中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:捏造

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/07/12(木) 11:45:46.82 BE:618588461-PLT(35669)
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00265828-nksports-ent

フジテレビは、8日放送の情報番組「Mr.サンデー」で岡山県総社市で起きた工場爆発の事故を報じた際にオンエアした映像に誤りがあったとして、番組公式サイトで謝罪した。

 フジテレビは同番組公式サイトに「7月8日の放送に関して」と文書を掲載。

「7月8日(日)放送のMr.サンデーで、西日本豪雨災害のニュースをお伝えした際、岡山県総社市で6日に発生した工場爆発に関する映像を複数紹介しました。
事実確認の結果、現場取材で爆発の瞬間を撮影したという方から提供を受けた動画は総社市の工場爆発の映像ではありませんでした」とし、
「訂正しておわび申し上げます」と謝罪した。

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/01(木)11:34:35 ID:???
(*動画はリンク先にてご覧下さいませ!!)

地蛋
@Wl9uZ
中国 ニセ卵

必要以上の力をこめないと割れないほど硬く、ゴムボールのように弾む卵黄をご覧下さい。
2:20
埋め込み動画
午後6:17 ・ 2018年1月31日
https://twitter.com/wl9uz/status/958630360429948928

https://mobile.twitter.com/wl9uz/status/958630360429948928?ref_src=twcamp%5Eshare%7Ctwsrc%5Eios%7Ctwgr%5Eother%7Ctwcon%5E7100%7Ctwterm%5E0

続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/22(月) 23:15:10.35 _USER
中国の北西地方の公務員2人が微細粉塵測定装置の近くに放水を行い大気汚染の数値を意図的に下げようとした。
これは測定が行われる予定だった政府の建物を丸ごと凍らせてしまい、大気汚染の測定値の数値を下げようという目論見だったようだ。

1月21日、寧夏回族自治区の施主離散環境保護庁の建物が一晩の間に放水砲により水がかけられ氷に覆われてしまった。
汚染地はそのままなのだが、外部から測定すると数値が下がってしまうというこのやりかたに、2人の公務員は処罰を受けた。
2人は、この地域の管理状態と従業員の待機状態の数値が良くなるように国の大気汚染監視装置がある建物を凍らせて工作。

no title

no title


http://gogotsu.com/archives/36449
続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/12(金) 07:29:34.19 _USER
1

http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=163215

2018年1月11日、中国網などによると、南京大虐殺記念館(侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館)が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントを通じ、南京事件の生存者の女性が10日深夜1時39分に亡くなったと発表した。

亡くなったのは陳鳳英(チェン・フォンイン)さん。陳さんは1925年9月20日生まれの92歳。記事は、「日本兵から逃れるために髪を剃り、南京市江寧区の村にあった洞窟に身を潜めた」「陳さんの兄の陳興林(チェン・シンリン)さんは日本兵に銃で撃たれて死亡した」などと伝えた。

微博にはネットユーザーから「どうぞ安らかに」「来世では幸せになってください」といったコメントともに、哀悼を表すロウソクの絵文字が多数投稿されている。


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/15(金) 08:45:26.39 ● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
【南京=河崎真澄】中国江蘇省の「南京大虐殺記念館」が14日、10年ぶりの大幅なリニューアルを終えて一般公開を始めた。
展示変更で、「南京大虐殺の史実を世界に周知させた」として顕彰されていた朝日新聞の本多勝一元記者らの写真と資料が、撤去されていたことが同日、分かった。

リニューアルは約1年をかけて行われた。
昨年4月の段階では、「レイプ・オブ・ナンキン」を著した中国系米国人のアイリス・チャンなどとともに、本多元記者の顔写真や著書「南京への道」「裁かれた南京大虐殺」、中国取材に使用したとするペンやノート類の展示が確認されていた。

中国国内で、1937年12月の旧日本軍による南京占領で起きたとされる「南京事件」をめぐり、外国人の歴史研究に依存しすぎていると批判が出ていた。

さらに、朝日新聞が2014年、朝鮮半島で戦時中に女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言報道が「虚偽だった」と認めたことなどから、
同紙の過去の報道の信頼性に疑念をもたれる恐れがあると判断した可能性がある。

一方で「性暴行」とするコーナーが設置され、「日本軍の南京占領で1カ月に2万件近い強姦事件が発生した」などと、中国語、英語、日本語の3カ国語で表記。
“証拠写真”や“証言映像”などを展示した。

同コーナーで慰安婦に関する展示を大幅拡張し、写真類に加え、南京市内の慰安所で使われたとする避妊具や避妊薬などの物品類を初めて、“鉄証(動かぬ証拠)”として展示した。

https://www.sankei.com/world/amp/171215/wor1712150024-a.html
no title


続きを読む

↑このページのトップヘ