中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:台湾

1: 名無しさん 2018/05/25(金) 11:22:23.48 BE:479913954-2BP(1931)
ブルキナファソが台湾との断交を発表、中国は歓迎

[ワガドゥグ/台北 24日 ロイター] - ブルキナファソは24日、台湾との断交を発表した。これにより、アフリカで台湾と外交関係のある国はスワジランドのみとなり、台湾と正式な外交関係がある国は18カ国となった。

中国は、アフリカ諸国に台湾との断交を求め圧力を強めている。

ブルキナファソ外務省の声明は中国に関する直接の言及を避けながらも、「世界情勢の変化と、わが国におよび地域における社会・経済面の課題を踏まえ、わが国の立場を再検討せざるを得なくなった」と説明した。

台湾の蔡英文総統は台北で記者会見し、「中国はドル外交をもてあそんでいる。多くの国と外交関係を結ぶため、巨額の資金提供を約束し、誘惑している」と批判、台湾はこうした外交に関与しないとの立場を示した。

これに先立ち、台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は、台湾は中国の資金力とは競争できないとして蔡総統に辞表を提出した。

台湾財政部は、ブルキナファソでの支援プログラムを即刻中止し、大使館を閉鎖すると表明した。

https://jp.reuters.com/article/burkina-taiwan-idJPKCN1IQ03I

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/25(金) 12:57:47.71 BE:323057825-PLT(12000)
台湾の国防部(国防省に相当)は25日午前、中国軍のH6爆撃機2機が同日午前4時すぎ、バシー海峡(台湾-フィリピン間)を通過後、
宮古海峡(沖縄本島-宮古島間)に進入したと発表した。同部は、台湾空軍の戦闘機F16を発進させて対応した写真を公表した。

中国の爆撃機が宮古海峡通過 台湾発表
https://www.sankei.com/world/news/180525/wor1805250037-n1.html
no title

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/24(木) 03:12:35.35 _USER
中国の「無印良品」が、外装に「原産国:台湾」と印刷された商品を販売したとして、
上海市当局から罰金20万元(約340万円)の行政処罰を受けたと、23日、中国メディアが伝えた。
中国の習近平(シーチンピン)指導部は、台湾は中国の一部であるという「一つの中国」原則を強く主張しており、
主権や領土に関わる問題に対し、厳しい対応が目立っている。

 メディアや上海市の発表によると、行政処罰を受けたのは、
無印良品を展開する良品計画(本社・東京)のグループ企業「無印良品(上海)商業有限公司」。
2017年8月、日本で包装されたスチール製の室内物干し約120個を輸入した際、
外装に「MADE IN TAIWAN 原産国:台湾」と印刷されていたものを、
そのまま中国国内の店舗やインターネットで販売したという。

 こうした行為が、広告は国家の尊厳や利益に損害を与えてはならない、などとする「広告法」の規定に違反したとしている。

 無印良品では、今年1月にも、中国国内の店舗で配布したカタログの地図に、
中国が領有権を主張する尖閣諸島(中国名・釣魚島)が掲載されていなかったなどとし、
中国当局から注意を受けて廃棄していたことが明らかになっている。

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL5R64YRL5RUHBI02G.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/05/21(月) 15:52:27.89 BE:448218991-PLT(13145)
1

【台北時事】ジュネーブで21~26日に開催される世界保健機関(WHO)年次総会をめぐり、台湾メディアが取材を拒否される見通しになった。台湾の総会参加に反対する
中国政府の圧力が背景にあるとみられ、台湾外交部(外務省)は21日、「政治的要素で台湾メディアを締め出すことは、国連の価値観に違反している」と抗議する声明を発表した。

 台湾の中央通信によると、同社のブリュッセルとロンドンに駐在する特派員が
それぞれ電子メールでWHO事務局に取材を申請したが、「許可しない」とする返信が
21日までにあった。拒否の理由は明らかにしていない。(2018/05/21-15:22)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052100667&g=int

続きを読む

1: クロ ★ 2018/05/20(日) 12:44:03.99 _USER9
1

【ワシントン=黒瀬悦成】中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)から約380キロに位置する福建省霞浦県の水門空軍基地の機能を大幅に拡充させていることが、米軍事情報誌「ディフェンス・ニュース」の分析で明らかになった。

 同誌が今年4月に撮影された水門基地の商業衛星写真を解析したところ、中国の主力戦闘機J11やJ16を収容可能な格納庫24棟や新たな誘導路が完成間近であることが判明した。

 新たな格納庫は4棟ずつがひとまとめとなり、長さ約2・7キロの滑走路の周辺や航空機の待避区域に分散配置されている。

 待避区域には既に迷彩を施された耐爆格納庫15~20棟が確認されているという。

 同誌は、中国空軍は通常、格納庫を横一列に整然と配置することが多いが、水門基地で分散配置されているのは、中国が同基地を日本や台湾をにらんだ「最前線」と位置づけている表れだと指摘した。

 その上で、格納庫の増設などから判断し、中国が水門基地を単なる前線拠点としてではなく、航空連隊または航空旅団規模の部隊を常駐させた本格的な作戦基地として運用しようとしていると強調した。

 水門基地では既にJ11などの戦闘機約12機が巡回配備されており、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡の上空を通過して西太平洋に向かう中国空軍の爆撃機や情報収集機に随伴するなどの活動を行っている。

 防衛省によると、5月11日にH6爆撃機4機を含む中国軍機計8機が宮古海峡上空を通過した。

産経新聞
5/20(日) 7:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000001-san-cn

続きを読む

↑このページのトップヘ