中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:侵略

1: 名無しさん 2017/12/12(火) 01:49:19.48 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3155017?cx_module=latest_top

2017年12月11日 20:53 発信地:ブータン
【12月11日 時事通信社】インド紙タイムズ・オブ・インディアは11日、治安当局筋の話として、インドと中国、ブータンの国境にある係争地ドクラム(中国名・洞朗)高地で、中国軍がヘリパッドなどを建設したと報じた。中印両軍は今年6~8月に同高地でにらみ合った後、8月末にインドが「両軍が撤退を完了した」と発表していた。

 ヒマラヤ山脈に連なる標高3000メートル前後の同高地は、冬は雪に閉ざされる。タイムズ紙はこの当局筋の話として「1600~1800人の中国軍部隊が高地にいる。冬季の駐留は初めてで、事実上の恒久的駐留だ」と伝えた。越冬用の小屋も設置されているという。

 中国はドクラム高地を自国領と主張。8月末のインドによる「撤退」発表後も「警備と駐屯を続ける」と強調しており、10月にも別のインド紙が「中国軍が撤退していない」と報道し、インド当局が否定する一幕があった。(c)時事通信社


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/11(月) 17:59:53.69 _USER
no title


一帯一路フォーラムで事業協力の覚書を交わした中国と県内企業の経営者ら=9日、読谷村・残波ロイヤルホテル

 中国と沖縄県内の企業の経営者らが両地域でのビジネス展開の可能性を探る「国民ブランド一帯一路in沖縄フォーラム」が9日、読谷村内のホテルで開かれた。主催する中国のベンチャー企業で構成する資本奇跡同窓連合会(MCA)や、県内から130人が参加。中国と周辺国の経済交流の活性化を目指す経済政策「一帯一路」の展望などについて議論した。両地域の11社・団体が事業で協力する覚書を交わし、事業展開の促進を確認した。

 日中の経済交流を支援する琉球経済戦略研究会(琉経会)は、投資会社の上海雅法資産管理と覚書を締結。沖縄の経済情勢などの情報を共有し、県内への投資を促す。

 那覇市に拠点を置き、貿易業などを営むビンコウホールディングスは、中国茶卸売業者で組織する上海茶叶行業協会などと提携し、県内で中国茶専門の飲食店を経営する計画。

 中国で地下鉄の電子看板やインターネットで番組を配信する日盛、PR会社のシルクロード国民ブランドなどは沖縄の観光情報を中国に発信する事業などで協力。中国の大手旅行代理店は、中国から沖縄を訪れる観光客の拡大に向け、事業を模索する。

 フォーラムでは、福井県立大学名誉教授の凌星光氏が一帯一路の展望について講演。「中国との関係が深い沖縄が先駆けて一帯一路政策を取り込むことで、日本経済を引っ張れる」と可能性を示した。

 パネルディスカッションでは中国に比べ、日本での起業が少ないことが指摘され、中国の経営者から「一帯一路といった大きな変化の流れを日本の若者と共に捉えていきたい」との意見もあった。県内企業の商品紹介や、中国企業のプレゼンテーションなどもあった。

 MCAは2012年から毎年、中国の各都市でフォーラムを開催。琉経会の呼び掛けに応じ、初めて中国国外でフォーラムを開いた。琉経会の方徳輝理事長は「3千人の会員がいるMCAを通して、沖縄の魅力を中国に発信できた」と述べた。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/181867


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/09(土) 07:24:31.69 _USER
no title


尖閣諸島などをめぐり、微笑み外交に転じた習氏の腹は…

 習近平国家主席率いる中国が軟化してきたのか。日中両政府は、沖縄県・尖閣諸島のある東シナ海での偶発的な衝突を防ぐ「海空連絡メカニズム」の構築と早期運用に向けて「前向きな進展」があったと発表した。「日中関係の改善の象徴」と報じるメディアもあるが、歴史的に計略を用いる中国を簡単に信用していいのか。北朝鮮と台湾をめぐる、中国の思惑もささやかれている。

 「彼らの『工作』の可能性を疑った方がいい。中国は『微笑み外交』をしてきたときこそ警戒すべきだ」

 中国情勢に精通するノンフィクション作家の河添恵子氏は言い切った。

 海空連絡メカニズムは、自衛隊と中国軍が接近時の連絡方法などをあらかじめ定め、衝突を防ぐ仕組み。中国・上海で5、6日開かれた、日中の外務、防衛、海上保安当局などの高級事務レベル海洋協議で、主要論点がほぼ一致したという。

