中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:文化

1: 名無しさん 2017/12/07(木)13:57:58 ID:???
 昨今、残業代の未払いや、過重労働による過労死などの問題が相次ぎ、悪質な“ブラック企業”への問題意識が高まるなか、
アニメーターの“ワーキングプア化”がアニメ業界の関係者によってつまびらかになった。
そうした厳しい環境下で、古くから日本のアニメ制作会社は作画作業の多くを韓国や中国に発注することで苦境を乗り切ってきた。
しかし、「今後は中国と日本の立場が変わる可能性も」と語るのは、ガンダムの生みの親・富野由悠季著
『映像の原則』(キネマ旬報ムック)など、日本書籍の翻訳に数多く携わっている台湾人翻訳家・林子傑氏。
日本アニメへの造詣が深く、中国のアニメーター事情を知る林氏に、日中のアニメ制作会社が繰り広げる“人材確保”の舞台裏を聞いた。

■日本アニメの下請けから脱却!? 稼げる国産アニメにシフトする中国
 「中国はここ数年、IP(知的財産)概念に対する認識の芽生え、および製造業の不振により、
中国国内の資金は娯楽産業に流れ始めている」と林氏は説明する。しかし、このブームが俳優やアイドルのギャラを
高騰させてしまったため、中小以下の企業はアニメ制作に視野を向けはじめたとのこと。
それは、アニメに投資することで“自前のIP”を獲得し、大手と対抗するというのが目的であるという。

 現状、中国のアニメ制作会社を大きく分けると、国産アニメを作る会社と、日本アニメの下請け会社の2つのモデルとなるのだが、
今どちらも転換期に入ってきているようだ。

「今まで国産アニメを作ってきた会社は、ネット配信時代のニーズに応えるべく、日本アニメのスタイルや更新ペースを参考にしだした。
一方、日本アニメの下請け会社は、国内向けのアニメを制作する方が、日本アニメの下請けよりも収益が出ることに気づいた」と
林氏は指摘する。
なぜなら、昨今は中国国内のアニメ制作だけで需要があり、かつ制作資金も高いためだ。
こうした流れの下、ここ5年ほどで今まで人件費の上昇に喘いでいた制作会社は苦境を乗り越えつつある。

■短期間で自宅購入!? 待遇が劇的に改善される「中国」と旧態依然の「日本」
 それに連動して、中国国内のアニメーターに対する待遇も今までにないほど高まっている。
林氏によれば「中国ではアニメの質に対する要求のレベルが日本ほどではないこともあり、“仕事量”と“収入面”で余裕が出来ています。

実際、大手のアニメ会社に務める優秀な原画マンだと、不動産が高騰するなか短期間で自宅を購入できるほど
待遇が改善されているそうです。
そしてその中には、日本でアニメ制作を勉強し、かなりの技術を身につけたものの、日本ではカツカツの生活していた
中国人アニメーターもいます」とのこと。彼らほど日中アニメーターの“待遇差”を実感した者もいないだろ。

 また、中国ではアニメーターの人材不足が深刻なため引き抜きが乱発。優秀な人材を引き抜かれないよう、
中小規模の制作会社も大手と同等以上の給料を出しているようだ。「そういう状況だから、
日本でアニメ制作を学んだ中国人アニメーターは、日本に留まるよりも、帰国するほうが生活面で遥かに安定するという
ジレンマがあります」と林氏。

■アニメにおける日中の立場は逆転する!? アニメーターの“海外流出”も
 高給が約束されるだけでなく、日本にいるよりも役職面でも上にいける中国のアニメ制作会社。
中国人アニメーターが日本のアニメ制作から離れていくように、優秀な日本人アニメーターの“海外流出”は時間の問題かもしれない。
実際、ベテランクラスで中国の制作会社に移ったアニメーターもいるようだ。言語的な意思疎通の課題はあるものの、
中国に行けばトップアニメーターとして礼遇、重用されるという現実があれば、その決断を止めることは難しい。(以下略)
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000326-oric-ent



続きを読む

1: 名無しさん 2017/10/21(土) 01:44:37.84 _USER
2017年10月19日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国はすでに全面的に日本を超えたと主張する記事が掲載された。

