中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:日清戦争

1: ばーど ★ 2018/09/27(木) 12:13:10.77 _USER9
(CNN) 中国の文化遺産当局は、1894年の日清戦争で撃沈された海軍艦「経遠」が発見され、艦内から大量の遺留品が見つかったと発表した。

発表によると、考古学チームが数年がかりで捜索を行った結果、「経遠」の艦名を記したプレートを発見した。

同艦はドイツのブルカン造船所で建造され、1880年代に清の海軍艦体に編入。1894年9月、他の軍艦3隻とともに撃沈され、黄海に沈んだ。

考古学チームが海底を調査した結果、同艦が水深12メートルの海底に逆さまの状態で沈んでいることを確認。砂を除去して遺留品を発掘した。

艦内からは、陶磁器や革製品、ガラスなど500点以上の品目が見つかったほか、当時の兵器やリボルバーの銃弾なども発見された。

専門家はこれについて、世界の海軍史を研究する上で重要な発見と位置付けている。

2018.09.27 Thu posted at 11:01 JST
CNNニュース
https://www.cnn.co.jp/fringe/35126175.html

続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/22(火) 16:51:24.84 _USER
26

8月15日の終戦記念日を迎え、中国のメディアやネット上では靖国神社に関する記事や言論が目立った。毎年この時期になると盛り上がる傾向が見られるが、その傾向は今後も続くことだろう。

中国メディア・今日頭条は18日「靖国神社の中にある四字熟語が、日本台頭の理由を説明している」とする記事を掲載した。

記事は「われわれの隣国である日本は、古代中国の影響を受け、仁義礼智信、忠孝、廉恥などを信条とする儒家文化を持つ。各時代の年号も中国の古典から引用されたものであるほか、あの悪名高き靖国神社の靖国という2文字も『春秋左氏伝』から取ったものなのだ」と紹介した。

そして、靖国神社内には中国文化の要素が至るところに存在しているとし、敷地内にある展示館の遊就館についても、その名が荀子の書物から引用されたものであることを伝えた。

さらに、同館内の日清戦争展示エリアには中国由来の「臥薪嘗胆」という中国由来の故事成語が書かれているとした。

記事は日清戦争と「臥薪嘗胆」との関係性について紹介。

日清戦争に勝利した日本は「腐敗して無能だった清国政府」から遼東半島を割譲されたが、自身の利益が損なわれるとしてロシアなどの列強が反発、賠償金と引き換えに清国に返還させられたこと、これ以後日本はロシアを最大の敵とみなすようになり、ロシアに恭しく接しながら自国の国力が高まるまで辛抱し、ついに日露戦争でロシアを下して遼寧半島の全権益を獲得するに至ったことを伝えた。

そして「日本は10年を耐え忍んだことにより、帝国主義の仲間入りを果たしたのだ」としている。

「臥薪嘗胆」は、覚えにくい字面とは裏腹に、日本では学校の日本史の授業で必ず出てくるほど有名な故事成語だ。

中国のネットユーザーからは「ものすごい皮肉ではないか。この言葉の発祥は中国にあるのに、日本人によってその意味が余すところなく体現されるなんて」といったコメントが見られた。

しかもそれを、中国人にとっては「恨めしき靖国神社」の敷地内で見つけたとなると、その心中はますます複雑かもしれない。(編集担当:今関忠馬)

http://news.searchina.net/id/1642424?page=1

6: 名無しさん 2017/08/22(火) 16:54:41.64 
>>1 
つか現代中国人とは 
何のつながりもない。 


13: 名無しさん 2017/08/22(火) 17:04:46.87 
>>1 
>仁義礼智信、忠孝、廉恥 
中国人には存在しないから理想論として生まれた思想で、それさえも文革で全部廃れたよ 


19: 名無しさん 2017/08/22(火) 17:14:11.54 
>>1 
大国となったチャイナ様は、抗日、反日なんてやってないで、まず、欧米に、臥薪嘗胆してくれ。 
小国な日本としては、チャイナ様が、欧米を蚕食する様を見ながら、自国を強化していくよ。 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/07/08(土) 06:25:59.92 _USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183708&ph=0

6日、中国のポータルサイト・網易に「日清戦争で日本が中国から奪った物」と題する文章が掲載された。写真は白菜。(Record China)
[拡大写真]


2017年7月6日、中国のポータルサイト・網易に「日清戦争で日本が中国から奪った物」と題する文章が掲載された。

筆者は「日清戦争(1894~1895年)後、日本は清に対して多額の賠償金と澎湖列島割譲を求めた。日本にとっては大きな収穫だが、これ以外に日本が奪った食物がある。現在に至っても日本人の生活に影響を与えている物だ」と切り出し、その食物の名として白菜を挙げる。文章によると、その栽培の歴史は春秋戦国時代(前771~221年)にさかのぼり、「白菜」と呼ばれるようになったのは宋代(960~1279年)からだそうだ。原産は中国北方で、その後南方に広まったという。

これに続けて筆者は、「日清戦争前に明治政府は白菜栽培を試みたが失敗した」という主旨の解説を行い、日清戦争が日本での普及を加速させたと指摘。「上陸した日本軍が庶民の作った料理を食べ、白菜の味のとりこになった。日本では貴重な白菜を手に入れるために村の家々を回り、中には銃と白菜を交換する者もいた」とした上で、「戦争終結後にその種が日本に持ち込まれた」「今日、白菜は日本の飲食で重要な位置を占めている。白菜によって日本の飲食文化は豊富になったのだ」とつづっている。

26: 名無しさん 2017/07/08(土) 06:55:25.24 
>>1 
「奪った」と言うからには、その後、中国では栽培も流通もしてないんだな? 


41: 名無しさん 2017/07/08(土) 07:11:03.01 
>>1 
さすがに嘘だろこれは。 
日清戦争とかたかだか100年ちょっと前だぜ。 


62: 名無しさん 2017/07/08(土) 07:29:21.44 
>>1 
鉄砲と白菜を交換?(°Д°) 
天皇陛下からお預かりした大事な鉄砲を交換する訳ないだろ 

┐(-。ー;)┌アホくさ 


95: 名無しさん 2017/07/08(土) 07:52:46.96 
>>62確かに…そして紛失したと分かったら、当時は、下手したら銃殺も考えらた時代ですからね… 

続きを読む

↑このページのトップヘ