中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:北海道

1: 名無しさん 2018/05/15(火) 17:59:16.70 _USER9
1

https://snjpn.net/archives/51289

“潰される”

青山繁晴
「北海道の水資源に関わるような土地が買い漁られ何も手を打ってない。中国と揉めるなって勢力が自民党内にいて潰される。全然答えずに李克強首相を入れたら中国は誤解する。日本人が入りにくくなってるようなリゾート地があったりする。それがOKなんだというメッセージになってしまう」

(略)

▼ネット上のコメント

なぜ 国会できちんと取り上げないのだろうと 不思議過ぎます

北海道の人間としてとても心配だ。

二階ですね

対馬も土地を買われていると聞いたことありますが、北海道もかなり買われていますね。やはり外国人が土地を購入するのにはどんな目的でその土地を使用するのかを明記するべきですし、安全保障を理由に土地購入をさせない制度が必要だと考えております。

最近、テレビCMで、管理に困ってる土地を買います❗10日程で買い取り出来ます❗ってやってましたが、どう考えても怪しいですよねー。日本に住んでない外国人が土地を持てるっていうのも怖い❗

北海道は、銭湯で外国人絡みで倒産した銭湯が外国人お断りってやっただけで狙い撃ちされ裁判で負けてますからねぇ。
難しいのよね。

吉田康一郎さんも東京都の朝鮮学校の補助金を全額削除した時にそれを阻止する人がいたみたいですよ。でも吉田康一郎さんは押し通したそうです。阻止する人に負けていたらなめられます。日本人はすぐに引くと思われます。揉めないと取り返せないです。

なんだか、北海道旅行を躊躇してしまう。

具体的にどの議員なのかを知りたい。でないと、こちらとしても抗議や問い合わせのしようがない。

早く手を打たないと

続きを読む

1: 水星虫 ★ 2018/05/09(水) 20:04:39.49 _USER9
スクリーンショット 2018-05-09 20.50.33

“李首相来道を地域活性化に”

http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004204621.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

来日している中国の李克強首相は10日から北海道を訪れます。
これを前に高橋知事は、李首相の訪問を中国からの観光客や企業の誘致につなげ、
地域を活性化させたいという考えを示しました。

中国の李克強首相は9日、東京で行われた日本、中国、韓国の3か国による首脳会議や、
安倍総理大臣との首脳会談を行ったのに続き、10日から北海道を訪れます。
李首相が北海道を訪れるのは初めてです。

これを前に高橋知事は9日の記者会見で、
「日中の友好ムードをさらに進めることに一定の役割を果たせることは知事としてうれしく思う。
北海道の地域活性化に資する機会として今回の李首相の訪問を位置づけたい」
と述べました。
その上で高橋知事は、北海道の食や観光の魅力、それに道内企業の先端技術をPRすることで、
中国からの観光客や企業の誘致につなげたいという考えを示しました。

李首相は10日、高橋知事と会談したあと知事主催の晩さん会に出席するほか、
11日は日中両国の地方の代表者による会議への出席や、自動車部品メーカーの視察を予定しています。

【李克強首相とは】
李克強首相は、内陸部・安徽省出身の62歳。
名門、北京大学に入学し、法律を学んだあと、共産党の青年組織である
共青団=共産主義青年団に参加し、1985年には中国青年代表団の副団長として来日するなど、
たびたび日本を訪れていますが、首相に就任してからは初めての来日となります。

李首相は、河南省や遼寧省のトップを務めたあと、2007年の党大会で、
習近平氏とともに、異例の2階級特進で最高指導部の政治局常務委員に抜てきされましたが、
当時の序列は習氏の1つ下の7位で、習氏に水を空けられた形となりました。

その後、2012年から発足した習近平指導部で習氏に次ぐ序列2位として、首相を務めています。

05/09 18:14

続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/04/27(金) 15:20:50.16 _USER9
 道内は27日午前、呼吸器系などへの影響が懸念される微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が上昇し、札幌市中央区南14条で同日午前11時現在、1立方メートル当たり97マイクログラムと一時的に通常の約6倍に達した。環境省の定める注意喚起の基準値は、午前5時~正午の時間帯の場合「平均同80マイクログラム」で、これを下回っているものの、道などは警戒を続けている。

 このほか、道内では旭川市北門で同88マイクログラム、同市東光で同79マイクログラムなど。札幌管区気象台は午前9時以降、PM2・5などの濃度上昇に伴って視界が悪くなる「煙霧」を札幌市や稚内市など道内5カ所で観測した。

 道などによると、中国付近での森林火災か野焼きの影響とみられるという。

http://www.hokkaido-np.co.jp/article/184736

続きを読む

1: 名無しさん 2018/04/08(日) 00:51:41.41 _USER9
 
1

2018年4月7日 23時49分
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180407-OYT1T50157.html