記事が主張する日本超えた分野の1つが「高速鉄道」だ。1960年代に新幹線を完成させた日本は半世紀にわたってリードしてきたと指摘。中国は高速鉄道の開発過程において、初期段階では新幹線から学んだ点もあるものの、師匠と言えるほどではなく、今では日本を超えたという。

別の分野は、「スマホやパソコンなどの電子製品」だ。かつて電子製品といえば日本メーカーの天下だったが、今やレノボがNECを買収するに至り、スマホでは中国メーカーが海外でもシェアを伸ばしている。

3つの目分野は、「モバイル決済」だ。日本はカード文化が根深くモバイル決済が普及しないが、中国では急速に普及した。これに対抗して日本は、70行が参加する日本の銀行連合が新たな仮想通貨「Jコイン」構想を打ち出したが、これは中国を真似たものだと論じた。

4つ目は、「軍事装備」だ。日本の主力戦闘機はF?15JとF?2だが、時代遅れの戦闘機だと指摘。中国は殲?20や殲?16が運用を開始するほか、空母遼寧に続いて国産空母も進水し、全面的に日本を超えたという。

5つ目は、「宇宙開発」だ。中国が独自開発した衛星測位システム北斗は、米ロに続く第3の成熟した衛星測位システムであり、月探査や宇宙ステーションなどの面でも進んでいるという。

6つ目は、「原子力発電所」だ。技術的には日中は同レベルであるものの、海外市場では中国が有利で、日本は福島原発事故の問題もあって世界市場では不利だとした。

7つ目は、「アニメ」だ。かつての日本アニメが中国でも人気だったことは認めつつも、今や国産アニメは実力をつけ、「女●(じょか、●は禍を女偏に)成長日記」は日本でも高く評価された作品だと紹介。中国文化を背景とした作品がどんどん生まれているという。(翻訳・編集/山中)

http://www.recordchina.co.jp/b191428-s0-c60.html
6: 名無しさん 2017/10/21(土) 01:51:23.05 
×新幹線から学んだ 
○新幹線から盗んだ 

241: 名無しさん 2017/10/21(土) 08:40:03.86
わかったわかった、じゃあ優れた中国様は日本の不法滞在者引き取ろうよ 


3: 名無しさん 2017/10/21(土) 01:46:02.56 
あんたらのNIPPONコンプレクスとやらに、興味ないから…。 


229: 名無しさん 2017/10/21(土) 07:14:02.52 
>>3 でおわってた 


231: 名無しさん 2017/10/21(土) 07:21:54.67 
>>229 
支那の日本コンプレックスは放置でいいんだけどさ、支那の大気汚染が海を越えて日本にまできてるんで。。 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/09/09(土) 15:29:32.94 _USER9
 日本の飲食店の接客マニュアルなどが、中国の文書共有サイトで多数、閲覧可能な状態になっている。

 過去には自動車メーカーなどの内部文書が公開されていたことが問題になったが、技術だけでなく「日本のおもてなし」も流出対象になっている形だ。専門家は「日本の接客は評価が高く、中国でもそれを参考にしているのではないか」と見ている。

 接客マニュアルが公開されているサイトは「百度(バイドゥ)文庫」。文書は無料で閲覧できるが、閲覧者がダウンロードすると、投稿者に換金できるポイントが支払われる仕組みだ。

 文書には日本語で「飲食店の接客サービスマニュアル」「おもてなしの基本」といったタイトルが付けられている。文書を開くと、「おじぎは上体を15度ぐらいを目安に折る」「会計ではお客様をせかすことがないよう財布をしまわれるまで待つ」など、ファミリーレストランやコンビニエンスストアでの接客作法や心構えが記されていた。

(ここまで399文字 / 残り530文字)
http://yomiuri.co.jp/national/20170909-OYT1T50091.html
no title
93: 名無しさん 2017/09/09(土) 16:49:02.69 
やばいな、中国人に 
「温かいものと冷たいものを分ける」 
技が知られてしまった 

2: 名無しさん 2017/09/09(土) 15:31:03.88 
中国人撃退マニュアルは? 

