中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:商標登録

1: ぐれ ★ 2021/08/22(日) 09:49:46.59
2021/08/21 08:0136Kr Japan

無印良品、今治、青森……日本の著名ブランドや地名が中国企業に商標申請・登録されるケースが後を絶たないが、東京オリンピックのメダリストたちも、早くもターゲットになっている。中国で知財行政を所轄する国家知識産権局は8月19日、「企業が選手の姓名やニックネームなどを奪ってその名声を不正に利用するのは権利の侵害」として、109件について申請者名などを公表し、「却下する」と発表した。卓球の伊藤美誠選手やスケートボードの堀米雄斗選手も商標申請されているとの情報があるが、リストに掲載されたのは中国人選手のみだった。

金メダル翌日に申請ラッシュ

109件の内訳をみると、商標申請は東京五輪で突如注目された「新星」に集中している。もっとも多かったのは国際大会初出場ながら女子高飛び込みで金メダルに輝いた全紅嬋選手。14歳であることや貧しい農村で生まれた5人きょうだいの真ん中の子どもという生い立ちがクローズアップされ、全紅嬋選手の実家に野次馬が押し寄せるフィーバーが起きた。彼女が金メダルを獲得したのは8月5日。知識産権局によると、翌6日から10日にかけて「全紅嬋」の商標申請は30件あり、全て却下される。

また、全紅嬋選手はインタビューで「あなたはどんな性格ですか」と質問された際に、「性格(Xingge)」を発音が同じ「杏哥(杏兄さんの意味)」と勘違いし「杏哥?杏哥って誰?」と聞き返した様子が大きな話題になった。この「杏哥」に至っては53件が商標申請されていた。

他には射撃で2つの金メダルを獲った清華大学在籍の楊倩選手に関係する言葉が9件、男子100メートル準決勝でアジア新記録となる9秒83を出した蘇炳添選手のニックネーム「添神」が12件あった。

「伊藤美誠」はリオ五輪前に申請、現在は無効
中国オリンピック委員会も8月18日、SNSウェイボの公式アカウントで「中華人民共和国商標法」「中華人民共和国反不正当競争法」などに基づき、本人(未成年の場合は保護者)の同意がなければ、選手の姓名を商標に申請してはならないと警告した。

同リストには入っていないが、伊藤美誠、堀米雄斗両日本人選手も商標申請されているとの情報が流れている。企業データベースの「企査査」などで検索すると、「伊藤美誠」はリオデジャネイロ五輪2カ月前の2016年6月に深セン市の企業に商標申請されたものの、却下されて無効となっている。

一方、「堀米雄斗」は東京五輪開幕前の7月28日、25類(アパレル、靴、帽子など)で個人によって商標申請され、現在は「申請中」のステータスだ。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/36kr/business/36kr-147836

続きを読む

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/10/31(土) 11:56:54.70 _USER9
10/31(土) 11:30
東スポWeb

「鬼滅の刃」やはり中国企業に狙われていた すでに20社以上が商標登録申請、許可待ち
中国企業の“標的”となった「鬼滅の刃」
 鬼滅ブームが止まらない。大ヒット漫画を原作にしたアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が、16日からの公開10日間にして100億円を突破。30日には「オリコン週間コミックランキング」で、全22巻が上位22位を独占するという快挙も達成された。グッズを含めた関連市場規模は拡大する一方だが、その甘い汁を吸おうと、中国では無関係の企業が「鬼滅の刃」の商標登録を狙っている。

【写真】叶美香が「鬼滅の刃」甘露寺蜜璃コスプレ公開

 すごい社会現象だ。関連するニュースが連日報じられている。海賊版やコピー商品摘発のニュースは聞かない日がない。しかし、多くは日本経済にとって明るいニュースだ。

 日本郵便は30日、年賀はがきの公式販売サイトにアクセスが集中し、つながりにくい状態が続いていると明らかにした。「鬼滅の刃」と今年末で活動休止するアイドルグループ「嵐」をデザインした特製年賀はがきに注文が殺到。同社が「受注生産のため品切れの心配はない」と呼び掛けなければいけないほどだ。

