中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:南京事件

1: ガーディス ★ 2018/04/18(水) 08:31:07.60 _USER9
1

カナダ東部のオンタリオ州で、旧日本軍が1937(昭和12)年に中国・南京を占領した12月13日を「南京大虐殺記念日」と定める法案が州議会に再提出されたことが17日、分かった。

 法案は、中国系のスー・ウォン州議員が9日に提出した。記念日について「日本軍の南京占領で20万人以上が無差別に殺害された南京大虐殺の犠牲者を追悼する機会をオンタリオ市民、とりわけアジア系のコミュニティーに提供する」などとしている。

 ウォン氏は2016年12月にも記念日の制定法案を州議会に提出したが、現地で反対運動が起きたため、法案より可決のハードルが低い動議に切り替えた。同州議会は昨年10月26日、動議を可決した。

 河野太郎外相は当時、動議について「何ら法的な拘束力のないものだ」などと主張していた。

https://www.sankei.com/smp/world/news/180418/wor1804180020-s1.html

続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/04/14(土) 23:45:29.77 _USER9
 【パリ=三井美奈】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の執行委員会は12日、「世界の記憶」(世界記憶遺産)の制度改革に向けアズレ事務局長が提出した行動計画案に見直しを求める方針を決めた。ユネスコ筋が明らかにした。不透明な審査体制の改革は来年以降にずれ込む見通しで、2018~19年期の新規登録は困難となった。昨秋、延期が決まった慰安婦関係資料の登録審査も当面、凍結される見込みとなった。

 執行委は日本など58カ国で構成し、ユネスコの運営を決める機関。協議は非公開だが、関係者によると、12日の協議ではアフリカや中南米から「拙速過ぎる」「改革過程に加盟国をもっと参加させるべきだ」などの意見が相次いだ。

 ユネスコ筋によると、執行委は12日、アズレ事務局長に新たな行動計画案を今年10月に提出するよう求めることで合意。世界の記憶改革で「加盟国とさらなる対話」を事務局長に促す決議案をまとめ、今会期最終日の17日に採択することになった。

 協議では韓国は日程の遅れに否定的だったが、強く反対はしなかったという。日本は加盟国の関与拡大に賛成している。

 アズレ事務局長が今回提出した当初の行動計画案では(1)今年5、6月に加盟国の意見聴取(2)7月に包括的改革案を作成(3)10月に執行委で改革案の大筋合意-という流れで制度改革を目指していた。

 世界の記憶改革は、登録審査が政争の場と化しているのを是正する狙いで始まった。15年には中国申請の「南京大虐殺文書」が事実関係に疑義が示されたにもかかわらず登録が決定し、その審査体制に批判が高まった。

 昨年10月には、日中韓の民間団体などが申請した慰安婦関係資料をめぐり、日本が懸念を示した結果、登録審査の延期が決定した。執行委は「政治的緊張の回避」をユネスコ事務局に要求していた。

 登録審査は2年に1回実施。18~19年期は本来、今年春までに申請を受け付け、19年中に登録決定する予定だったが、ユネスコは制度改革の道筋がつくまで新規申請は受理しない方針のため、実現は難しくなった。昨秋に審査延期が決まった慰安婦関係資料は申請案件として残るが、それ以外の申請はない。ユネスコの審査関係者は「アズレ事務局長から審査再開への指示はない」としている。アズレ事務局長は今月9日、執行委で演説し、「政治はユネスコの任務ではない。不適切な使われ方は問題」と述べ、世界の記憶の「政治化」是正に意欲を示していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000020-san-int

続きを読む

1: 名無しさん 2018/03/12(月) 19:27:38.90 _USER
 中国江蘇省南京市の警察当局は12日までに、インターネット上で「もう一度、日本人に(南京で)虐殺をさせるべきだ」などと投稿したとして、公共秩序を乱した疑いで、中国人の男(27)を刑事拘留処分にした。

 警察当局によると、男は南京市で職を探していたが、給料が低いことに腹を立て、8日に通信アプリ微信(ウェイシン)を通じて投稿。ネット上で拡散して発覚した。当局は「民族感情を傷つける違法な言論」と批判した。

 中国では最近、ネット上で南京大虐殺に関する投稿を巡り、中国人が処分されるケースが相次いでいる。旧日本軍の軍服を着たコスプレ姿で写真を撮ってネットに投稿するなどした中国人もおり、王毅外相が8日の記者会見後に「中国人のくず」と非難した。(共同)

http://www.sankei.com/smp/world/news/180312/wor1803120041-s1.html

続きを読む

1: ザ・ワールド ★ 2018/03/06(火) 23:48:29.97 _USER
2018年3月4日、中国青年報によると、「南京大虐殺」について「死者はたったの30万人か。少なすぎた」などとネットに書き込み、
5日間の拘留処分を受けていた中国人男性がこのほど釈放された。

しかし男性は釈放後、虐殺犠牲者の慰霊碑の前で動画を撮影し、自分を批判したネット世論に向けて
「せいぜい毎日目覚まし時計に起こされ、ラッシュや渋滞にもまれ、会社の犬として働いてくれ」などと語り、侮蔑的な言葉を繰り返し使った。
さらに、警察の公平な処理に「納得」を示し、弁護士には感謝の意を示したという。

これを受け、中国ネットでは「もっと長く拘束しておくべきだった」
「それほどまでして注目されたいのか」「あおりは底なしだな」など批判の声が出ているという。

http://www.recordchina.co.jp/b577424-s0-c30.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/27(火) 19:30:50.09 _USER9
1

2018年2月26日、中国メディアの澎湃新聞は、「南京大虐殺」の生存者3人がここ15日の間に相次いで死去したとし、名簿に登録されている生存者の数はすでに100人を切っていると伝えた。

記事によると、今月10日に劉庭玉(リウ・ティンユー)さんが死去したのに続き、11日には李素雲(リー・スーユィン)さんが、25日には「南京大虐殺の生存者」と「南京保衛戦の老兵」の二つの身分で名簿に登録されている最後の生存者だった李高山(リー・ガオシャン)さんが相次いでこの世を去った。

中国江蘇省の「南京大虐殺記念館(侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館)」で26日、3人の追悼式が行われた。

記事は、南京大虐殺の生存者について「中国を侵略した旧日本軍による南京大虐殺の歴史的証人だ」とし、「そうした生存者個々人の記憶が、南京大虐殺という世界記憶遺産の土台になっている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=575259&ph=0

続きを読む

↑このページのトップヘ