中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:情報統制

1: 名無しさん 2018/02/19(月) 00:30:09.02 _USER9
【2月18日 AFP】中国チベット自治区ラサ(Lhasa)中心部のチベット仏教で最も神聖な場所の1つとされるジョカン寺(Jokhang Temple)で17日、火災が発生した。死傷者の情報はなく、被害状況も現在のところ明らかになっていない。

 国営新華社(Xinhua)通信は、1300年以上の歴史があり、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産にも登録されているジョカン寺で火災が発生したのは午後6時40分(日本時間同日午後7時40分)ごろで、火は間もなく鎮火したと報じている。

 国営紙チベット・デーリー(Tibet Daily)によると、火は間もなく鎮火し、死傷者は出ておらず、現場の状況は落ち着いているという。

 ソーシャルメディアに投稿された画像によると、建物の一部の屋根から黄色い炎と濃い煙が立ち上っていた。

 中国がアクセスを遮断しているツイッター(Twitter)では、国外のチベット人たちがこの火災に関する写真やコメントなどが即座に検閲を受けていると指摘している。

 英ロンドンを拠点に活動するチベット学者のロバート・バーネット(Robert Barnett)氏は、ラサの情報筋の話として「この火災に関する写真や非公式なニュースを配信した人々は警察に脅されている」とツイートした。(c)AFP

2018年2月18日 14:19
AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3162941


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/22(水) 23:12:47.50 _USER9
1

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

11月22日 22時04分

中国を訪れている「日中経済協会」の宗岡正二会長が記者会見し、中国政府がインターネット通信の制限など情報統制を強化していることに対し、企業活動に影響を与えかねないとして強い懸念を示しました。

中国では、ことし6月、インターネット通信の制限を盛り込んだ「インターネット安全法」が施行され、政府が情報統制を強化する姿勢を鮮明にしています。

これについて、中国を訪れている日中経済協会の宗岡会長は、記者会見で、「今のままであれば、大変問題だろうと思っている。国際的なルールに照らして問題があれば、政治と経済の両面から問題提起することになる」と述べ、強い懸念を示しました。

また、経団連の榊原会長は「サイバーセキュリティやデータの利活用については、日米を中心とする陣営の考えと中国の対応には、大きな差がある」と述べ、中国の指導部に対し、データ通信の制限で企業活動が妨げられないよう働きかけを強めていくべきだという考えを示しました。


続きを読む

↑このページのトップヘ