中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:北京五輪

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/02/04(木) 20:03:07.57
2021年2月4日 11:31 発信地:ワシントンD.C./米国

【2月4日 AFP】米上院の共和党議員グループが3日、人権問題を理由に中国から2022年北京冬季五輪の開催権を剥奪することを求める決議案を提出した。同日には約180の人権団体などが同五輪をボイコットするよう各国首脳に呼び掛けている。

 フロリダ州のリック・スコット(Rick Scott)氏ら7人が提出した決議案では、2022年の冬季五輪は「人権を認め尊重する国によって開催されるべき」だとして、国際オリンピック委員会(IOC)に再選考が求められた。

 スコット氏は中国が「新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)のウイグル人にジェノサイド(大量虐殺)を行い、香港人の人権を制限し、台湾を脅かしている」と批判。「強制収容所を稼働させ、人権を侵し、香港の人々を組織的に抑圧している中国共産党に2022年の五輪開催を認めてはならない」と訴えた。

 これに先立ち約180の人権団体などが、中国における人権問題を理由に北京冬季五輪をボイコットするよう各国首脳に呼び掛ける書簡を公開していた。北京冬季五輪の開幕予定日は2022年2月4日。新型コロナウイルスの流行で延期され、準備に影響が出ている東京五輪のちょうど半年後となる。

 中国に対しては、新疆ウイグル自治区でのイスラム系少数民族の強制収容や香港での民主派弾圧など、さまざまな問題で国際社会から厳しい目が向けられている。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3329989

続きを読む

1: 抹茶ティラミス ★ 2018/08/22(水) 19:16:17.49 _USER9
1

「2022年の五輪が自国である北京で開催されることもあり、中国は何が何でも金メダルを取ろうと躍起になっています。
すでに“羽生潰し”の動きも出始めているようです」(フィギュア関係者)

中国がフィギュアスケート界を騒がせている。6月、中国のフィギュアスケート協会がグランプリシリーズ中国杯などの国際大会を開催中止すると発表したのだ。
そうした決定に困惑しているのが、羽生結弦(23)。というのも五輪を連覇した羽生にとって、中国杯は特別な大会だからだ。
「彼は中国杯で優勝したことが一度もないんです。そのため『今回こそ優勝を!』と意気込んでいましたが、最終的に代わりとなるフィンランド大会への出場を決めました。
ただそうなると練習面での再調整も必要となってくるでしょうし、影響は決して小さくはありませんよ」(前出・フィギュア関係者)

さらに中国は、別の動きも見せ始めていた。それは、羽生のコーチであるブライアン・オーサー氏(56)への急接近。
8月11日、中国のフィギュアスケート協会がオーサーコーチのチームと提携調印式を行っていたのだ。
「オーサー氏はこれまでも複数の選手を指導してきましたが、国全体のサポートとなれば話は別です。もちろん現地での指導はスタッフなども行うでしょうが、オーサー氏も駆り出されることになるはず。
彼が羽生選手を指導する時間は、激減することになります。また中国からすれば、オーサー氏の指導方針を知ることは“絶対王者の秘密”を探るきっかけにもつながりますからね。
こうした中国の動きに、羽生陣営も戦々恐々としているようです」(前出・フィギュア関係者)

着々と進められる中国包囲網により、羽生の再スタートは波瀾の幕開けとなりそうだ。

2018/08/22 11:00 女性自身
https://jisin.jp/sport/1657966/

続きを読む

↑このページのトップヘ