中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:台湾

1: ろこもこ ★ 2021/06/30(水) 12:10:35.59 _USER
http://news.searchina.net/id/1700357?page=1

 いち早くワクチンを開発し、海外にも提供することで「ワクチン外交」を展開してきた中国では、中国国民へのワクチン接種も急速に進んでいる。ワクチンを接種するかどうかを、個人の選択に任せているのは日本と同じだが、現実的には選択の余地があまりないようだ。

 一方、中国には仕事や留学などを目的に長期滞在している台湾人も大勢いるが、こうした台湾人は中国のワクチンを打ちたがらないのだという。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、「中国製ワクチンを打ちたがらない台湾人がいる」と批判する動画を配信した。

 動画では「中国人なら国に感謝し、国の言うことを聞くべきだ」と主張し、中国人である以上は「中国が開発したワクチンを積極的に打つのは当たり前」だと主張。一方、この動画の配信者には台湾人の同僚が複数いるというが、この台湾人の同僚らは中国製ワクチンの安全性や有効性に疑問を抱いていて、打ちたがらないそうだ。

 配信者は、台湾人同僚らの懸念が気に障ったようで、これだけ多くの中国人が接種して何の問題もないのだから、安全性は証明されていると主張した。実際のところ、海外では中国製ワクチンの有効性について疑問の声が出ているが、配信者は中国製ワクチンに絶対の信頼を寄せているようだ。

 動画によると、配信者の働く会社が入るエリアでは、PCR検査を受けて陰性であることを証明できないと中に入ることすらできなくなっているという。同僚の台湾人2人は、中国のPCR検査に対しても懐疑的な見方をしていたそうだが、出勤できなくなるということでやむなく検査を受けたそうだ。配信者は、こうした態度に「国が無料でやってくれることなのに」と、怒り心頭の様子だ。

 個人の自由を尊重する日本でさえ、ワクチンの接種を強制される「ワクチンハラスメント」が問題となるケースがあるが、中国人と中国人以外の中国製ワクチンに対する見方はずいぶん違っているようで、中国の「ワクチンハラスメント」は日本以上のものがあるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む

1: エンケラドゥス(埼玉県) [US] 2021/06/17(木) 11:40:07.31 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
衝撃、中国人の7割が武力による台湾統一を支持

習近平主席の台湾統一への思いは強い

 習近平主席の台湾統一にかける意気込みは前任者たちとは違う。

 彼は、中国の夢である「中華民族の偉大な復興」の完成のためには台湾の統一が不可欠だと思っている。

 例えば、2017年には「完全な国家統一は中華民族の偉大な復興を実現するために不可避な要件である」と表明している。

 中国の指導者たちにとって、主な関心事は台湾軍事侵攻のコストではなく主権である。

 彼らはいつも自分たちのものだと信じるもののために戦う。そして中国が米国を打ち負かした場合、中国がアジア太平洋における新たな支配的勢力となれると思っている。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65698

続きを読む

1: BFU ★ 2021/06/16(水) 23:30:52.85
https://news.yahoo.co.jp/articles/62b6ba9a0029f2d3af00a2eea91a646b0757e9a1

日本が台湾に提供した新型コロナウイルスのワクチンについて、中国政府は「日本人が打たない、しかも、期限切れが近いもの」などと批判しました。

 中国政府で台湾政策を担当する台湾事務弁公室の報道官は16日の記者会見で、「台湾メディアの報道に注意している。日本が送ったアストラゼネカのワクチンは日本人が打たない、しかも、期限切れが近いもの」と批判。そのうえで「ワクチンを接種した後に重い副反応が出た台湾の人もいる」と台湾メディアの報道を引用する形で指摘したということです。

 アストラぜネカのワクチンについては、接種後ごくまれに血栓が出来る例なども報告されていて、日本では直ちに公的な接種には使わない方針になっています。

 中国政府は「台湾は一日も早く中国が提供するワクチンを受け入れるべき」と訴えています。
スクリーンショット 2021-06-17 7.11.25
 

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2021/06/14(月) 06:32:52.08
https://nordot.app/776722514024054784
G7声明「台湾海峡」明記
中国名指し、人権尊重要求

 【コーンウォール共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)は13日、中国の統一圧力で緊張が高まる台湾情勢に関し「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」とした首脳声明を採択して閉幕した。中国を名指しして人権尊重を要求。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)終息の目標を2022年に設定した。東京五輪・パラリンピック開催支持も打ち出した。

 日本外務省によると、G7首脳声明が台湾情勢を盛り込むのは初めて。民主主義陣営の結束をうたい、専制主義と見なす中国への対抗姿勢を鮮明にした。

2021/6/14 06:23 (JST)
c一般社団法人共同通信社

続きを読む

1: Egg ★ 2021/06/10(木) 22:09:06.64
スクリーンショット 2021-06-10 22.55.06

中国外務省は、菅総理大臣が9日、台湾を「国」と表現したことについて、日本側に「強い不満を示し厳正な抗議を申し入れた」と明らかにしました。

菅総理は9日の党首討論で、新型コロナウイルス対策について、オーストラリア、ニュージーランド、台湾を挙げた上で「この3国は、罰金や懲役による強い私権制限を行っている」と発言しました。日本政府はこれまで台湾については「地域」と表現してきました。
これに対して、中国外務省の報道官は、10日の会見で「間違った言論に対して強い不満を示す」として、すでに日本側に「厳粛な抗議」を申し入れたと明らかにしました。

また、「直ちに明確な説明を行い、生じた悪影響を打ち消し、このようなことが二度と起きないようにするべき」と注文をつけています。さらに、「日本側がこの問題で信頼を大事にし、約束を守り、台湾の独立を目指す勢力へ間違ったメッセージを出さないよう促す」と強調しました。

6/10(木) 19:57 日テレニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/af0cbb97db09c320218fef42780f39c70fd6319c

続きを読む

↑このページのトップヘ