中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:工作員

1: Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/06/04(月) 15:18:35.69 _USER9
◆ウソつき安倍政権退陣を 埼玉1万3500人集う
2018年6月4日(月) 赤旗

(写真)「立憲主義取り戻す!戦争させない!9条こわすな!」と開かれたオール埼玉総行動=3日、さいたま市浦和区
no title


 「立憲主義を取り戻す!戦争させない!9条こわすな! 6・3オール埼玉総行動」が3日、さいたま市の北浦和公園で開かれ、1万3500人が「憲法守ろう、平和を守ろう」と声をあげました。

 小出重義実行委員長が主催者あいさつし、安倍政権による9条改憲を阻止するために「私たち市民が気迫と熱意と本気を示そう」と呼びかけました。

 元外務省国際情報局長の孫崎享さんがゲストスピーチ。北朝鮮などの脅威をあおる安倍政権を批判するとともに、外交の重要性を強調し「安倍政権には退陣してもらおう」と述べました。

 野党から、日本共産党の田村智子副委員長、立憲民主党最高顧問の菅直人衆院議員、社民党の又市征治党首、国民民主党の小宮山泰子衆院議員があいさつし、自由党の松崎哲久県連代表が、小沢一郎代表のメッセージを代読しました。

 田村氏は、「大義ある市民と野党の共闘と、『安倍首相のうそを許すな』という圧倒的な世論で、最終盤の国会を包囲しよう」と強調。菅氏は「国政選挙で野党が一本化してたたかえば、必ず安倍政権に勝てる」と訴え、野党代表が手を取り合うと、大きな拍手に包まれました。

 後援団体の埼玉弁護士会、連合埼玉、埼労連の代表もあいさつしました。

 「妻が中国人」という男性(36)=さいたま市=は「圧力ばかりではなく、もっと外国と仲良くしてほしい。安倍政権のままでは日本がどんどん、おかしくなってしまう」と語りました。

 共産党の塩川鉄也衆院議員、梅村さえこ参院比例予定候補、伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補も参加しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-04/2018060415_01_1.html



続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/19(金) 18:48:40.28 ● BE:671222566-2BP(2000)
毎日放送(MBS)は18日、昨年末に放送した同社のラジオ番組で沖縄の米軍基地反対運動を巡り、パーソナリティーの近藤光史氏(70)に不適切な発言があったとして、
近藤氏に改めて沖縄の現地を取材して番組内で報告してもらうとの方針を示した。近藤氏は既に番組内で謝罪している。

18日の同社の新春記者会見で三村景一社長が明らかにした。同社によると、番組は昨年12月26日放送の「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」(月~金曜午後0時半~)。
近藤氏は私見として「中国や韓国などの勢力が、内部から日本を分断しようとしている」とした上で、こうした勢力が基地反対運動でも活動し「純粋に反対運動をしている人は少ない」といった趣旨の発言をした。

近藤氏は翌日の番組で「純粋に反対運動をされている方々を否定するような、思いを傷つけるような表現があった」として謝罪。三村社長は「討論番組とは性質が違い、発言はバランスを欠いていた」としている。

近藤氏はMBSの元アナウンサーで、関西を中心にテレビやラジオ番組で活動してきた。【村瀬優子】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000089-mai-soci

続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/18(木) 11:12:01.11 0
 豪公共放送(ABC)は16日、在キャンベラの中国大使館が昨年10月に最大野党・労働党の議員十数人を夕食に招き、豪政界への政治工作疑惑の払拭に努めたと報じた。
その数日前、豪政府幹部は国内の学生に対し、中国共産党の影響力に備えるよう、異例の呼びかけをしていた。

 豪政府は先月、中国を念頭に、外国人から影響を受けた国内組織や政治献金の監視を強化する措置を法制化。
中国との癒着が指摘された労働党のダスティアリ上院議員が辞職表明に追い込まれるなど、豪中間のつばぜり合いは激化している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000073-san-asia


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/04(月) 19:18:21.59 BE:478973293-2BP(1501)
中国でSNSの言論規制? 「低ランク人口」が禁句に
http://www.asahi.com/articles/ASKD14R8QKD1UHBI01H.html

