中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:在日中国人

1: ばーど ★ 2018/10/18(木) 21:14:28.58 _USER9
警視庁丸の内署は18日、東京都千代田区の東京高裁で、男性書記官に六法全書を投げ付けたとして、公務執行妨害容疑で中国籍の無職の女(55)=東京都渋谷区=を現行犯逮捕した。書記官にけがはなかった。女は「本を閉じただけ」などと容疑を否認している。

 丸の内署によると、女は民事裁判の当事者で、書類に署名するよう求められていたという。詳しい状況を調べている。

 逮捕容疑は18日午後3時45分ごろ、書記官室で六法全書や書類を投げ付けた疑い。

2018/10/18 20:16
共同通信
https://this.kiji.is/425613861230117985

続きを読む

1: 部屋ねこ ★ 2018/10/13(土) 00:19:12.30 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181012-00403001-fnn-soci

中国人の曹洪宇容疑者(20)は、9月、中国人不良グループの仲間らと、東京・豊島区西池袋のカラオケ店で、個室にいた男子高校生をマイクで殴ったり、馬乗りで顔を殴るなどしてけがをさせた疑いが持たれている。

曹容疑者の交際相手が男子高校生の交際相手とSNSでトラブルになったため、曹容疑者が仲間を呼び集め、暴行に及んでいて、警視庁は中国人不良グループの違法行為への警戒を強めている。
スクリーンショット 2018-10-16 14.15.46
 

続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/10/09(火) 12:45:35.62 _USER9
 日本銀行職員らをかたって高齢男性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、警視庁少年事件課は詐欺未遂容疑で、中国籍の無職、雷(レイ)雨(ユー)容疑者(22)=埼玉県蕨市塚越=と高校生を含む17~19歳の男女3人の計4人を逮捕した。

 調べに対し、中国籍の無職少年(19)=同県川口市=は容疑を否認、3人は認めている。

 同課によると、4人は特殊詐欺グループの受け子や見張り役で、都立高2年の少女(17)が中国の会員制交流サイト(SNS)を通じ、他の3人に犯行を持ちかけたとみられる。

 4人の逮捕容疑は2日、何者かと共謀し、警視庁職員を装って東京都台東区に住む無職男性(87)方に「詐欺の犯人を捕まえた。あなたのキャッシュカードが被害に遭っている」などと電話。その後、日銀職員をかたって男性宅を訪れ、信用金庫のカード3枚をだまし取ろうとしたとしている。

 同課によると、電話の内容を不審に感じた男性が下谷署に相談して発覚。だまされたふりを続け、男性宅周辺に来た4人を現行犯逮捕した。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15418345/

続きを読む

1: Toy Soldiers ★ 2018/10/09(火) 12:57:23.01 _USER9
 弁護士などを装って高齢の女性から現金をだまし取ろうとしたとして、受け取り役の中国人の男が逮捕されました。

 王為興容疑者(34)は仲間と共謀して埼玉県の女性(68)から現金400万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。
警視庁によりますと、女性はこれまでも弁護士を名乗る男から「財産を差し押さえられる前に金を預かるので送ってほしい」などと嘘の電話を受けて、合わせて2350万円を郵送していましたが、
今回は別の詐欺事件を捜査していた警察官が女性に電話をしたことで発覚しました。王容疑者は容疑を否認しています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000137894.html

続きを読む

1: 蚯蚓φ ★ 2018/10/01(月) 00:07:28.29 _USER
no title

▲東京五輪・パラリンピックマスコット

2018年9月27日、華字紙・日本新華僑報は、2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア応募の受け付けが26日に始まったことを伝えるとともに、在日中国人がボランティア参加に意欲を示していることを紹介した。

記事は、「募集人数は11万人を超え、史上最大規模のボランティアチームとなる。応募条件は、応募者が20年4月1日までに18歳に達しており、かつ大会期間中に10日以上、1日8時間活動することである。日本の在留資格を有する外国人も応募可能」と紹介した。

さらに、「小池都知事は募集説明会で、大学生に奮って参加するよう呼び掛けた。大会組織委副事務総長も大学生の熱意と関心を感じていると述べた。大学生に積極的に参加してもらうために、文部科学省はすでに全国の大学に対し、授業日程を柔軟に調整するよう要請した」と伝えた。

次に、日本のメディアが都内の大学生に対して行った調査を紹介。「『参加したい』『やってみたい』と答えた学生は45人しかおらず、『参加したくない』が55人であった。2年後は就活で忙しく、ボランティアをする時間も気力もないだろうと言う学生もいれば、2年後はすでに就職しており、今は将来の状況が予測できず、ボランティアのことは当面考えられないと言う学生もいた」と伝えた。

記事は続いて、大学に入学したばかりの中国人留学生、李瑜(リー・ユー)さんの声を紹介。李さんは、「ボランティアに応募します。自分の力で海外からの観光客の手助けをしたいですし、五輪がスムーズに実施できるよう貢献したいです。それと、このような活動に参加することによって、人生経験を豊かにしたいです」と語った。

また、在日中国人女性の陳(チェン)さんは、「私たちはボランティアを希望する人たちのグループを作り、関係情報をグループで共有しています。グループにはもう数百人の在日中国人がいます。メンバーは会社員、学生、主婦とさまざまですが、みんなこの日本社会で在日中国人としての意欲や熱意を示したいと思っているんです」と語ったという。(翻訳・編集/林)

ソース:レコードチャイナ<東京五輪のボランティア、在日中国人がわれ先にと申し込み―華字紙>
https://www.recordchina.co.jp/b648919-s0-c50-d0143.html

続きを読む

↑このページのトップヘ