中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:宇宙開発

1: 名無しさん 2017/11/19(日) 09:40:18.08 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
制御不能に陥っている中国の宇宙ステーション「天宮1号」が、4カ月以内にも地上に落下する見通しであるとの
予測を、欧州宇宙機関(ESA)が発表した。2011年9月に打ち上げられた天宮1号だったが、16年9月から制御不能に
陥った。もともと高度380キロから320キロの間で軌道を描いていたものの、徐々に地球へと近づきつつあり、
高度300キロのあたりを周回している。ESAの専門家によれば、天宮1号が現在は、辛うじて保っている現在の軌道からも、
来年の1月から3月の間には外れ、そのまま地表へと落下するという。

天宮1号は、全長10.4メートルで、総重量は8.5トンに及ぶ。ちょうど中型トラックを想像すれば近いかもしれない。
これが宇宙から落下するというのだから一大事だが、ESAの専門家によると、大気圏突入時にほとんど燃え尽きるが、
一部の部品は地表に到達する可能性もあるという。

海外には、重さ100キロの部品や有害物質が地表に到達する危険性を指摘するメディアもある。しかし、落下物がたとえ
ネジ1個だったとしても、まさに空から弾丸が降ってくるようなものである。
気になる落下地点だが、ESAによると、北緯43度から南緯43度までの間となることが予測されている。この「危険地帯」には、
ニューヨークや北京、ニューデリー、香港、そして東京など、世界の主要都市が密集しているのだ。ESAは今後、天宮1号の
落下を監視する国際的連携を主宰するとしている。
人的被害が出る確率は低いとはいえ、中国が進める宇宙強国化の尻拭いを国際社会が行わなければならないというのは、
どうにも納得がいかないところだ。

http://tocana.jp/2017/11/post_15127_entry.html
no title

https://www.thesun.co.uk/tech/4876239/runaway-tiangong-1-chinese-space-station-could-smash-into-a-major-city-next-year/
no title


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/17(金) 10:50:46.99 _USER
米情報セキュリティー企業「ファイア・アイ」でアジア太平洋地域のサイバー犯罪の調査を指揮するティム・ウェルズモア氏が東京都内で産経新聞のインタビューに応じ、「中国のハッカー集団が今年に入り、日本の官公庁や航空宇宙産業などを標的に情報を盗むサイバー攻撃を強化している」と明らかにした。中国政府が支援してすでに被害が出ているとし、日本の先端技術や機密情報が流出する危機を強調した。米捜査機関などは情報を共有し、調査を開始している。(板東和正)

 ウェルズモア氏によると中国を拠点とするハッカー集団は「APT10」で、知財や情報の窃取を目的とした攻撃を実施。2009年ごろから活動を開始し、今年に入って米国や日本、英国などに攻撃を拡大した。APT10による攻撃対象は米国が全体の54%と最も多く、日本は17%と2位。

 ウェルズモア氏は「アジアでは日本が標的の中心にされ、官公庁、製造、防衛・航空宇宙産業、金融などさまざまな業界が攻撃を受けている」と指摘。「攻撃が成功して被害が生じた事例もあり、警戒が必要だ」とした。攻撃手法は、メールの添付ファイルにウイルスを仕込み、開封するとシステムが感染するなど多種多様という。同社は今年1月ごろ、科学関連予算の相談を装うウイルスメールが日本の官公庁に届いたことを確認している。

中国政府がハッカー集団を支援しているとの根拠について、ファイア・アイがAPT10を約8年間観察した結果、「高度な攻撃を執(しつ)拗(よう)に一貫して続けており、国家の支援なしでは不可能と判断した」と説明。成功すれば国益につながる攻撃を繰り返している状況も分析し、中国政府の関与を断定したという。

 ウェルズモア氏は、中国が今年から攻撃を強化している理由について「不明」とした上で、「他国の情報を収集しろという国家の要求が高まっているのだろう」と推察した。

 中国は、「諜報活動などを目的としたサイバー攻撃で世界をリード」(ウェルズモア氏)している。ファイア・アイによると、APT10を含め中国政府から支援を受けるハッカー集団は計29グループ確認されており、世界最多という。

 ■ファイア・アイ 2004年に創業した米セキュリティー企業。米国や英国など14カ国に拠点を持つ。国家間の政治情勢にからむサイバー攻撃の動向を調査し、企業、官公庁、捜査機関などに情報や対策製品を提供。顧客は67カ国以上、6千を超える。


2017.11.17 06:48
http://www.sankei.com/world/news/171117/wor1711170005-n1.html

no title

APT10による攻撃対象の国の比率


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/11(土) 02:28:06.35 BE:415581673-PLT(18000) ポイント特典
1

世界最大500メートル電波望遠鏡「FAST」が2016年に中国・貴州省に完成し、中国を拠点とする地球外生命体の探査が本格化しました。
2017年時点で地球外生命体が観測されたという報告は上がっていませんが、「中国が地球外生命体とコンタクトを取ったら」というSF小説が、
オバマ大統領やFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOに絶賛され、話題になっています。
世界で最初に中国が地球外生命体と接触したら何が起こるのか?ということが、作者のインタビューによって語られています。

