中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:台湾

1: ばーど ★ 2020/07/30(木) 21:07:12.04
スクリーンショット 2020-07-30 23.11.02

台湾の李登輝元総統が死去 97歳 民主化に尽力 親日家として知られる
https://twitter.com/UN_NERV/status/1288808081837584384


続きを読む

1: Ikh ★ 2020/07/29(水) 17:50:53.62 _USER
スクリーンショット 2020-07-29 21.15.18

(台北中央社)療養中の李登輝元総統(97)について28日、病状が急変したとの情報があり、一時は死亡したとの情報もネットに飛び交った。入院先の台北栄民総医院は29日、李氏は治療を続けていると説明した。容体は芳しくないという。29日午前、蔡英文総統と頼清徳副総統が見舞いに病院を訪れた。

李氏は今年2月、自宅で牛乳を誤嚥(ごえん)し入院。肺浸潤が見られた。同月中旬には容体が安定したが、療養を続けていた。

ソース
フォーカス台湾 2020/07/29 12:05
http://japan.cna.com.tw/news/apol/202007290001.aspx

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2020/07/15(水) 06:37:34.81
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000188459.html
米が台湾のミサイル更新を承認 中国は制裁を表明


中国政府は台湾に地対空「ミサイル・パトリオット」の装備品を売却するアメリカのロッキード・マーチン社に制裁を科すと発表しました。

 アメリカ政府は、台湾に配備されたパトリオットの更新に必要な装備の売却と技術支援を承認し、議会に通知したと発表しました。これに対し、中国外務省は「台湾への武器の売却に断固反対する」と反発し、主な受注先であるロッキード・マーチン社に制裁を科すと表明しました。「国の利益を守るために必要な措置を取る」としています。ただ、制裁の具体的な中身には触れていません。

2020/07/15 00:20 テレ朝

続きを読む

1: ペルシャ(茸) [FR] 2020/07/11(土) 22:11:35.28 ● BE:479913954-2BP(2931)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
「自分は台湾人」過去最高の67%、香港の「国家安全維持法」施行で中国離れ加速も

台湾人のアイデンティティーなどに関する最新の意識調査で、自分を「台湾人」と認識する人が67%に上り、調査を開始した1992年以来最高となったことが分かった。台湾メディアが伝えた。香港で1日に施行された「国家安全維持法」も中国離れを今後さらに加速しそうだ。

中央通信社によると、調査は国立政治大学選挙研究センターが台湾(離島の金門、馬祖を除く)に居住する20歳以上の男女を対象に電話で実施。両岸(台湾と中国)関係についての考え方や支持政党、アイデンティティーの3項目について意見を聴取し、5767人から回答を得た。結果は今月3日に公表された。

アイデンティティーに関する92年初回調査の数値は「台湾人」(17.6%)、「台湾人で中国人」(46.4%)、「中国人」(25.5%)。その後「台湾人」は増加を続け、2007年を境に「台湾人で中国人」を上回るようになった。 今回の調査で「中国人」と答えた人は2.4%、「台湾人で中国人」とした人は27.5%で、いずれも過去最低だった。

両岸関係では「まずは現状維持」が28.7%で最多。「独立傾向」は18年の15.1%から急上昇し、今回は過去最高の27.7%となった。「永遠に現状維持」は23.6%、「一刻も早く独立」は7.4%。「一刻も早く統一」はこれまでで最も低い0.7%にとどまった。

支持政党は政権与党の民進党が過去最高の36.8%、最大野党・国民党が15.8%。小政党では台湾民衆党5.3%、時代力量3.3%となっている。一方で、「特にない」は37.8%に上った。

https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20200711005/

続きを読む

1: アルヨ ★ 2020/06/11(木) 15:34:38.35
6/11(木) 6:01配信

 (北村 淳:軍事社会学者)  南シナ海、台湾周辺、そして東シナ海における米中の軍事的緊張が高まっている。アメリカ海軍も、定例業務化してしまった南シナ海でのFONOP(公海航行自由原則維持のための作戦)に加えて、軍艦の台湾海峡通航など中国に対する軍事的牽制姿勢をより強化している。

 天安門事件発生日と同じ6月4日には、先月に引き続いてアメリカ太平洋艦隊所属のミサイル駆逐艦ラッセルが台湾海峡を通航し、香港国家安全法制定に対する抗議、それに「台湾に手を出すな」という意思表示を行った。  そしてラッセルが台湾海峡を通過している頃、台湾海峡南部の台湾浅堆では、台湾沿岸警備隊巡視船が中国浚渫船を拿捕して乗組員を高雄に連行するという事件が発生した。

■ 違法な海砂採取、環境破壊も深刻  
トランプ政権による台湾支持の動きの強化にともなって、台湾海峡では台湾、中国、米国の間での軍事的緊張が加速度的に高まっている。さらに、台湾では台湾の排他的経済水域内に位置する台湾浅堆での中国浚渫船による違法な海砂採取も問題となっていた。  
中国本土沿岸域では海砂の採取が禁止されている。そのため大型(27000トン以上)の海砂運搬船を伴った中国浚渫船が、広大な浅海域である台湾浅堆で、海砂採取作業を実施(もちろん違法に)している。  
中国浚渫船が出没している海域は台湾と中国の中間線の台湾側であり、台湾の排他的経済水域内である。したがって、台湾政府の許可がなければ何人といえども海砂採取にかかわらず、いかなる経済活動も実施することはできない。しかし中国船は、これまで数年間にわたって毎日10万トンにものぼる海砂を採取し続けていると言われている。

 海砂を違法に採取しているだけではない。中国海砂採取船団は漁業資源の破壊という問題も引き起こしている。台湾浅堆は古来より澎湖諸島の漁民にとって豊富な漁場となっており、とりわけ澎湖イカとサワラの主要な産卵地そして生息地となっている。そのように台湾漁民にとって貴重な漁業資源が、中国浚渫船による大量の海砂採取作業によって、大きな被害を受けているのだ。このような状況が続くと、漁業資源が枯渇するだけでなく、台湾浅堆の自然環境も壊滅的状態に陥ってしまうと、中華民国自然生態保育協会(SWAN)では危惧している。  SWANの調査では、台湾浅堆には643種類もの魚に10種類の珊瑚が生息している。ところが、このような生物学的にも貴重な海域で、大規模な海砂採取が続けられれば、貴重な自然環境が失われるのは自明の理である。それに加えてSWANは、台湾浅堆の調査中に、中国トロール漁船が廃棄した巨大な漁網を数多く発見している。  
まさに、台湾浅堆の漁業資源と自然環境は中国によって荒らされ放題なうえ、危機的状況に陥りつつあった。そこで2019年より、台湾沿岸警備隊が中国採取船団に対する本格的な取り締まりを開始した。だが中国側は盗掘の機会を狙って採取船団を送り込み、あるいは船名の隠蔽や改竄を行って海砂採取を続けており、台湾当局による取り締まりは難航している。
■ 反撃に出た台湾  先週、6月4日、2隻の海軍フリゲートと共に台湾浅堆海域に出動した台湾沿岸警備隊の巡視船「高雄」(3000トン)と巡視艇「澎湖」は、違法操業中の中国大型浚渫船(7539トン)を拿捕し、中国船の船長以下乗組員10名を高雄の興達港に連行した。

↓続き
https://news.yahoo.co.jp/articles/e2506f200c1f555458803df29b98be80add5a253

続きを読む

↑このページのトップヘ