中国の李克強リークォーチャン首相が5月の来日に合わせて北海道を訪問する意向であることがわかった。

李首相は、5月9日に東京で日中韓首脳会談に出席した後、10、11日の日程で北海道を訪れる方向でそれぞれ調整している。
北海道では、中国の省長と日本の知事による会合に出席するほか、苫小牧市のトヨタ自動車北海道や野菜工場の視察も検討している。

続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/16(木) 10:00:07.75 _USER
◆中国人が日本領土爆買い「北海道は中国32番目の省になる」

いま北海道では、ゴルフ場や広大な農地、自衛隊基地近くの森林などが中国系資本により次々と買収されている。
現地を取材した産経新聞編集委員の宮本雅史氏が報告する。

 * * *

札幌市内から車でおよそ1時間、名山・羊蹄山の麓にある喜茂別町。
奥深い山中を進み、「これより先、私有地につき関係者以外立ち入り禁止」という看板を越えた先に、美しい緑のフェアウェイが広がる。

約210ha(東京ドーム45個分)の広大な敷地には、超豪華なクラブハウスが併設される。
ゴルファーには楽園のような環境だが、コースで交わされるのは中国語ばかりだ。

ここは、“中国人による中国人のためのプライベートゴルフ場”。
運営会社が破綻して塩漬け状態のゴルフ場を2011年に中国の投資会社が買収したもので、複数の関係者が「100%、ある中国人オーナーのプライベートゴルフ場」と証言する。
最近はゴルフ場予約サイトにも登場し日本人もプレーできるようだが、「オーナーの別荘」と囁かれる豪華クラブハウスに日本人プレーヤーの姿はない。

いま、北海道で「中国による日本領土の爆買い」が進む。
複数の専門家の意見をまとめると、これまで北海道で中国資本に買収された森林や農地などは推定7万haに達し、山手線の内側の11倍以上の広さになる。

まずは以下に代表的な事例を紹介しよう。
占冠(しむかっぷ)村にある総合リゾート施設「星野リゾートトマム」は、1000haを超える敷地に巨大タワーホテルやスキー場などを併設する。

「星野リゾート」という名称から日本企業の経営と思われがちだが、経営主体は2015年秋に同施設を買収した中国系企業で、「星野リゾート」は管理を行うのみだ。
最近、同リゾートを訪れた知人によると、当地には中国人の利用客が大挙して押しかけ、場内アナウンスにも中国語が。
知人は、「正直、ここはどこの国かと驚いた」と語った。

他にも赤井川村では2016年にシンガポール系企業が270ha(東京ドーム58個分)のキャンプ場を買収し、現在も周辺を買い増す。
また登別市上登別町では中国風テーマパークの跡地70 haを中国系企業が買収して太陽光パネル設置を進める。
彼らはエネルギーにも触手を伸ばしているのだ。

中国系資本による土地買収にはパターンがある。
最初に「リゾート地をつくる」「医療ツーリズムの拠点にする」などの壮大な計画をぶち上げる。

財政難の自治体が賛成した途端に買収交渉を進める。
だが、最初の構想は一向に実現しない。

では何のために膨大な日本の領土を手に入れているのか。
中国が買った土地には共通点がある。

ほとんどが周囲を自然に囲まれて中の様子がわからない土地だ。
出入りする場所が限られるため、出入口さえ封鎖すれば、外部からの干渉が難しくなる。

しかもゴルフ場やキャンプ場はすでに土地が整備されていて水源が豊富にあり、開墾せずとも宅地や農地に転用できる。
つまり、いつでも“自己完結型の自治区”となりうるのだ。

最近は世界で移民問題が大きなテーマになっているが、隔離された土地に大勢の中国人が住み着き、農産物や水、エネルギーを占有すれば日本の領土に中国の自治区ができてしまう。
それこそが彼らの狙いではないのか。

事実、中国の一部メディアは、「北海道は十年後に中国の三十二番目の省になる」と予測しているという。
ある在日の中国人論客は、「中国は北海道を二十年前から狙っている」として「これは武器を持たない、目に見えない戦争だ」と警鐘を鳴らす。

※SAPIO 2017年11・12月号

NEWSポストセブン 2017年11月16日 7時0分
https://www.news-postseven.com/archives/20171116_626631.html
https://www.news-postseven.com/archives/20171116_626631.html?PAGE=2
https://www.news-postseven.com/archives/20171116_626631.html?PAGE=3
2: 名無しさん 2017/11/16(木) 10:00:42.48 
対策しない日本はバカ 

4: 名無しさん 2017/11/16(木) 10:03:00.24 
バブル期の日本もアメリカで同じこと言われてなかった? 

167: 名無しさん 2017/11/16(木) 13:19:45.33 
>>4 
持って帰れない不動産を買いあさる馬鹿ってのがアメリカ人の認識だったな 

172: 名無しさん 2017/11/16(木) 14:09:47.51 
>>167 
中国の場合は移住することが目的だからな。 
ここで「土地は持って帰れない」とか言ってる猿いるけどね。 

続きを読む

↑このページのトップヘ