中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:南シナ海

1: ◆ciadbU3kq9FF 2019/01/02(水)20:03:04
1

中国人民解放軍国防大学の羅援副学長が、「東シナ海や南シナ海の
領有権をめぐる対立は、アメリカの空母2隻を沈没させることで解決
できる」と語りました。

イルナー通信によりますと、同副学長は、「アメリカの空母には護衛艦が
ついているが、中国の巡航ミサイルや新型ミサイルの防衛能力は、
これらの空母への攻撃に必要なレベルを超えている」と述べました。

(略)

http://parstoday.com/ja/news/world-i50693

続きを読む

1: ■忍法帖【Lv=11,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/12/22(土)09:48:33 ID:???
2

中国海軍が南シナ海で紛失した魚雷 ベトナムの漁師が捕獲
時事通信社 2018年12月21日 19時55分

ベトナム漁師が中国魚雷「捕獲」=南シナ海で訓練中紛失
2018年12月21日 19時55分

 【北京時事】中国海軍が南部・海南島沖の南シナ海で訓練中に魚雷を見失い、ベトナムの漁師に「捕獲」される騒動があった。

 中国国防省は21日、「当該魚雷は訓練用で、いかなる目標にも向けていない」と釈明する声明を出した。

 声明によると、中国海軍は今月初旬、海南島東部の海域で訓練を行い、1発の魚雷を紛失。

(以下略)

http://news.livedoor.com/article/detail/15775595/

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [DE] 2018/12/21(金) 22:23:09.10 BE:844481327-PLT(12345)
【シンガポール=吉村英輝】インドネシアは21日までに、南シナ海南端のナトゥナ諸島に、軍事基地を開設した。
同諸島北側海域は、インドネシアの排他的経済水域(EEZ)だが、中国が南シナ海の大部分を管轄していると主張する根拠の境界線「九段線」と一部が重複し、違法操業を続ける中国漁船の拿捕(だほ)などをめぐり、両国は対立してきた。
インドネシアは警備体制を強化し、中国の一方的な海洋進出に対抗する。

現地メディアなどによると、基地は同諸島の本島、大ナトゥナ島に建設され、地対空ミサイルや軍港、飛行機格納庫、病院などの軍用施設が整備された。

https://www.sankei.com/world/news/181221/wor1812210012-n1.html
no title

no title

続きます

続きを読む

1: みつを ★ 2018/11/21(水) 20:33:11.59 _USER9
https://www.cnn.co.jp/world/35129008.html

フィリピンと中国が関係強化、南シナ海の資源開発協力で合意
2018.11.21 Wed posted at 13:19 JST

(CNN) フィリピンを公式訪問した中国の習近平(シーチンピン)国家主席が20日、ドゥテルテ大統領と首都マニラで会談し、石油とガスの探査で協力することで仮合意した。南シナ海での領有権拡大を図る中国に対して警戒感が募る中、フィリピン国民は反発を強めている。

習主席は2日間の予定でフィリピンを公式訪問しており、20日の会談で両首国は29項目の合意を発表した。

フィリピン政府報道官がCNNに語ったところによると、合意内容にはエネルギー資源の共同探査に関する覚書のほか、教育、農業分野での協力、インフラプロジェクトなどが含まれる。

中国側の草案によると、中国政府は国営の中国海洋石油集団がフィリピンと共同で、南シナ海の資源探査を行うことを承認する。この内容は、フィリピンの野党議員が20日、記者団に明らかにした。

フィリピンはかつて、南シナ海での中国の領有権主張に対して強硬姿勢を取っていたが、ドゥテルテ政権下では中国との経済関係強化を目指す姿勢を強めている。

マニラでは習主席の到着に合わせて中国大使館前に数千人が集まり、抗議デモを展開した。

デモ参加者は、南シナ海の公海上に建設された中国の軍事基地や、習主席が推進する「一帯一路」構想の下で進められる中国主導のプロジェクトに対する借款協定などに対し、抗議の声を上げている。

フィリピンのドゥテルテ大統領
no title

続きを読む

1: シャチ ★ 2018/11/21(水) 00:31:08.33 _USER9
 米海軍最新鋭の沿海域戦闘艦(LCS)のフリーダム級6番艦が就役した。

 LCSは高速で機動性がある上、任務に応じて機材を交換することができ、米海軍は「多様な脅威に対処でき、指揮官に多くの選択肢を提供する」としている。

 6番艦は「スーシティ」で、11月17日にメリーランド州アナポリスの米海軍兵学校で就役式典が行われた。母港はフロリダ州のメイポート海軍基地になる。高度なソナーを備え対潜水艦戦や機雷掃海などの任務に当たる。浅い海域でも高速で航行でき対テロ戦や不審船の臨検にも使える。

 
 LCSはフリーダム級のほかに三胴船型のインディペンデンス級もあり、今回の就役でLCSは13隻体制となった。LCSは将来、日本を拠点にする米第7艦隊に配備され、海上自衛隊と訓練したり、管轄する東シナ海や南シナ海で活動したりする可能性もある。(時事ドットコム編集部)。 


11/21(水) 0:02配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000000-jij-soci

式典会場に向けて航行中の米海軍の沿海域戦闘艦(LCS)のフリーダム級6番艦「スーシティ」 2018年11月13日 [米海軍提供]
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