中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:平成30年7月豪雨

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2018/07/10(火) 19:20:35.44 BE:194767121-PLT(12001)
1

2018年7月10日、環球時報は、100人を超える犠牲者の出た日本の豪雨被害に対し、台湾当局が2000万円の寄付を決めたことを報じた。

記事は台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が7日、西日本で発生した豪雨被害の被災地に、お見舞いと早期復旧を祈るメッセージを
日本語で投稿したことに言及。寄付の決定はこうした動きに続くものであることを説明している。

台湾外交部の公式サイトには寄付に関する文書が9日付で掲載されており、これには過去の災害発生時に日台が互いに助け合ってきたことや、
「日本の災害状況への配慮を伝え、台日友好を示すために台湾政府は具体的な行動を取ることを決めた。被災地の早期復旧、被災者が1日も
早く正常な生活を取り戻せるよう寄付金を贈る」と記されている。(翻訳・編集/野谷)

https://www.recordchina.co.jp/b623512-s0-c30-d0063.html

続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2018/07/09(月) 13:43:21.07 _USER9
1

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180709/k10011524631000.html

天皇皇后両陛下は、9日、西日本を中心とした豪雨で大きな被害が出ている広島、愛媛、岡山の
各県の知事に対し、宮内庁の河相侍従長を通じて、お見舞いの気持ちなどを伝えられました。

宮内庁によりますと、両陛下は、今回の豪雨などによって多数の人々が犠牲となり、依然として
多くの人々の安否が不明であることに心を痛められているということです。

そして、犠牲者を悼む気持ちや被害を受けた人たちに対するお見舞いの気持ちをあらわすとともに、
災害対策のために努力している関係者をねぎらう気持ちも示されたということです。

続きを読む

↑このページのトップヘ