中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:台湾

1: マスク着用のお願い ★ 2021/10/09(土) 16:31:07.07
https://nordot.app/819415093505982464
習近平氏「台湾統一は必ず実現」
辛亥革命110年で演説

 【北京共同】中国で清朝が倒された辛亥革命の発端となった武装蜂起から10日で110年となるのを前に、北京の人民大会堂で9日、辛亥革命110周年記念大会が開かれた。習近平国家主席は演説で「台湾問題は純粋な中国の内政であり、いかなる外部からの干渉も許さない」と米国の介入をけん制。「(台湾の)統一という歴史的任務は必ず実現させなければならない」と訴えた。

 台湾問題を巡っては米中両国の軍事的緊張が高まっている。習氏は平和的な統一を目指す考えも強調した。

 辛亥革命を主導した孫文は中国と台湾の双方で尊敬を受けている。

2021/10/9 12:43 (JST)
10/9 12:59 (JST)updated
c 一般社団法人共同通信社

続きを読む

1: モッくん(神奈川県) [GB] 2021/10/06(水) 19:32:32.69 ● BE:123322212-PLT(14121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 【台北時事】台湾の邱国正国防部長(国防相)は6日、軍事的威圧を強める中国について「台湾を全面侵攻できる軍事能力を2025年に完備する」との見解を示した。
立法院(国会)の委員会予算審査で、中台情勢などについて報告した。

 邱氏は質疑の中で、「私が40年前にこの道に入って以来、目下の情勢は最も緊張している」と強調。その上で、「中国共産党(中国)は既に台湾への
侵攻能力を備えているが、(高い)コストを払う必要がある。25年にはコストが下がり、全面侵攻できるようになる」と述べた。

 国防部(国防省)の報告書では、中国が強襲揚陸艦を増配した場合「台湾の防衛にとって重大な挑戦になる」と指摘。
同部は防衛力強化に向け、各種ミサイル配備に重点を置いた特別予算として、約2400億台湾ドル(約9600億円)を確保したい考えだ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100600801&g=int

続きを読む

1: ヨドちゃん(愛媛県) [US] 2021/10/05(火) 21:59:51.71 ● BE:135853815-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
北京五輪後に「危険な時期」 台湾への圧力強化を警戒―元米補佐官

 【ワシントン時事】マクマスター元米大統領補佐官(国家安全保障担当)は4日、中国による台湾侵攻の可能性について、来年の北京冬季五輪終了後に「危険な時期に入る」と述べ、米国や台湾、日本などが連携し、抑止力を高める必要があると訴えた。シンクタンク「ハドソン研究所」で、時事通信など一部メディアに語った。

 マクマスター氏は、中国が香港の民主派弾圧後も国際社会の制裁を免れたことに味を占め、台湾を攻撃した場合でも国際的批判を回避できると考えている可能性があると分析。ロシアが2014年のソチ冬季五輪後にウクライナ南部クリミア半島を併合したケースと似た筋書きがあるかもしれないと述べた。

 多数の中国軍機が台湾の防空識別圏に進入を繰り返していることについては、武力侵攻に向けた準備である可能性を「排除しない」と発言。「日米両国や欧州連合(EU)が中国の侵略行為を容認しないと明確に示すことが重要だ」と強調した。

 岸田文雄新首相に関しては「安倍政権が提示した『自由で開かれたインド太平洋』構想を継承するだろう」との見方を示した。その上で、日本がミサイル防衛システムだけでなく、敵のミサイル発射拠点などを破壊する長距離攻撃能力を持てば「懲罰的抑止力にもなる」と指摘。「こうした能力を組み合わせることが将来の紛争を抑止し、国民を守ることにつながる」と語った。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100500683&g=int

続きを読む

1: エファビレンツ(茸) [EU] 2021/09/23(木) 14:50:33.19 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
「台湾のTPP加入だけは絶対に許さない」

――先ほど、台湾がTPPに正式に加入申請したというニュースが駆け巡ったが、中国はどう見ているか?

「もともとバラク・オバマ政権の時代にTPPを主導してきたアメリカが復帰したり、6月に加入手続きを開始したイギリスが加入することは構わない。だが台湾の加入だけは、絶対に許さないというのが、中国の立場だ」

――そうは言うが、中国も16日に加入申請したように、台湾も22日に加入申請した。中国はどう対応するのか?

「いまは国連総会の季節で、各国首脳がニューヨークの国連本部に集まっている。そうした場を通じて、また現在加盟している11カ国(オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム)の中国大使館を通じて、また北京のこれらの国の大使館を通して、台湾の加入に絶対反対するようにと、説得をするだろう。TPPには、全加入国が賛成しないと新メンバーは加入できないというルールがあるからだ」

APECには中国と台湾、それぞれが参加しているが・・・

――中国と台湾が同時加入するということではどうか。

「中国は国家だが、台湾は中国国内の一地域だ。だから、そのようなことは絶対に許されない。中国はあくまでも一つだ。
 蔡英文(総統)は(総統に就任した)2016年以来、ただの一度も『一つの中国』やそれに両岸で合意した『92コンセンサス』を承認していない。そのような台湾を、TPPに入れることなど、絶対にできない」

――しかし、APEC(アジア太平洋経済協力会議)には、中国も台湾も別個に参加している。

「APECは、1991年に、李登輝(当時の台湾の総統)がどさくさに紛れて、中国が加入する際に、加入してしまったのだ。いまなら考えられない越権行為だ。あのようなことは二度と許さない」

中国と台湾「TPP加盟」巡り激突、難題を捌くのは議長国・日本
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67051

続きを読む

1: 荒波φ ★ 2021/09/20(月) 10:55:27.71 _USER
中国税関総署は18日、台湾産の2種類の果実について、20日から輸入を一時停止すると発表した。「害虫の検出」が理由だとしている。

中国政府は台湾産パイナップルも同様の理由で禁輸としているが、台湾側からは「政治的圧力だ」との指摘が出ている。今回の決定をめぐっても、台湾側の反発を招きそうだ。

税関が発表した通知によると、新たに禁輸の対象になるのは台湾産のバンレイシ(釈迦頭)とレンブ。税関は、これらの果物から「何度も害虫が検出された」として、禁輸は植物感染症のリスクを防止するためだと説明している。

中国政府は3月1日から台湾産のパイナップルの輸入を停止。「害虫の検出」を理由としているが、台湾では中国政府と距離を置く蔡英文(ツァイインウェン)政権に対する政治的圧力だとする見方が強い。

中台関係をめぐっては、台湾が今年7月、リトアニアに事実上の大使館の機能を持つ「台湾代表処」を設置すると発表。

英紙も今月10日、米政府が現在の「台北駐米経済文化代表処」の名称を、台湾が求める「台湾代表処」とする変更を容認することを検討していると伝えた。

台湾はこれまで日米などに置く代表処に「台北」の名を用いてきた。

中国政府は「台湾」の名称使用は「一つの中国」原則に背きかねないものだとして、強く反発している。


2021年9月19日 17時00分
https://www.asahi.com/articles/ASP9M56RMP9MUHBI00P.html

続きを読む

↑このページのトップヘ