47: 名無しさん 2017/09/09(土) 15:59:35.81 
>>2 
天安門事件を認めない場合は退店 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/25(金) 16:15:23.81 _USER
多くの外国人が日本という言葉から連想する事物には何があろうだろうか。桜や和服、相撲などが比較的多く挙がると思われるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本を代表する桜や和服などは、その起源は中国にある」と論じる記事を掲載した。

中国が発祥の事物が日本に数多く存在するのは事実だが、記事はまず桜について「日本を代表する存在である桜も起源は中国にある」とし、桜はヒマラヤが起源であり、それから中国の長江流域をはじめ中国南西部に広まったと主張。

始皇帝で有名な秦王朝のころ、宮廷では桜の栽培が行われていたとし、「現代では日本を象徴する花となっている桜は中国起源だ」と論じた。

また、和服についても過去に「呉服」と呼ばれていたように、中国から日本に伝わった服であるとしたほか、日本の国技である相撲についても、唐の時代に中国から日本に伝わった格闘技が起源だと主張。

このレスリングに似たようなスポーツは中国の秦の時代の頃は角抵と呼ばれていたが、南北朝時代の頃は相撲と呼ばれたとし、その呼び方からも関連性があるとの見方があると論じた。

さらに茶道や華道も中国が起源であると主張。そもそも茶の文化が中国発祥で、中国から日本に伝わったものである以上、茶道の起源が中国にあるのは当然だと論じた。

そのほかにも記事は、畳や刺身についても中国から日本に伝わったものだとし、今日では日本を代表するものとなった事物の中には「中国発祥や中国が起源であるものは少なくない」としている。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1642665?page=1

no title

(イメージ写真提供:123RF)
41: 名無しさん 2017/08/25(金) 16:28:55.16 
>>1 
日 
本 
の 
優 
れ 
た 
文 
化 
に嫉妬する恥ずかしい猿wwwwww 


85: 名無しさん 2017/08/25(金) 16:42:56.02 
>>1 
【桜の花見】は中国はしないだろ。 
アホちゃうか。 


152: 名無しさん 2017/08/25(金) 16:59:20.73 
>>85 
中共なんで戦後○年で出来た国なのに永遠に3000年の歴史を語るとかチョン以下だわw 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/07/08(土) 06:25:59.92 _USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183708&ph=0

6日、中国のポータルサイト・網易に「日清戦争で日本が中国から奪った物」と題する文章が掲載された。写真は白菜。(Record China)
[拡大写真]


2017年7月6日、中国のポータルサイト・網易に「日清戦争で日本が中国から奪った物」と題する文章が掲載された。

筆者は「日清戦争(1894~1895年)後、日本は清に対して多額の賠償金と澎湖列島割譲を求めた。日本にとっては大きな収穫だが、これ以外に日本が奪った食物がある。現在に至っても日本人の生活に影響を与えている物だ」と切り出し、その食物の名として白菜を挙げる。文章によると、その栽培の歴史は春秋戦国時代(前771~221年)にさかのぼり、「白菜」と呼ばれるようになったのは宋代(960~1279年)からだそうだ。原産は中国北方で、その後南方に広まったという。

これに続けて筆者は、「日清戦争前に明治政府は白菜栽培を試みたが失敗した」という主旨の解説を行い、日清戦争が日本での普及を加速させたと指摘。「上陸した日本軍が庶民の作った料理を食べ、白菜の味のとりこになった。日本では貴重な白菜を手に入れるために村の家々を回り、中には銃と白菜を交換する者もいた」とした上で、「戦争終結後にその種が日本に持ち込まれた」「今日、白菜は日本の飲食で重要な位置を占めている。白菜によって日本の飲食文化は豊富になったのだ」とつづっている。

26: 名無しさん 2017/07/08(土) 06:55:25.24 
>>1 
「奪った」と言うからには、その後、中国では栽培も流通もしてないんだな? 


41: 名無しさん 2017/07/08(土) 07:11:03.01 
>>1 
さすがに嘘だろこれは。 
日清戦争とかたかだか100年ちょっと前だぜ。 


62: 名無しさん 2017/07/08(土) 07:29:21.44 
>>1 
鉄砲と白菜を交換?(°Д°) 
天皇陛下からお預かりした大事な鉄砲を交換する訳ないだろ 

┐(-。ー;)┌アホくさ 


95: 名無しさん 2017/07/08(土) 07:52:46.96 
>>62確かに…そして紛失したと分かったら、当時は、下手したら銃殺も考えらた時代ですからね… 

続きを読む

↑このページのトップヘ