中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:南シナ海

1: Lv][HP][MP][ ★ 2020/06/14(日) 20:23:32.74
ベトナム政府は、領有権を主張する南シナ海の海域で、ベトナムの漁船が中国の船に襲撃され、漁獲物などを奪われたと発表しました。
南シナ海をめぐっては各国が新型コロナウイルスの感染対策に追われる中、中国が活動を活発化させていると懸念が出ています。

これは、ベトナム外務省が14日発表しました。
それによりますと今月10日、南シナ海の西沙諸島=英語名・パラセル諸島で、ベトナムの漁船が中国の船に襲撃され、
漁船に乗り込んできた中国の船の乗組員に、漁獲物や漁船の機材を奪われたということです。
漁船は、襲撃された際、沈没のおそれがあったということで中国側に捜査を行うよう求めました。

南シナ海をめぐっては、中国がほぼ全域の管轄権を主張しているのに対し、ベトナムなどが一部の島などの領有権を主張しています。
ベトナム政府はことし4月にも、ベトナムの漁船が中国海警局の船に沈められたとして抗議したほか、
中国による新たな行政区を設置するという発表に反発する声明を出しました。

各国が新型コロナウイルスの感染対策に追われる中、中国が南シナ海で活動を活発化させていると懸念が出ています。
no title


以下ソース:NHK 2020年6月14日 19時19分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200614/k10012470331000.html

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2020/04/20(月) 07:35:14.17
スクリーンショット 2020-04-20 14.37.59

https://snjpn.net/archives/191922
ベトナム ”断固反対”の声明 中国が南シナ海に行政区設置

▼記事によると…

・中国政府は18日、▽西沙諸島、英語名・パラセル諸島などと、▽南沙諸島、英語名・スプラトリー諸島をそれぞれ管轄する新たな行政区を設置すると発表しました。

これについて、中国と領有権を争うベトナムは19日、外務省報道官の声明を出し、「ベトナムの主権を侵害する行為に断固として反対する。不当な決定を撤廃し、同様の行為を繰り返さないよう求める」と反発しました。

今月上旬、この海域で中国海警局の船がベトナム漁船を沈没させた際には、アメリカ政府が、各国が新型コロナウイルスの感染対策に追われる中、「ほかの国の弱みにつけ込む行為をやめるよう求める」という声明を出すなど、南シナ海で活動を続ける中国への懸念が強まっています。

2020年4月19日 23時26分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200419/k10012395841000.html



続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/04/19(日) 11:38:42.40
中国政府は、領有権をめぐる争いのある南シナ海の島々に新たな行政区を設置すると発表しました。中国には領有権の主張を強めるねらいがあるとみられますが、対立する国々からは、新型コロナウイルスの対策に追われる中での動きに、反発する声が出ることも予想されます。

中国は各国と領有権をめぐる争いのある南シナ海の島々について、これまで海南省の「三沙市」が管轄すると主張してきました。

中国政府は18日、「三沙市」の中に西沙諸島、英語名・パラセル諸島などと、南沙諸島、英語名・スプラトリー諸島をそれぞれ管轄する新たな行政区を設置すると発表しました。

それぞれの区には行政組織も設ける予定で、このうち南沙諸島では、中国が人工島を造成した永暑礁、英語名 ファイアリークロス礁に開設するとしています。

中国は南シナ海のほぼ全域の管轄権を主張し、人工島を造成して軍事関連の施設を整備するなど実効支配を強化しています。中国には、新たな行政区の設置で自国の立場を強めるねらいがあるとみられますが、対立する国々からは、新型コロナウイルスの対策に追われる中での動きに、反発する声が出ることも予想されます。

no title


NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200418/k10012394921000.html

続きを読む

1: クロスヒールホールド(東京都) [CN] 2019/07/04(木) 15:46:42.07 ● BE:448218991-PLT(14145)
K10011982261_1907041348_1907041404_01_02

中国軍が今週にかけて中国本土から、南シナ海の領有権争いが存在する海域に向けて、
合わせて6発のミサイルを発射する実験を行っていたことがアメリカ軍への取材でわかりました。

中国軍がこの海域に向けてミサイル発射実験を行ったのは初めてだと見られ、アメリカを
強くけん制するねらいがありそうです。
これはアメリカ軍当局者がNHKの取材に対して明らかにしたものです。

それによりますと、アメリカ太平洋時間の先月30日に、中国軍が南シナ海に向けてミサイルの
発射実験を行ったということです。

ミサイルは中国本土から合わせて6発、発射され、いずれも領有権争いが存在する南シナ海の
2つの海域に着水したとしています。

アメリカ軍当局者は、発射されたミサイルの種類について「分析を進めている」としていますが、
NBCテレビは、発射されたのは洋上の空母をねらった精密攻撃が可能とされる
対艦弾道ミサイルだったと伝えています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190704/k10011982261000.html

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/06/21(金) 17:10:10.14

 複数の国が領有権を争う南シナ海ウッディー島に、中国が少なくとも4機のJ10戦闘機を配備したことが、CNNの入手した衛星画像で明らかになった。
ウッディー島への戦闘機配備が確認されたのは2017年以来。

衛星画像は19日に撮影されたもので、情報企業イメージサット・インターナショナルがCNNに提供した。
同社によると、南シナ海にある中国の実効支配下の島でJ10が確認されたのは初めてだという。

南シナ海では依然として緊張の高まりが続いている。
中国の習近平(シーチンピン)国家主席は来週日本で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせてトランプ米大統領と会談する予定だ。

衛星画像を見たアナリストらは、戦闘機が野外に駐機している点などの重要性に言及。
J10が最大10日間にわたり同島にとどまっていたことを示していると指摘する。

豪空軍の元将校でグリフィス大学アジア研究所の研究員、ピーター・レイトン氏は
「中国は戦闘機の存在を気付かせようとしている。そうでなければ格納庫に駐機するはずだ」と述べた。

米太平洋軍統合情報センターの元責任者、カール・シュスター氏はJ10の配備について
「ウッディー島が自国の領土であり、いつでも望むときに軍用機を配置できると誇示する」狙いがあるとの見方を示した。

J10の戦闘行動半径は約500マイル(740キロ)で、南シナ海の大半や海上交通の要衝地を範囲内に収めている。

ウッディー島は中国名「永興島」で、パラセル(西沙)諸島で最大の島。
パラセル諸島は約337万平方キロにわたって広がる南シナ海の北部から中部にかけて位置する。
ベトナムと台湾も同諸島の領有権を主張しているが、1974年以降は中国の実効支配下にある。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-35138824-cnn-int 

続きを読む

↑このページのトップヘ