中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:尖閣諸島

1: チンしたモヤシ ★ 2018/11/13(火) 09:54:58.76 _USER9
尖閣周辺に中国船 8日連続
産経 2018.11.12 10:44
https://www.sankei.com/politics/news/181112/plt1811120003-n1.html

 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で12日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは8日連続。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、4隻は11日にも一時領海侵入するのが確認されており、うち1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/11/12(月) 09:48:25.86 _USER9
1

先代より大型化”尖閣対応”も 海上保安庁初の6000トン型巡視船が進水 山口・下関市
FNN テレビ西日本 2018年11月9日 金曜 午前11:55 リンク先に動画
https://www.fnn.jp/posts/2018110900000001TNC

海上保安庁では初となる6000トン型の新型巡視船の進水式が、山口県下関市の造船所で行われました。

下関市の三菱造船江浦工場で行われた進水式には、海上保安庁などから約40人が参加しました。

進水したのは全長134メートル、総トン数6000トンのヘリコプター搭載型巡視船「みずほ」です。

「みずほ」は名古屋市の第4管区海上保安本部に配属されている5500トン型の先代の「みずほ」の後継として、約154億円の費用をかけて建造されています。

40ミリ機関砲を装備しているほか、ヘリコプター2機の運用が可能で、管内での警備救難や尖閣諸島周辺を含む遠方海域での治安維持にあたる予定です。

「みずほ」は来年度中に就役することになっています。

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/11/06(火) 13:45:18.53 _USER
1

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。

4隻は、6日午前9時現在、尖閣諸島の久場島の北およそ31キロから32キロを航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。

NHKオンライン 2018年11月6日 10時50分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181106/k10011699901000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008 

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2018/11/04(日) 07:29:54.13 BE:844481327-PLT(12345)
日米両政府が2015年改定の日米防衛協力指針(ガイドライン)に基づき、自衛隊と米軍による初の対中国共同作戦計画の策定作業を進めていることが3日、分かった。
沖縄県・尖閣諸島での有事を想定し、来年3月までの取りまとめを目指すが、計画内容に関する調整が難航する可能性もある。複数の政府関係者が明らかにした。

16年3月に施行した安全保障関連法の新任務も盛り込むとみられる。軍拡を続ける中国に対抗し、一体化を加速させる日米の実態が一層鮮明になった。

日米は米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を確認している。(共同通信)

https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-828903.html
no title

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/10/14(日) 11:00:55.93 ● BE:121394521-2BP(3112)
14日朝、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのが確認され、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、14日午前7時半すぎ中国海警局の船4隻が尖閣諸島の久場島沖の接続水域に相次いで入ったのが確認されました。

4隻は午前9時現在、久場島の北西およそ32キロ付近を航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。

no title


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181014/k10011671021000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

続きを読む

↑このページのトップヘ