 河添氏は「北朝鮮と台湾の問題が背景にあるはずだ」といい、続けた。

 「習政権と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権の関係は劣悪で『事実上の敵』といえる。加えて、習氏は2020年以降、本気で台湾を取りに行こうとしている。こうなると、中国人は『敵の敵は味方』のフリをするモードになる。日本政府や自衛隊に笑顔で接近して、話し合いの環境をつくろうとする。彼らの本音は、日本人を油断させて『日米同盟の分断』と『自衛隊内のシンパ構築』を狙っているのではないか」

 習氏は10月の共産党大会で、「3つの歴史的任務の達成」を宣言した。この1つに「祖国統一の完成」があり、武力侵攻も含めた「台湾統一」と受け止められている。

 「核・ミサイル開発」を強行する北朝鮮に対しては、米国の軍事的制圧も視野に入ってきた。中国は、緊迫する東アジア情勢の中で巧妙に立ち回り、台湾統一の邪魔になる「日米同盟の分断」に着手したのか。

 河添氏は「習氏にとって、安倍晋三首相とドナルド・トランプ大統領が体現している『日米同盟の絆』は脅威だ。ここにクサビを打ち込もうとしているのではないか。中国人は『台湾は中国の一部。尖閣諸島は台湾の一部』と考えている。無人島の尖閣諸島は後回しにして、台湾を先に取ろうと考えているのだろう」と分析している。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/171208/soc1712080009-n1.html


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/07(木) 19:11:05.72 _USER
【北京時事】中国軍の西部戦区統合参謀部作戦局の張水利副局長は7日、インドの無人機が領空侵犯し墜落したとして、インドを非難する談話を発表した。国営新華社通信が伝えた。無人機が墜落した場所や具体的な時期は不明。
 張氏は「インドは中国の領土主権を侵した」と指摘し、「強烈な不満と反対」を表明した。中国軍は「責任ある態度」で対応し、無人機の識別を行ったと説明し、「断固として国家主権を守る」と強調した。

(2017/12/07-12:45)時事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120700723&g=int

9: 名無しさん 2017/12/07(木) 19:21:23.89 
自分たちがやっている事を非難されると細かい事を言うなと騒ぎ、同じ事を自分達がされると逆切れする。 
ヒトモドキの典型的な習性ですなwww 


24: 名無しさん 2017/12/07(木) 20:13:45.56 
>>9 
逆ギレならまだまし、本当はインド側の土地に難癖つけてる可能性も充分有り得る 


13: 名無しさん 2017/12/07(木) 19:29:21.84 
尖閣諸島にも中国のドローンがたびたび侵入してるのに 
日本政府はどうして何もしないんだろ 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/07(木) 02:26:16.02 ● BE:284093282-2BP(2000)
54

 尖閣国有化から5年。いまも頻発する中国海警の領海侵犯に日本は「いつものこと」とばかりに麻痺しているが、事態は深刻だ。2016年までは尖閣周辺の日本領海やそのすぐ外側で日本の主権の及ぶ接続水域に侵入してくる中国海警の武装艦艇はいつも2隻だった。
だが2017年の今は必ず4隻の行動をともにする艦隊となっているのだ。産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏が警鐘を鳴らす。

 中国の軍事研究を専門とするワシントンの民間研究機関「国際評価戦略センター」のリチャード・フィッシャー研究員は語った。

 「いまの中国海警の尖閣攻勢はすぐ背後に控えた海軍と一体の尖閣奪取の軍事能力向上の演習であるとともに、日本側の防衛能力や意思を探っている。中国軍は大型ヘリ、潜水艦、新型ホバークラフトを使っての尖閣奇襲占拠作戦も立てている。
長期には尖閣占拠により沖縄を含む琉球諸島の制覇から東シナ海全体の覇権をももくろんでいる」

 中国の海洋戦略研究では米国有数の権威とされるトシ・ヨシハラ氏に中国側の当面の狙いについてまず聞いた。日系米人の同氏は米海軍大学教授を長年務め、今年はじめからワシントンの主要防衛問題シンクタンク「戦略予算評価センター」の上級研究員である。

 「中国はトランプ政権が尖閣防衛の意思を明確にした以後も4隻の艦隊で毎月3、4回、尖閣の日本領海や接続水域に侵入しているが、日本側の尖閣の施政権を無効にみせることが当面の目標だろう。中国が自国の“水域”や“領土”としてこれだけ自由に出入りするのだから、
日本側には主権はもちろん施政権もないというイメージを国際的に誇示することだ。施政権は中国にあるという公式宣言を間もなくするかもしれない」

(全文は配信先で読んでください)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171206/soc1712060022-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsListSoc  


続きを読む

↑このページのトップヘ