中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:尖閣諸島

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [NL] 2018/06/20(水) 21:32:12.48 BE:844481327-PLT(12345)
八重山毎日新聞社説 尖閣の政治利用をやめよ
 ■戦争の記憶薄れ右傾化進む

沖縄戦終結の「慰霊の日」を前にした18日の本紙に、県内外各団体の「慰霊塔、維持困難に」「高齢化進み、譲渡も」という記事があった。
その傍らには弾道ミサイル防衛システムの「陸上イージスで説明会」「候補地の秋田、山口」の記事もあった。これはまさに今の日本の姿を象徴している。

戦後73年を経て今の日本は確実に戦争の記憶が薄れる一方で、安倍政権は軍事費を6年連続で5兆円超にまで増やして日米同盟強化で軍備増強を進め、高齢者らは「73年以前の悪夢が再び足音高く迫ってきている」と不安を訴える。
しかもその不安は戦争の悲惨さを知らない戦後世代が人口の大半を占め、若者を中心に政治に無関心や右傾化が進んでいることが背景にある。

それは八重山も同様で、先日の自衛隊配備反対の「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会議」の会合でも戦争の恐ろしさを知らない首相や市長、市議らが国や島のリーダーになっている不安が示されたが、まさに現状はそういう危うい状況に進んでいる。

だからこそ学校の先生方には大変なことだが沖縄戦の記憶継承、平和学習に頑張っていただきたいと切に願う。

 ■中国は本当に攻めてくるか

石垣市の意見交換会で陸自配備賛成の市民らは、「自衛隊という抑止力が無ければ中国軍が上陸して占領し、島全体が中国の軍事基地になることはあり得る」と語っていたが、本当に心からそう思っているのだろうか。

恐らくそう思っていないから、「自衛隊がいれば迅速に災害救助や急患輸送ができるし、人口増や基地事業で島の経済が活性化する」などと島が攻められる危機感と全くかけ離れたそういう悠長な配備論が出てくるのだろう。

攻めてこないなら自衛隊配備は必要ない。
それを安倍政権や推進派は中国や北朝鮮が今にも尖閣や石垣に攻めてくるような不安をあおり、石垣をはじめ南西諸島に自衛隊配備が必要と仕向ける政治利用はやめるべきだ。

中国が日米を相手に「大戦争」の危険を冒してまで攻めてくるとはとても思えない。もしそれがあるならその理由は一体何なのか。
脅威を強調する市長も具体的な説明はなく、単に脅威をあおっているようにしか見えない。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/33681/
続きます

続きを読む

1: みつを ★ 2018/06/08(金) 05:18:22.08 _USER9
スクリーンショット 2018-06-08 17.19.20

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180608/k10011468421000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

日中の「海空連絡メカニズム」きょうから運用開始 課題も
2018年6月8日 11時11分

海上や空での偶発的な衝突を避けるため、日中両政府が先月合意した「海空連絡メカニズム」は8日から運用が始まりましたが、まだ整備されていないものもあり、十分な意思疎通を図れるかが課題となります。

日中両政府の「海空連絡メカニズム」は海上や空での偶発的な衝突を避けるため、連絡方法などを取り決めたもので、10年にわたる協議を経て、先月の日中首脳会談で合意しました。

「連絡メカニズム」には、自衛隊と中国軍の艦船や航空機が遭遇した場合に、国際基準に基づいて連絡を取り合うことや、不測の事態に備えて、防衛当局間にホットラインを設けることなどが盛り込まれていて、8日から運用が始まりました。

ただ、防衛当局間のホットラインは、お互いの幹部がやり取りをすることは決まっているものの、具体的な内容は今も、調整が続いていて、整備のめどは立っていません。

このため、「連絡メカニズム」は「ホットライン」が設けられないままの運用開始となり、十分な意思疎通を図れるかが課題となります。

続きを読む

1: みつを ★ 2018/06/05(火) 17:07:41.14 _USER9
1

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180605/k10011465141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

尖閣沖 中国海警船4隻が一時領海に侵入
6月5日 17時05分

5日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入し、海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。
第11管区海上保安本部によりますと、5日午前10時すぎ尖閣諸島の魚釣島の沖合で中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入しました。

4隻はおよそ1時間半にわたって領海内を航行したあと、いずれも正午前までに領海を出たということです。

4隻は、5日午後3時現在、尖閣諸島の南小島の南東およそ28キロを航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。

尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船が領海に侵入したのは先月24日以来で、ことしに入って合わせて11日となります。

外務省が電話で抗議

沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船による日本の領海への侵入が確認されたことを受けて、外務省の金杉アジア大洋州局長は東京にある中国大使館の公使に対し、「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領海への侵入は日本の主権の侵害にあたり、受け入れられない」として、電話で抗議しました。

官邸が対策室設置

中国海警局の船が、日本の領海に侵入したことが確認されたことから、政府は、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「情報連絡室」を「官邸対策室」に切り替えて、情報収集と警戒監視にあたっています。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(静岡県) [US] 2018/06/03(日) 17:29:21.43 BE:762376718-PLT(12000)
1

日本人は尖閣諸島をめぐる有事で米国が中国に対抗行動をとると考えている人がごく少ない(14.0%)のに比べ、韓国人は実に54.8%が対抗行動をとると信じている。
これは3年前と比べると少し増えている。

もちろん、日韓では、想定される主要な紛争当事国が中国の場合と北朝鮮の場合で出方が異なることも影響しているだろうが、日本のクールな態度は突出していると言えるだろう。

以下ソース

https://www.fnn.jp/posts/00318860HDK

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/05/29(火) 11:20:16.83 BE:323057825-PLT(12000)
1

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で29日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは25日以来。

尖閣周辺に中国船 25日以来
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/420230/

続きを読む

↑このページのトップヘ