【悲報】“ケンモメン”が中国で禁止用語となる [478973293]
http://leia.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1512284728/
45 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 6ae4-L6cJ)[] 投稿日:2017/12/03(日) 19:28:41.80 ID:OGkFNI9c0 [2/2]
>> 41
中国では話題にできないけどな

46 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ aaee-D9HO)[] 投稿日:2017/12/03(日) 19:46:08.21 ID:IjYJgf6Y0
>> 45
できるよ。
現に北京にいる中国人である私がウェチャットで言っているし。
削除されたのは、ごくごく一部。全部削除なんてネット警察が10倍、いや100倍増えても無理。


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/20(月) 12:28:27.56 _USER
no title


共産党大会での習近平氏(2017年10月) 時事通信フォト

 第二期習近平政権がスタートした。先の党大会では2050年までに「社会主義強国」となり米国を凌ぐ軍事力を持つと宣言。日本に対しては従来に増して強硬姿勢を貫くことが予想される。その先兵となるのが中国の対日工作機関である。

 日中国交正常化45周年の今年、安倍晋三首相は中国大使館主催の祝賀会に出席(9月28日)。両国首脳の相互訪問を実現したい考えを示した。これを受け、日中関係の改善だと歓迎する声がある。

 しかし、これはあくまで表面上の動きに過ぎない。これまで中国は、したたかな外交戦略で日本を揺さぶる一方、あらゆる手段で対日工作を仕掛けてきた。政界では反中派を抑え込み、親中派議員を増やすことに注力。近年は小渕優子氏ら「親中派二世」にも接近していた。

 それが最近、変化したという。産経新聞外信部次長の矢板明夫氏が語る。

「以前の中国は、旧田中派を中心とする政治家と裏で握って親中派を作る一方、日中友好7団体などを舞台に政財界とのパイプ作りに奔走した。

 しかし安倍政権が対決姿勢を強めて世間的にも反中感情が広がるなか、わずかな親中派を作っても焼け石に水で意味がなくなった。大使館中心の諜報活動などは継続しているが、一時、政財界への裏工作は少なくなった」(矢板氏)

 代わりに習近平政権が進めるのが、“反日日本人”を支援、育成し利用する工作だ。

「最近の中国は、歴史問題などで中国側の意見を支持するリベラルな日本人を積極的に支援している。左派の活動家や弁護士、研究者などの言説を紹介して反日を煽り、内政への不満をそらす戦略です」(矢板氏)

 実際に近年、中国メディアに登場して中国寄りの発言をする日本人が目立つ。

 たとえば、明治学院大学国際平和研究所研究員の石田隆至氏は、人民日報(2016年8月15日付)に寄稿した「日本は隣国の正義に耳を傾けるべき」の記事で日本の安保法制を厳しく批判し、「東アジアにとっての真の脅威は中国ではなく日本である」と結論づけた。

 歴史学者の笠原十九司氏は今年9月、南京で開かれたシンポジウム「南京大虐殺と日本の戦争犯罪」に出席。「安倍内閣は、大虐殺の歴史を否定する態度を取る者が少なくありません」などと憂慮を示したという。中国の国営通信社が伝えた。

 中国はこうした言説を徹底的に利用すると評論家の石平氏は指摘する。

「南京大虐殺を『事実』とするコメントは中国政府の公式見解と合致し、『東アジアの脅威は日本』とのコメントは中国脅威論を取り消すための材料となる。官製メディアに掲載される日本人の意見はその後、反日宣伝材料として繰り返し利用されます」

 もう一つ見逃せない動きは、中国で相次ぐ日本人の「スパイ拘束」である。

 たとえば今年9月18日、大連市国家安全局はスパイ活動に関わったとして日本人ビジネスマン1人を逮捕した。これで2015年以降、スパイ容疑で中国当局に拘束された日本人は12人に上る。

「そもそも拘束された日本人は通常のビジネスを行っていただけと考えられます。しかも昔なら“親中派議員”を使い水面下で交渉をしたが、最近の中国は堂々と公表する。

 9月18日は満州事変の発端となった柳条湖事件の日であり、反日ナショナリズムを煽るにはうってつけの日でした」(矢板氏)

※SAPIO2017年11・12月号

https://www.news-postseven.com/archives/20171120_626635.html


続きを読む

↑このページのトップヘ