 同じく30日には国の伝統的工芸品「三州鬼瓦工芸品」の生産地である愛知県高浜市で、「鬼滅の刃」のキャラクターを彫刻した瓦の記念碑が完成し、除幕式が行われた。「鬼師」と呼ばれる鬼瓦職人が作ったもので、三州瓦工業協同組合(同市)の関係者は「鬼瓦と縁のなかった若い人たちが、いぶし銀の格好良さを知るきっかけになれば」と期待している。

 また、この日、台湾で映画の日本語版が95館で公開された。来月から中国語吹き替え版も上映される。台湾の国営通信社「中央社」によると、主人公・竈門炭治郎の声を担当したチェン・シンユー(銭欣郁)がプレミア上映会に出席し、「アフレコの最中に8回は泣いた」と話したという。

 漫画は14言語に翻訳され、33の国・地域で出版されているように世界的人気の「鬼滅の刃」について、やはり中国ではすでに商標登録申請を行う企業が相次いでいる。日本で劇場版が大ヒットしていることは中国でも大きく報道され、社会現象を巻き起こした。ECサイト(商品販売サイト)で関連グッズも販売されている。

 中国で商標権を管轄している国家知識産権局商標局のサイトで「鬼滅の刃」を検索すると、すでに20以上の中国企業によって商標申請が行われていたというから驚きだ。

 その業種は教育、広告、家具、アパレル、飲食、日用品など多岐にわたる。いずれの企業も現在、許可待ちという状態となっている。

 現在、習近平政権は、自国が世界から「パクリ国家」と呼ばれることを嫌い、国家的にコピー商品、海賊版追放を行っている。そして、世界に恥をさらしたくない政府と、目先の儲けを追求する民間企業のいたちごっこが続く。

 ユーチューブチャンネル「地球ジャーナル ゆあチャン」で情報発信している中国人ジャーナリストの周来友氏はこう語る。

「もし、『鬼滅の刃』が中国企業によって商標登録されるようなことになれば、中国は国として世界的に信用を失うことになるでしょう」

 だからこそ、商標局が許可を出すとは考えにくい。

 しかし、周氏は「中国国内の商標登録については、日本の『無印良品』を展開している株式会社良品計画が中国に進出する際、『無印良品』というブランド名を先に商標登録していた中国企業に提訴され、本家であるはずの良品計画が敗訴するという信じられない事件も起こっています。中国企業による『鬼滅の刃』の商標登録が許可されるようなことが起これば、良品計画と同じような事態となる可能性があるのです」と指摘している。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc4d918f5ba5852aebf54d1e134822b0fc0436d9

続きを読む

1: ヒョウ(宮城県) [US] 2020/07/06(月) 21:05:03.31 ● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
電通が「アマビエ」の商品登録を申請も、6日に取り下げ…「独占や排他的使用は意図せず」と釈明

大手広告代理店の電通は6日、「アマビエ」の商標登録出願を取り下げた。同社への取材で分かった。
ネット上などで「権利を独占するつもりか」等の批判が寄せられていたことを考慮したもので、同社は「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」と釈明している。

アマビエは京都大附属図書館所蔵の史料「肥後国海中の怪」に描かれた妖怪。コロナ禍の中「疫病退散」のシンボルとして、多くのクリエーターや企業が原画をアレンジした
作品や商品を製作している。電通は6月30日に特許庁に雑貨だけでなく電子出版物など広告マーケティングに関する188項目の商標登録を出願。
Twitter上で「#電通のアマビエ商標登録に抗議します」のハッシュタグが広がるなど、“炎上”騒ぎになっていた。

これについて電通は「当社取引先において『アマビエ』という名称を使うキャンペーンを検討していました。現時点では商標登録されていなかったものの、
今後、第三者が商標登録をする可能性を考慮した結果、キャンペーン中に権利侵害が発生する可能性があるため登録を試みました」と説明。

6月には、北海道のアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」の開業を前に、中国広東省の個人が日本の特許庁に「AINU」を商標登録出願していたことが判明するなど、
近年、商標権を巡るトラブルが増える中の対処だったという。

一方で、「権利を独占するつもりか」「コロナをも利益の道具にしている」など批判が殺到。社内で再検討した結果、6日に出願取り下げ手続きを行ったという。

アマビエに関する商標は、本日時点で12社から出願(うち「アマビエ」は2社)され、いずれも審査待ちとなっている。

https://maidonanews.jp/article/13521401

続きを読む

↑このページのトップヘ