして、日本の戦後の領土問題は、北方領土に加え、韓国が1954年に武力によって獲った竹島のすべて日本にとって不幸な形で決着することになってしまう。

領土の一部でもとられると、その相手と隣接している以上、その国の主体的な外交はできなくなる。モルドバ国内では、NATO加盟を希望している声が多いが、それはロシアが絶対許さないし、その現実に、その意思を強要している。

つまり、尖閣諸島を奪われてしまうと、日本は対中国外交で主体性がなくなってしまう。中国の顔を一層立てなければならなくなるからだ。このことが歴史や他地域の国際政治に学ぶべき教訓なのである。日本は、北方領土問題と竹島問題からだけでも分かるはずだ。

続きを読む

1: 名無しさん 2017/10/25(水) 06:06:17.83 _USER
マティス米国防長官は23日にフィリピン北部クラーク経済特区で会談した小野寺五典防衛相に、中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島は米国による対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だとする米政府の立場を再確認した。米国防総省が発表した。

一方、韓国の宋永武国防相を含む3氏は23日の3カ国会談で、北朝鮮による日本上空通過の弾道ミサイル発射や6回目の核実験を「日米韓だけでなく世界全体にとって深刻な脅威だ」との認識を共有。

「完全かつ検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化」を求める共同声明を出した。(共同)

http://www.sankei.com/politics/news/171024/plt1710240049-n1.html

no title

米のジェームズ・マティス国防長官(ロイター)


続きを読む

1: 名無しさん 2017/09/17(日) 19:50:03.16 _USER9
 【ワシントン共同】米国が南シナ海や東シナ海で中国と軍事衝突した場合に米軍が米領グアムまで一時移動し、沖縄から台湾、フィリピンを結ぶ軍事戦略上の海上ライン「第1列島線」の防衛を同盟国の日本などに委ねる案が検討されていることが15日分かった。昨年7月に陸上幕僚長を退職した岩田清文氏がワシントンのシンポジウムで明らかにした。

 米軍を中国近海に寄せ付けない中国の「接近拒否戦略」に対応するためで、中国が開発した「空母キラー」と呼ばれる対艦弾道ミサイル「東風21D」による空母撃沈を避ける狙いがある。実際にこの案が採用されれば、自衛隊の役割拡大が求められるのは確実だ。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017091601001098.html

9: 名無しさん 2017/09/17(日) 19:54:20.61 
そりゃあ 
アメリカのことだから 
色んな選択肢を用意しているをだろうけど 
非常事態なのか常態なのか気になるわ。 


11: 名無しさん 2017/09/17(日) 19:55:00.78 
今までみかじめ料ありがとう 
ちょっとヤバそうだから後は自分達でやっといてw 


15: 名無しさん 2017/09/17(日) 19:56:15.78 
日本をより西太平洋全般で活用し、ハイテク兵器を売るんだろうな 
韓国があの体たらくで信用できなくなったし、日本自衛隊との一体化がで朝鮮半島でのマイナスを埋めるということだ 
中国にとっては痛い一手じゃん 


37: 名無しさん 2017/09/17(日) 20:05:07.83 
>>15 
最初から自衛隊は米軍と一体なんだけど 


39: 名無しさん 2017/09/17(日) 20:06:24.89 
>>37 
更にということだよ 
在韓米軍撤退の可能性が見えてきた現在、日米同盟の重要度は米国から見ても急上昇なわけで 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/18(土) 13:16:37.11 _USER9
18日午前10時ごろから、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に中国海警局の船4隻が相次いで侵入した。海上保安庁の巡視船が確認した。中国公船の領海侵入が確認されたのは6日以来で、今年5日目。巡視船が領海から出るように警告した。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、4隻のうち1隻は、機関砲のようなものを搭載していた。

http://www.sankei.com/affairs/news/170218/afr1702180017-n1.html

38: 名無しさん 2017/02/18(土) 13:53:25.41 
>>1 
ほ~ら来たww 

尖閣は日米安保第5条適用対象と、明記されちゃったもんねw 


48: 名無しさん 2017/02/18(土) 14:05:33.40 
>>38 
ジャイアンが全部面倒見てくれるわけじゃないんだぞ 
のび太が自分で戦った時にジャイアンが協力してくれるんやで 


64: 名無しさん 2017/02/18(土) 14:46:55.75 
>>48 
勿論さw 

でも日本は憲法9条で、紛争解決手段としての武力行使は放棄してるからね 
だから、これを変えましょうと 

てか島周辺を海警がチョロチョロするだけじゃ、防衛出動も出来やしない 
ご自慢の遼寧でおいでえな、はよw
続きを読む

↑このページのトップヘ