以下ソース
https://gigazine.net/news/20171110-china-race-to-find-aliens-first/

4: 名無しさん 2017/11/11(土) 02:28:53.49 
答.とりあえず捕まえて食べます 


7: 名無しさん 2017/11/11(土) 02:29:53.30 
四本足ならとりあえず食う 
机と椅子以外の四本足は何でも食うからなシナ人は 


8: 名無しさん 2017/11/11(土) 02:30:17.04 
まずは食べるよな 


9: 名無しさん 2017/11/11(土) 02:30:25.96 
もう書くことなかった 


11: 名無しさん 2017/11/11(土) 02:30:59.81 
ソース見たらヒューゴー獲っててワロタ 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/09/20(水)07:31:18 ID:???
1

2017年09月19日 12時07分00秒

中国が運用してきた宇宙ステーション試験機「天宮1号」が、2018年1月の前後1カ月の範囲内に地球の大気圏に突入するという
最新の予測が発表されました。
天宮1号は2016年に中国政府によって「制御不能」が公表されて以来、徐々に高度を落としてきており、その最終落下地点はまだ
「予測できない」という状況です。

天宮1号は中国が2011年に打ち上げたもので、将来の本格的な宇宙ステーション建設のための実験機として運用が行われました。
本体部分の全長が約10メートル、質量は8.5トンという機体で、実験装置室と物資保管室を持つことで内部で実験を行うことが
可能となっていました。

軌道投入後は、後から打ち上げた宇宙船とドッキングする実験を繰り返し、実際に人が乗り込んで滞在する試験も行われてきた
天宮一号でしたが、運用が停止されて以降は世界中の
科学者から「制御が行われていないのでは」と指摘されるようになります。
そして2016年9月には、中国政府が正式に制御不能状態にあることを認めています。制御が行われなくなった天宮1号は、
軌道上にわずかに存在する薄い大気の影響を受けて徐々にスピードを落としており、地球の引力に引き寄せられて徐々に
高度を落としています。

これまでにも何度か軌道高度の修正を繰り返してきた天宮1号でしたが、2015年12月の修正を最後に「放置状態」が
続いてきたとのこと。もう人為的な対策が行われないことになると、そのまま高度を下げ続けることが避けられない状態です。

(以下略)

gigazine/9月19日
http://gigazine.net/news/20170919-china-tiangong-1-crash-back-early-2018/


3: 名無しさん 2017/09/20(水)08:57:44 
さすが中国。最大級の宇宙ゴミ。
それとも、ごみのふりをした新たな兵器? 


2: 名無しさん 2017/09/20(水)08:23:06 
中国に落ちるように誘導できんもんかね? 


4: 名無しさん 2017/09/20(水)09:13:23 
いやいや、本当に宇宙ステーションを打ち上げたのか?
俺は信じないぞ
中国にそんな技術があるはずがない
何もかも全部中国のホラだろ 


6: 名無しさん 2017/09/20(水)09:19:34 
中国に落ちそうって話になったらミサイルで粉々にしてデブリばら撒きそうだけどな 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/05/12(金) 06:36:59.19 _USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177848&ph=0

2017年5月11日、中国メディアの観察者網は日本メディアの報道を引用し、宇宙開発で中国に後れを取った日本は、新たな戦略が必要だとする記事を掲載した。

記事は、中国の「天舟1号」が無人宇宙実験室「天宮2号」とドッキングし、燃料注入に成功したことに触れ、宇宙ステーションに食料や物資などを補給する貨物船は、宇宙飛行士の長期滞在に欠かせないものだと、この成功の意義を強調した。

90年代までは宇宙開発で日本が優位だったものの、今では中国に後れを取るようになった。その理由について記事は、日本メディアが中国の宇宙開発には膨大な軍事予算があるためだと分析していると紹介。別の理由として、日本が米国のスペースシャトルへの便乗で満足している間に、中国は長征ロケットの技術を着々と積み上げてきた、その計画性にあるとした。

記事は、日本の宇宙開発は欧米と比較しても相当遅れており、コスト面からも日本のビジネス展開は苦戦を強いられると分析。そのため、日本は各国との競争に勝利するためには専門的なハイテク技術に特化した独自性の高い戦略が求められると主張した。

しかし記事は、日本メディアが宇宙強国を目指す中国はGPS「北斗」の確立を急いでいて、今後も多くの衛星を投入することが予想されるため、「宇宙空間を残骸や破片で汚す行為は慎むべきだ」と余計なひと言を加えたと伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本は中国のことがうらやましくて憎らしくてたまらないのだろう」、「日本は今後、普通の小国という立ち位置に慣れる必要がある」などのコメントが寄せられた。

また、「日本に戦略なんてあったことがあるのか?」、「日本の宇宙開発技術の実力と野心は疑いようがない。でも日本にはお金があるのか?そして米国の同意を得られたのか?」との意見もあった。

16: 名無しさん 2017/05/12(金) 06:49:53.05 
>>1 
判った判った 
対中国のODAは全廃な 


58: 名無しさん 2017/05/12(金) 07:13:53.21 
>>1 
そうだなぁ。小国から発展途上国待遇はできないし、ODAも出せないなあ。中国は大国らしく国連負担金ちゃんと負担しなよ。 


145: 名無しさん 2017/05/12(金) 08:02:14.90 
>>1 
全部、ソ連のお下がりじゃねーか。 

続きを読む

↑このページのトップヘ