中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:教育

1: マイコプラズマ(東京都) [US] 2021/08/14(土) 07:30:07.72 ● BE:295723299-2BP(4000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
中国・上海で小学生の英語試験禁止 習思想は必修化
北京は外国教材禁止 米との対立も背景か
2021年8月13日 11:00 [有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が教育分野の監督を強めている。上海市は9月の新学期から小学生の期末試験で、これまで実施していた英語の試験を除外する。試験の回数も減らす。学生の負担を軽減するためというが、同時に「習近平思想」を必修にして思想教育は徹底する。米国との対立長期化をにらみ、子供に強い愛党精神を植え付ける狙いもあるとみられる。

上海市は今月3日、新学期から3~5年生(上...

以下ソース
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM103LU0Q1A810C2000000/

続きを読む

1: 日本人 ★ 2019/03/03(日) 00:57:09.88
1

顔認証による出席確認、GPSによる位置確認、キャッシュレス。メディアの報道によると、「スマート制服」なるものが中国・西南地区の小中学校10か所で試験導入され、議論の的になっている。

 制服メーカーによると、制服の両肩にチップを埋め込むことにより、児童・生徒らの出席管理、教務管理、学校と家庭間の連絡機能などの役割を果たすことができるとしている。しかし「監視や制限が多くなり、子どものプライベートを犯すのではないか」「収集されたデータはどこでどのように使われるのか」といった疑問も出てくる。

 制服メーカーは「まだ児童・生徒に対して全面的な監視と管理を開始していない。位置情報はまだ一部の保護者の要求に対応しているだけ。データの安全性も公安部門によって厳重に管理されている」としているが、「スマート制服」は安全で心配はないということになるのだろうか。
現在入手できる情報を見ると、顔認証とカメラなどを組み合わせて使用することで、学校側は児童・生徒の遅刻や早退、寄宿舎への出入り、授業時間中の居眠りなどの状況を随時、把握できる。保護者側も子どもの学校内での状況や動きなどをいつでも知ることができる。つまり、「スマート制服」は子どもを常に監視・管理可能な状態に置くものと言うことができ、子どもの管理面で便利な側面はある。ただ、同時に大きな欠点もある。

 一つは、子どもの消費行動や所在地データが随時収集され記録されることを、学校、保護者と本人自身が理解し、同意しなければならない。

 二つ目は、青春期にある子どもらが、常時監視されることによる無力感や激しい反抗につながらないかという点。

 さらには、安全性の問題。「スマート制服」のデータはインターネット経由で伝送される。ネットには無数のウイルスなどのさまざまなリスクが待ち構えているのではないか。

 「スマート制服」が学校内に入るためには、データを安全に使えることと、リスクを適時に発見でき有効な対策を打って回避できることが求められる
http://www.afpbb.com/articles/-/3213520 
 

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/02/24(日) 15:08:54.97
 【北京時事】中国共産党と国務院(中央政府)は2035年までに「教育強国」になることを目標とする指針「中国教育現代化2035」をまとめた。「世界一流の大学建設」が柱で、原則として国内総生産(GDP)比4%以上の額を教育予算に充てると明記した。習近平国家主席は、経済や軍事に加えて、教育でも米国に対抗する方針を打ち出した形だ。

24日付の党機関紙・人民日報が伝えた。同指針は、35年までの「学習大国、人材強国」実現に向けて「高等教育の競争力の明確な向上」を図ると定めた。一方、今後の「10大戦略」の筆頭は、習主席の指導思想の徹底した学習。「愛国主義」や「政治的自覚」を高めることも求めている。

2019年02月24日14時31分
時事通信
https://www.jiji.com/sp/article?k=2019022400307&g=soc

続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/01/20(日) 11:04:09.23
アリペイジャパンは、早稲田大学の早稲田キャンパス内の生協店舗・食堂の一部に1月7日より「Alipay(アリペイ)」の導入を開始した。

早稲田大学には、約7400名を超える外国人学生が在籍している。

そのうち中国人学生は約半数にあたる約3100名がおり、国内でも最大規模の中国人学生を受け入れる大学のひとつとなっている。

中国人学生のキャンパスライフ向上を目的に、中国では一般的となっているキャッシュレス決済に対応するため、大学生協にアリペイを導入する。

導入場所は、早稲田大学 早稲田キャンパス 大学生協店舗・食堂のうち5カ所、25号館 大隈ガーデンハウス(学生食堂)、17号館 トラベルセンター、組合員サービスセンター、ライフセンター、ブックセンター。

まずは、キャンパス内で決済頻度の高い学生食堂や大学生協内の雑貨・書籍・旅行窓口からアリペイ決済を導入し、今後順次拡大する予定だ。

アリペイは、アント フィナンシャル サービスグループが提供する世界最大規模のモバイル及びオンライン決済プラットフォーム。

海外でも中国人向けのオフライン決済サービスを世界40の国と地域で提供しており、グローバルパートナーを合わせたアクティブユーザー数は10億人以上となっている。

https://www.ryutsuu.biz/it/l011812.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/09/05(水) 13:40:55.77 ● BE:887141976-PLT(16001)
中国、広東省深セン市にある巨大な幼稚園の入園式が行われた。その入園式では「楽しいダンス」が披露されると告知されており、
園児や保護者が楽しみにしていた。
しかし入園式がはじまると、披露されたダンスは黒い衣装を着たポールダンサーがポールダンスを披露したのだ。
映像では3~6歳の子がこのダンスを見ており、保護者も同伴で見ていたという。園児はともかく保護者はドン引き状態。

20代のダンサーは音楽に合わせて体を揺さぶり、ポールでくねくねしていたという。問題はポールダンスを見ていたのが
3~6歳だったことで、会場には園児500人と保護者100人余りが参加していたという。

映像は9月3日に幼稚園の入学式に参加した保護者が撮影したもので、撮影した動画はSNSに投稿し一気に拡散し問題となった。

この幼稚園は民間で運営されており、この動画を見た親達は「わいせつなことを助長する幼稚園に子どもを入園させることができない、
退園手続きしたい」と多くの人が語ったという。

また保護者の中にはブルームバーグ通信社の人もおり、今回の件が海外にまで拡散しそうな勢いである。

問題が大きくなると幼稚園がある教育局は調査を行い、「今回の件は幼稚園側が自発的にダンス業者に依頼した」と報告された。
翌日4日になるとウェイボを介して方針を発表し「この地域一帯が同じようなミスが起きないようにルールを守って欲しい」とした。

※動画あり
http://gogotsu.com/archives/42762
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