中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:冤罪

1: ビッグクランチ(茸) [EU] 2020/06/14(日) 20:53:15.70 ● BE:479913954-2BP(2931)
スクリーンショット 2020-06-15 13.15.24

中国裁判所、豪国籍の男に死刑判決 両国関係さらに緊迫か

【AFP=時事】中国の裁判所が、麻薬取引の罪に問われていたオーストラリア国籍の被告に対し、死刑判決を言い渡していたことが分かった。問題を抱える両国関係が、この判決により緊迫の度をさらに増す可能性もある。

 広州市中級人民法院(Guangzhou Intermediate People's Court)のウェブサイト上に投稿された告知によると、豪メディアによってキャム・ガレスピー(Cam Gillespie)という名前の人物と特定された被告が10日、死刑判決を受けたという。同サイト上では、豪国籍との情報以外は公表されていない。

 中国の地元メディアによると、男は香港の北西に位置する広州白雲国際空港(Guangzhou Baiyun Airport)で2013年12月、預けた手荷物にメタンフェタミン7.5キロ超が入っていたとして逮捕された。

 豪外務省はこの判決に「深く悲しんでいる」とのコメントを発表。死刑制度に反対する同国の姿勢を強調した。

 中国はオーストラリアにとって最大の貿易相手国であり、留学や観光などの分野においても大きな収入源となっている。

 だが、豪政府は新型コロナウイルスの発生源に関する独立調査を要求。中国政府は強烈に反発し、豪州産の大麦に追加関税を課したほか、アジア系の人々に対するウイルス関連の差別があるとして、観光客や留学生に警告を発するなどの措置を取った。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef7e7562747a521f00a293b6cfa008cba5b2ad30

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/04/11(水) 14:56:49.05 _USER9
1

 【北京=東慶一郎】中国東北部遼寧省で中国当局に拘束された60歳代の日本人男性が、今年3月に刑法のスパイ罪で起訴されたことが10日、日本政府関係者への取材で分かった。

 関係筋によると、男性は四国の会社代表。遼寧省大連で昨年5月下旬、軍事機密に関わる違法行為をしたとして中国当局に拘束され、昨年9月に正式に逮捕された。今年3月末に中国側から日本側に、男性を起訴したとの通報があったという。

 中国では2015年以降、日本人が「反スパイ法」違反の容疑で拘束される事案が相次いでおり、少なくとも8人が当局の拘束下にあることが判明している。そのうち、今回の男性を含めた6人がスパイ罪などで起訴されている。

2018年04月11日 13時20分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180411-OYT1T50028.html

続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/25(月) 04:19:54.38 _USER9

1

渡航先の中国で覚せい剤を隠し持っていたとして麻薬運搬罪に問われた愛知県稲沢市の元市議、桜木琢磨被告(74)の友人らが
24日、名古屋市に集まった。裁判は結審しながら判決延期の連続で、身柄拘束は1500日を超えた。
今後仲間を増やし、支援の輪を広げていくことを確認した。

 友人の会社経営佐々木賢治さん(68)=同県小牧市=が呼び掛け、10人ほどが机を囲んだ。

 桜木被告は2013年10月、広州市の空港でスーツケースから3キロ超の覚せい剤が見つかり、逮捕された。
一貫して無実を訴えているが、公判で「懲役15年から死刑」を求刑された。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017122400250&g=soc


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/20(月) 12:43:51.80 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
00

トランプ大統領「とても恩知らずだ」 中国で逮捕の選手帰国で

アメリカのトランプ大統領は、中国で万引きの疑いで逮捕されたアメリカのバスケットボール選手3人を
みずからの力で帰国させたのに感謝が足りないと不満をあらわにして「選手を監獄に残しておくべきだった」
とツイッターに投稿し、野党は「大人げない」と批判しています。

この問題は、中国・浙江省を訪れていたUCLA=カリフォルニア大学ロサンゼルス校のバスケットボール選手3人が、
万引きの疑いで今月7日、中国当局に逮捕されたもので、翌週釈放されて帰国しました。

ホワイトハウスによりますと、トランプ大統領が習近平国家主席に対して早期解決を直接要請したということで、
選手は帰国後の記者会見で大統領に感謝の言葉を述べましたが、選手の父親の1人が、その後、
アメリカのメディアに対して大統領がどれだけ尽力したのか疑問を呈す発言をしていました。

これを受けてトランプ大統領は、19日、ツイッターに「私が選手のためにしたことを父親は受け入れていない。
選手らを監獄に残しておくべきだった」と書き込みました。

さらにその6時間後にも「万引きは、中国では5年から10年服役する非常に大きな問題なのに、父親の受け止めは違う。
私の次の中国訪問の時に釈放させるべきだった。とても恩知らずだ」などと投稿して不満をあらわにしました。

これに対して野党・民主党からは「大人げない」とか、「大統領としての品位に欠ける」などと批判する声が出ています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171120/k10011229371000.html


続きを読む

↑このページのトップヘ